本なんか読んだって意味ないじゃんか!って思ってた。

こんにちは。ゆっきーです。
今日は本を読むことについて僕の話を
していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

なぜ本読みの話をするのかと言いますと、
僕最近、読書をするようになったんですよ。

本を読む理由は、尊敬する人に勧められたことが
一番大きいですが、そのほかにも理由があります。

僕はブログを書く時にもっとスラスラ書けるようになりたいし、
もっと面白い表現できるようになりたいなぁって
思うことがしばしばあります。

ブログを書く立場としては、
そりゃあ読者さんにとってわかりやすい、面白いと
言ってもらえる文章を書きたいです。

そのためには、世の中に出回っている書籍から
表現方法を勉強したら良いやん!という
単純な発想で本を読むようになったのです。

そうしたら本を読むと、良いことがたくさん
あったので良い点をシェアしていきたいと思います。

本を読むことなんて意味がない!

これは以前の僕の意見です。

正直にこう思っていました。
本読んでも意味なくね?と。

こんな気持ちになる理由は簡単で、本を読んでも現実は何も
変わらないからです。

本なんか何も変わらないから読んでも意味ないじゃん。
だったらYoutube見てた方がいいじゃん。
その時間にテレビ見てた方が面白いじゃん。

こんなことを思っていたのです。

確かにYoutubeの動画やテレビは面白いから
時には腹抱えるほど笑えます。

に対して本は文字です。テキストです。
流していれば音声が流れてくるメディアとは違います。
自分で読んで脳内で整理する必要があります。

僕にとってはこの作業が苦痛で、
文字を眺めているとだんだん眠くなっていました。

最初の一行はすごく快調なんですよ。
新しい知識を吸収するぞっていう意気込みと、
新しい体験ができるので心が躍っているから。

だけど半分まで行くとだんだんと
読むペースが鈍りだし、
1ページを読み終えることには
こっくりこっくりしていたのです。

その時のまぶたなんて重いのなんのって。
全身の力を込めてようやく開けていられる状態です。

あ!俺活字苦手なんだなぁ。
本読む才能ないわぁって思いました。

特に自己啓発やビジネス系を読んでいるときは
すぐに眠くなりました。

その理由は明白で専門用語が理解できないからです。
なんとか理解しようとして疲れてしまうんです。

特にカタカナの言葉が僕は苦手でした。
サーカディアンリズムとかなんやねん!って感じです。

理解しようとして読んでいるうちに脳がパンクして
もう無理です!と白旗を上げた結果眠くなる。
オヤスミナサイ!です!

だから本なんて読んだって意味ないじゃんって
思ってしまいました。
だって現実変わらないんだもんと。

本の読み方が変わった

そんな僕でしたが、ある時こんな言葉に出会いました。

本をただ読んだだけでは意味がない。
本を読んだら何か実行して初めて意味があると。

この言葉を聞いた時に僕はハッとしました。

自分の足りないのはこれなんじゃないかと。
自分に問いかけました。

本を読んだら何か行動が変わったか?何か実践したか?

いや、両方していない。
それどころか読めてすらいない。

そりゃあ現実が変わるわけないなと。納得できました。

けど自分に絶望することはなくて、
逆に嬉しかった気持ちの方が大きかったですね。

だってまだまだ自分に可能性あるやん。
本は何歳になっても読めるし、
数も種類も限りなくあるから、読み放題だと。

さらに本を読むハードルも下がりましたね。
今まではどうしても、「本は全部読まなきゃいけない」という
思い込みに侵されていました。

これは学校教育の影響が大きいと思いますが、
教科書は端から端まで全部読まされるわけです。
なので知らず知らずのうちに全部読まなきゃいけないという
先入観に縛られてしまっていたのです。

それからは全部読まなきゃ!全部理解しなきゃ!という
プレッシャーもなくなりました。
単純に本を読んだら、自分にもできることを探して、
実践するだけなので気が楽です。

実践したら人生がどんどん変わっていく

読んだことを実践するということは、行動を変えることですが
これが結構勇気がいることだなぁと思いました。

僕もそうでしたが、どうしても楽したい。
今までのようにゴロゴロしたい。

まるで変化したい自分と変化したくない自分が戦っているようです。
つまり変化を望む反面、危険は犯したくない。
都合の良い考え方をしているんだと思いました。

さらに言えば本当に意味があるのか?という
無言のブレーキをかけてしまう自分もいたのです。
結局は変化したくない自分は常にいるんだなということです。

そこで行動することへのハードルも下げました。
急な変化にはどうしても拒絶してしまうので
ほんの少しだけ行動を変えてみる。

具体的には、
なりたい自分をイメージすると本に書いてあれば
1分でいいからやってみる。

このやったという経験が大きいのです。
今までやっていないことを実践しているわけなので。
昨日までの自分よりも遥かに成長しているのです。

他にも学んだことを友達に話してみようと
本に書いてあれば、たった一言でいいので話してみる。
たった一言なら話せるわと実践してみる。

これだけでも自分も成長するし、相手にも良いことがあります。

行動というのは自分から動くことなので
それだけでも意味があります。

よく、やりたいことはあるんだけど行動力がなくて・・・。
という人がいますが行動力がないわけではないのです。

何を行動したら良いかがわからないだけなんです。
にも関わらず自分には行動力がないと決めつけてしまうのは
もったいないなぁと思います。

やりたいことがあるって凄いことだと思うんです。
だってすごく前向きなことじゃないですか。

やりたいことがある人は未来を描けます。
もっというと夢を叶え続けることができると思うんです。

これがやりたい!これをやってみたいと
思えることは自分と向き合えているからだし、
自分が何をしたら楽しいかがわかっていると思います。

やりたいことがある人はいろんなことを知っているし、
いろんな経験があるから僕は尊敬します。

と同時に僕自身もやりたいこと見つけるって
素晴らしいなって希望もらえますし、
自分も頑張ろうって思えます。

おっとっと。読書の話をしていたのに
いつの間にか話が脱線してしまった。

本を読む事が楽しくなった

繰り返しになるんだけど、僕が本を読むときに
心がけていることは、
自分で実践できる事を探す→実践してみる。

これだけです。シンプルです。
ですが、良いことがたくさんあります。

まず学んだらすぐに人に話すと自分の中では決めているんので
話のネタに困らなくなります。
もういくらでもネタが湧いてくる感覚ですね。

以前は何を話したら良いんだろう?と悩んでいましたが
今では何を話すか迷うくらいです。

さらに相手に話すとリアクションがもらえるので嬉しいです。

例えばこの前、睡眠の質の話を友人にしたわけですが、
たまたま睡眠で困っていたらしくて、
悩みを解決することができたと感謝されました。

また受ける印象も変わります。これは間違いなく。
本を読んでいるとそれだけで良い印象になります。

だって僕も初対面の人が本を読んでいます!
って言われたら「この人いい人だ」って思いますもん。

本を読むだけで良い印象持たれるなら
あやかっておこうかなと思います。

それからお金の使い方も変わりました。
本は1冊だいたい1500円くらいするので、
以前の僕だったら、「1500円は高いわ」と思っていました。

その結果、お菓子とか買ってしまうんです。
お菓子も悪くないけど、何も残らないし、
自分の人生も変わらないなと。一時的な快楽でしかない。

けど今は給料が入ったら真っ先に本を買います。
本を買うことの方が楽しみになりました。

本は人との話題も提供してくれるし、
自分のことも成長させてくれるし、
捨てない限り残り続けますからね。

あ。それと僕は、本は何がなんでもビジネス書とか
自己啓発本が最強だとかいう気はさらさらありません。

漫画からでも学ぶことはあるし、
実際に僕だって漫画読みます。
ドラゴンボールとか、スラムダンクとかからでも
たくさん学べます。

PS:漫画全然詳しくないので、オススメの漫画あったら教えてください。
漫画には名言もあるし、隠れた名作を見ないのはもったいないと
思っているので。是非です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す