しつけがしやすい犬種なんてない?正しい方法で実践すれば誰でもできる。


犬を飼うならしつけがしやすい犬がいいなぁ。
小さくて可愛いし、ペットショップの店員さんも『しつけがしやすいですよ!』と言っていたし。




そう思ったからチワワを購入したのに現実は全然違う。




気が強いし、よく吠えるし。
しつけをしても全然言うことを聞いてくれないし。




その判断はちょっと危険だよ!




店員さんが言う『しつけがしやすいですよ』と言う言葉は
あまり信用しないほうがいいよ。




えーーーっ!そうなの?




そりゃあね。今から犬のしつけについてこの講座で解説していくから一緒に学んでいこう!




『しつけがしやすい』ってのは
ペットショップの店員さんが、
飼うかどうか迷っているお客さんに対して

『しつけがしやすいですよ。』という
後押しをしているのです。




もちろんペットショップは、売ることが目的ですし、
ペットをお客さんに販売することで利益を得ています。

売る側としてはお客さんに後悔のない選択を
して欲しいと思っているので悪い事とは言えないですね。




しつけがしやすい犬種って?




まずこれです。
しつけがしやすい犬種って何か?




結論から言うとしつけがしやすい犬種はないと思います。




逆に言えばしつけがしにくい犬種もいません。




現状どれだけ言うことを聞かなくても
しつけがしにくい犬種だからではありません。
正しい方法でしつけを実践すれば誰でもしつけはできます。

例え成犬になっていてもトイレのしつけはできます。




僕は犬のしつけについて勉強してきましたが、
しつけがしやすい犬種もしつけがしにくい犬種もいないのです。




例えば、トイプードルはしつけがしやすいと
言われているみたいですね。




トイプードルは体高24〜28センチ、体重3キロほどの
小柄な体格で高い人気を誇る小型犬です。




穏やかな性格で噛みつくこともつくないために、
小さな子供のいる家庭でも人気です。




うん。うん。そういう風に言われているね。




ですが僕は、トイプードルが
しつけがしやすい犬種なんて思いません。




しつけがしやすいかどうかって
犬種で決まるものではないと思っています。




正しいしつけの知識さえ持っていれば、
どんな小型犬も、大型犬でもしつけをすることができるからです。




確かに!納得。
しつけがしやすいかどうかは犬種では決まらないね




もしそうだとしたら、しつけがしやすいかorしにくいかの
2種類しかいないことになってしまいます。

それではつまらないですよね。
飼う時の選択肢がしつけがしやすいかどうかで
決めてしまうのはとてももったいない。

せっかく飼うからには
特別な存在であってほしいですよね?




しつけがしやすい犬種で選ぶのはもったいない




これが一番僕が言いたい事です。




しつけがしやすいかどうかで選ぶって
すごくもったいなくないですか?




犬を飼うって結構な高額な買い物です。
20万くらいしますよね。
普通のサラリーマンの月給くらいです。




本当だね。安い買い物ではない。後悔はしたくない。




やっぱりそうだよね!




にも関わらず犬の購入の決め手がしつけがしやすいでは
すごくもったいないなと。

僕の予想ですが、しつけがしやすいということが
決め手となって選んだ人は、
すごく迷っていたと思うんですよ。

実は本命のすごく飼いたい犬と、
ちょっと劣るけど、しつけがしやすい犬。

多分この2択まで絞り込んだと思うんです。




購入を決めるにあたって、
こんな悩みを持っていたのではないでしょうか?




・留守番させることが多いし助かる。

・子供がいるから怪我をさせたくない。

・周りに家が多いからできれば吠えない
犬が良い。




まさしく私の生活だわ。留守番が長くなっちゃう。




で結果的に本命ではなく、
しつけがしやすい犬を購入したのではないかと。




いやあこれはもったいないですね。
最近は医学も発達してきて、犬の寿命も
伸びていますよね。




僕の知り合いではこの前20年飼っている人がいました。

つまり犬も長生きするので、
妥協してしまうのはもったいないなと。
せっかく高額の買い物なら、
自分の正直にほしい犬を飼うことが
絶対にいいです。




しつけなんて後からどうにでもなるよ




僕は、しつけがしやすいかではなく、
本当に欲しい犬を飼うべきだと思います。




犬のしつけなんて後からでも勉強できるからです。




というよりも、しつけについては
犬は関係ないです。

犬は優れたリーダーには必然的に
ついていこうとします。




しつけをするのは飼い主なので
飼い主がしつけの方法を勉強するか。
ぶっちゃけこれだけです。




しかもしつけの方法って、
犬種ごとに違う事はなくて、
全部の犬種応用ができますから。




大事なのはしつけの勉強をするかどうかです。





もちろん勉強をすればどんな犬種でも
しつけをすることができて、
来客が来ても吠えなくなるし、
散歩中に引っ張ることもないし、
むやみに噛みつくこともないし、
トイレの失敗だって確実に無くなります。




逆にしつけの勉強をしなければ
噛み付かれたり、
吠えられたり、
トイレを失敗して、
片付けに追われたりします。




しつけの勉強をしないと大変なことになっちゃうね。




しつけがうまくできないと、
毎日の生活が嫌になってしまうほどの
威力があります。

トイレだって毎日の事だし。

今日できないことが明日急にできる
魔法のような事はできないし。

年齢を重ねたからといって
できるようになるものでもないです。




なので今トイレのしつけに悩んでいる人も
全く問題ありません。
今からでもしつけをすることできます。




しつけしにくい犬種はいないので正しい方法で実践すればしつけは誰でもできます。




例え成犬であっても
トイレのしつけはできます。




ええっ?成犬になってからでも
トイレを覚えさせる事ができるの????




もちろん大丈夫です。
必ずできますよ。
そのためにこの講座を作っているよ。
だから最後まで読んでね。




犬はしつけをしないと何も覚えないです。
だからしつけをする必要があります。


そしてしつけのやり方は勉強すれば
誰でも身につきます。




僕も犬のしつけなんてできていませんでしたし、
甘く見ていました。
しなくても問題ないだろうと舐めていたのです。




そんな僕でも犬のしつけを勉強して
今ではブログも書いているし、
Youtubeでもセミナーをしています。




あ、それとしつけについての勉強は
書籍ももちろん勉強になります。
僕も最初は本読みまくりましたから。





ですが実践となると、
実際に映像を見た方が
僕の場合は勉強になりました。




犬のしつけってタイミングがすごく重要だからです。




犬のしつけは後からでも身につきますが、
先に学んでおいても損はないです。

実際に僕は犬を飼う前に
しつけの勉強をしておけばよかったと後悔しています。




しつけのスキルは今後一生使えますし、
どの犬にも通用する最強のスキルですね。

スキルがあれば好きな犬を選び放題です。
大型犬だろうが小型犬だろうが選び放題です。

僕も大型犬には憧れますね。
それではまたブログ書きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す