マッサージから学ぶべき犬のしつけと一貫性について。


こんにちは。ゆっきーです。

僕は月に2回はマッサージを受けることにしている。
その理由は腰痛になる事を強く恐れているから。

腰痛は生活のパフォーマンスが著しく落ちることが
分かっているから、できる限りなりたくない。

そのために僕が心がけていることは
日々のケアをすること。

腰痛は筋肉疲労も原因の1つにあるんだけど、
筋肉疲労を毎日少しづつやっていれば腰痛になる確率を低くできる。
筋肉というのは毎日ストレスを抱えているので、寝る前にガス抜きを
してやるイメージかな。

と言っても何かとんでもない事をするわけではなくて、
ストレッチを時間かけてやるだけ。
その日の疲れをその日のうちにリカバリーするだけでも
腰痛になる確率は下げられると思う。

つまり日々のケアは寝る前のストレッチでケアして、
ストレッチだけでは整えることができない体全体の歪みや痛みは
マッサージで癒してもらうというのが僕のやり方さ。




で、本題なんだけどマッサージと犬のしつけの効果が出ないのは
同じような気がしたんだ。




腰が痛くてマッサージを受けたことがある人は多いと思うんだけど、
その時に腰回りの筋肉だけをマッサージするのではなく、
足元、爪先やふくらはぎ、お尻の筋肉、さらには上半身の肩だったり
首だったりとたくさんの筋肉にマッサージを加えていくと思う。

その結果として、血流が良くなって筋肉の凝りがほぐれて
炎症が治まり、腰痛が改善されるという素晴らしい結果が得られる。




つまり腰が痛いからと言って腰周辺だけをマッサージすれば良いわけではなく
全ての筋肉はつながっているから、全身の血流や引っ張っている相手側の
筋肉もマッサージしてあげないと腰の痛みは消えない。




つまり腰だけマッサージしても腰痛は治らないという結論になる。




じゃあこれを犬の犬のしつけという観点から見てみるとどうなるか?




例えば甘噛みをしてくるという問題行動があるとする。
すると甘噛みを治す方法というワードで検索すると思うんだけど、
実際にはその方法は効果が出にくいと思う。

先ほどのマッサージでいうなら、
腰が痛いからと腰周辺だけをマッサージしているのと同じことだから。

甘噛みをするからと甘噛みを治す方法を試しても、
一時的には良くなるかもしれないが、今度は違う問題行動が出てくる。
例えば飛びつきが出てきた場合には、
飛びつきを治す方法を調べて、また実践する。
だいたいそういう解決策って結果的に力技な気がするし。

するとまた違う問題行動が出てくるというスパイラルが始まってしまう。
これはあかんですね。もったいなさすぎます。


腰痛だけを治すための筋肉が存在しないように、
甘噛みだけを治すしつけ方も存在しないんだと思います。

その理由は全ては繋がっているからです。


甘噛みなら、犬は噛むことを悪いと思っていない。
噛むものだと勘違いしている。
飼い主が叱っているのに、通じていない。
遊んでもらっていると勘違いしている。
飼い主に構ってもらえたと勘違いしている。

などなど複数の事柄が繋がった結果、甘噛みをしているわけです。
で、この現状を解決していくことはマッサージに似ています。
凝り固まった筋肉を1本1本丁寧にほぐしていきます。

凝り固まった筋肉は力だけではほぐれないので、
どの筋肉とつながっているかを慎重に見て、筋肉の向きを見て、
力加減を変えて丁寧に丁寧にほぐしていきます。




マッサージには筋肉がほぐれる方法がありますし、
犬のしつけにももちろん方法があります。

方法がわかっていれば大きな失敗はしません。
全然的外れなことをする心配がなくなります。

逆に方法を知らずに実践すると、マッサージだったら余計に筋肉を痛めたり
犬のしつけなら余計にいうことを聞かなくなることにもつながります。

で、方法を知っていることの良い点として一貫性を持てることがあります。

これはめちゃめちゃ重要です。
特に犬のしつけの場合には言葉が通じないために一貫性がないと
犬は迷ってしまうんです。

全く同じことをしたのに、昨日は褒められたのに
今日は怒られたぞ!どっちなんだよ!と怒ってしまうこともあります。

犬には飼い主の都合という言葉は存在しないので
0か100かのどっちかしかないのです。
正解なのか不正解なのかだけです。
それ以外はないのです。

つまりしつけをするなら一貫性は大事です。

一貫性ってすごく大事で、よくブレない人っていると思うんですが、
ブレない人って信用されるし、信頼も厚いと思うんです。
なんかカッコいいんですよね。
誰が相手でも自分を変えない人って。

だからついていこうと思えるし、
この人が言うならって納得できる。

なので一貫性も犬のしつけをする上ではすごく大事だと思います。
一貫性を持って行動すれば、犬に信用されて、勝手に言うことを
聞いてくれるから、叩いたりする必要も無くなる。

自然と良い関係になれる。

結局しつけって難しいことってないんですよね。
ただルールにするだけだし、もっとシンプルに言うと
犬のことを理解するだけなんです。

犬を理解するってことは、犬の習性を理解すること。
つまり人間との違いを理解するだけです。

マッサージの話からすごく脱線してしまいましたが、
今回の話は以上です。




一貫性についてはYoutubeでも話していますので
動画を貼っておきます。






ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す