犬の肉球を触ると怒る理由は飼い主を下に見ているから?





犬を飼っていると爪切りや
バリカンで足裏の毛をカットしたり、
お散歩のあとの足周りのお手入れなど
肉球を触る機会がたくさんありますね。

大人しく触らしてくれる犬もいれば、
嫌がって怒る犬もいます。

ではどうして怒るのでしょうか。

大人しく触らせてくれたら
お手入れするのが「楽になるのに」って
思ったことはないですか?
肉球の基本から対処法までご紹介します。

犬の肉球はどんな構造になっている?

肉球は爪、掌球(足底球)、狼爪、
手根球、指球(趾球)という
5つのパーツで出来ています。

前肢と後肢で呼び名が異なる場合があります。すべての肉球に名称があるなんて驚きですね!

爪の数は前肢5本、後肢4本が普通で稀に違う犬もいます。

掌球(しょうきゅう)、足底球(そくていきゅう)

前肢は掌球、後肢は足底球という。
中央に位置する1番大きな肉球。

狼爪(ろうそう)

前肢の内側にある小さな爪。

狼爪は昔の名残で存在する爪。
後肢に狼爪を持つ犬種もいる。

手根球(しゅこんきゅう)

地面に付かない位置にある肉球。狼爪の少し下。

指球(しきゅう)、趾球(しきゅう)

人でいう指先や足先。
前肢は指球、後肢は趾球という。

犬の肉球はどんな役割がある?

犬の肉球は衝撃吸収材として
足の骨や関節を守っています。
ブレーキの役目もしています。

肉球の硬さは生活環境や年齢によって変わってきます。
仔犬の頃は柔らかく、散歩などの刺激によって硬くなっていきます。

肉球には骨があり、
その骨に沿って皮膚、腱、靭帯、血管、
結合組織が形成されています。

体温調節の役割

他の役割には体温調節があります。
人は汗をかくことで体温調節していますが、<犬は舌を出して呼吸することで体温調節しています。

それでも体温調節が出来ない時は肉球から汗を出します。
犬は汗腺が鼻の頭と肉球にしかないからです。

また地面の熱さや冷たさから体を守っています。

厚い角質層があり地面からの熱が伝わりにくくなっています。

また冷たい地面を歩けるのは
肉球の裏の静脈が冷えてもすぐ近くの動脈が血液を温め直すことが出来るからです。

犬が寒さに強い秘密が1つ分かりました。

肉球の色について

肉球の色は犬種にもよりますが
基本は生まれたばかりの仔犬は
ピンク色をしています。

成長するにつれてだんだん黒くなっていきます。
これはメラニン色素が原因で
色素沈着で黒くなっていきます。
なかにはそのままピンク色のままの犬もいますよ。

なぜ肉球を触ると怒るの?

足を触られることは恐怖だから

犬は「足がなくては逃げられない」
という本能で足を守ろうとしています。

野生では足がなくては逃げられなくなり
死に繋がります。
なので足を触られるのを本能で嫌がります。

過去に痛い思い出がある

怪我や爪切りなどで
痛い思いをしたことがある場合
足を触られるのを嫌がることがあります。

足に違和感があるから

怪我や病気で痛い場合
触られるのを嫌がります。

普段から愛犬の様子をチェックしていると
異変に早く気付くことが出来ます。

足をずっと舐めていたり
足を引きずっていたりしていないか
普段から確認しておきましょう。

飼い主を下に見ているから

ここが一番重要なところだと思います。

肉球がすごくデリケートな場所で、すごく敏感な場所だということは既に伝わったかと思います。

基本的には、犬にとって肉球は触れて欲しくはない場所ということです。

ですが、逆に考えれば肉球を触らせてくれるということは信頼関係があるからだという風にも言えるのではないでしょうか?

なぜなら一番大事なところを飼い主に見せたり、触らせたりすることは
信頼かないとできないことだからです。

これは人間も同じだと思います。

例えば初対面で名前も年齢も知らないような人に自宅の場所を教えますか?
絶対に教えないですよね?

何度も会って「この人なら大丈夫かな」と思えたら教えても良いかな?と
なりますよね?

商品を買う時も、道で声をかけられた初対面の人から買うなんて、
まずありえないですよね。

だってその人超絶怪しいですもん。
スーパーうさんくさい!

つまり何が言いたいのかというと、
信頼関係があれば、その人を信用して心を許すということです。
犬も同じで大事な肉球を触らせてくれます。

肉球を触って怒るのは信頼関係がないからです。

けど、全く問題ないです。
なぜなら信頼関係はいくらでも作れます。

また恋愛の話になりますが、どうしたら「この人信用できるな」と
思いますか?

見た目のかっこよさですか?
清潔感ですか?
お金を持っているか?

もちろん会話ですよね。
会話が一番大事だし、その人の心がわかります。
人間は会話を繰り返して信用を作っていきます。

では話を再度戻して、
飼い主と犬の場合はどうやって会話をしましょうか?

もちろんその唯一の手段がしつけですね。
会話というよりもコミュニケーションという表現が合いそうです。

コミュニケーションというのはお互いが理解して初めて意味がある。
犬が飼い主の言葉の意味を理解して、行動して、褒められて初めて会話が成立する。

たかが肉球を触ることでも信頼関係が試されます。
もし、肉球を触った時に怒られたとしても全く問題はないです。

それはなぜかというと、今までのしつけの方法が悪いだけで
飼い主さんが悪いのではないからです。

つまり、しつけの方法が悪いから信頼関係がないのです。

しつけの方法を変えれば必ず信頼関係はできます。
そのためのしつけの方法はメルマガで流していますので興味がある方は登録してもらえたらと思います。

肉球に触ると怒る時の対処法は?

肉球に触れることに慣れさせる

まずは触られることに慣れさせることが重要です。

ですがいきなり触るのは厳禁です。
犬がびっくりしてしまい余計に怒ります。

飼い主さんの手の甲の匂いを
嗅がせ安心したところから始めましょう。

手のひらを見せるのは
警戒心が生まれてしまいます。

正面にしゃがみ込むのも
警戒心が生まれる可能性があるので
犬の外側に座るほうがいいでしょう。

おやつを使う

犬がリラックスしている状態で
おやつを使い効率よくトレーニングします。

おやつを見せながらおやつに気を取られている間に肉球を触ります。出来たらおやつをあげます。

最初は触れる程度で大丈夫です。
何度も繰り返しトレーニングしましょう。
出来るようになればおやつ無しで触ってみましょう。

無理にトレーニングすると
さらに嫌がり怒る可能性があるので
いきなり触らずに行ってく段階を踏んで
触れればOKです。

成犬の場合は時間がかかるかもしれませんが繰り返しトレーニングすることが大切です。

仔犬の場合は飼い始めの頃から
触られるのに慣れさせておきましょう。

肉球のマッサージ

簡単なマッサージ方法をご紹介します。
こちらも上記のトレーニングの一環になりますよ。

嫌がらず触れるようになったら
チャレンジしてみましょう。

やり方は簡単で指で優しく肉球をマッサージするだけです。

体勢は犬種にもよりますが
小型犬の場合は膝の上で抱っこし
行うといいと思います。

マッサージを行うことによって
愛犬とスキンシップ、
コミュニケーションが取れます。

そしてリラックス効果や血行促進、
怪我などの早期発見、体調管理が出来ます

肉球がカサカサになっていたら
クリームやオイルを塗って
マッサージしてあげましょう。

ペットショップなどで専用のクリームや
保護クリームなどが販売されています。

まとめ


犬の肉球を触ると怒る理由について書いてきました。

肉球は触ると気持ちい良いだけでなく、体調管理をする上では貴重な情報源になります。

ただし、肉球は地面に接していて直接は見ることができません。
これではせっかくSOSサインを出していても見逃してしまうことも。

で、病気を未然に防ぐためにもしつけが欠かせないと思います。
コミュニケーションを取るのはもちろんですが、
病気の早期発見は何よりの治療法です。

もし、病気や炎症が進行して肉球を触らせてくれない状態になっていたら
とても危険です。

肉球のケア方法についての記事はこちらです。
→犬もケアが必要?見落としがちな肉球の乾燥とケア方法とは?

肉球のクリームの選び方はこちらの記事で書いています。
→肉球クリームを選ぶたった3つのポイントとは?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す