愛犬がヘルニアになった!今日からできる3つの予防策とは?





椎間板ヘルニアは
ミニチュアダックスフントやコーギーなどの
胴長短足の犬がかかりやすい腰の病気です。

発症すると痛みが出て、
放置すると重症化して
下半身麻痺で動けなくなることも。

私も昔ミニチュアダックスフントを
飼っていたことがあるのですが、
一度椎間板ヘルニアになりかけたことがありました。

食いしん坊で食べることが大好きだったため、
ついついフードを与えすぎてしまい
どんどん体重が増え、
かなり腰に負担がかかっていたのだと思います。

幸いその後フードの量を調整したりして
減量に成功したので発症せずに至りましたが、
そのままの状態だったら
発症して歩けなくなっていたかもしれません。

愛犬が椎間板ヘルニアになって
歩けなくなってしまったら大変!
そこで椎間板ヘルニアの病気について詳しく調べてみました。

椎間板ヘルニアはどうしてなるの?






椎間板は背骨と背骨の間にあり
クッションとしての役割を果たしています。

その椎間板の中身が何らかの衝撃で
脊髄のほうへ飛び出してしまい、
脊髄を圧迫してしまうことによって
椎間板ヘルニアが起こります。

原因としては遺伝的になりやすかったり、
加齢によって腰に負担がかかりやすい状態で
過度な運動をすることや
生活習慣が引き金となり、
脊髄に負担がかかることで
発症してしまうようです。

遺伝的になりやすい体質だと、
子犬の時は発症しませんが、
比較的若い年代で発症してしまうようです。

ダックスフントやコーギーなどの
胴長で短足の犬種は遺伝的な原因で
なりやすいとされています。

また、胴長短足以外の犬種、
トイプードル、フレンチブルドッグ、
ビーグルなども発症しやすいそうです。

大型犬でも関係なく椎間板ヘルニアに
なることがあるので注意が必要です。

椎間板ヘルニアの予防法は?

遺伝的な要素は防ぐことができないので、
どうしたら発症させないかについて
考えていきましょう。

まず、子犬の時からバランスのよい食事、
年齢に沿ったフードを選んであげましょう。

我が家の愛犬のように
太りすぎてしまうと腰に負担がかかるので、
体重に応じたフードの量をきちんと守り、
おやつもあげすぎないようにして、
スリムな体型を維持しましょう。

過度な運動は良くありませんが、
運動を全くしないことも良くありません。
それぞれの犬種に適した運動量で
運動させるように心がけましょう。

また2本足で立たせるなど
腰に負担のかかる体勢はさせないことも予防になります。

それから抱っこの仕方にも注意が必要です。
前足の脇を持って抱っこする縦抱きは
腰が反り返ってしまい、
とても負担がかかりやすいです。

抱っこをする時は犬の胸下に腕を入れて、
反対の腕でお尻を支え、
抱きかかえるようにして体が
地面と平行になるようにしましょう。

また床がフローリングでつるつるして滑りやすいと、
膝や関節に負担がかかるので、
カーペットやラグなどを敷いてあげると良いでしょう。

我が家では百均のジョイントマットを
敷いています。

追加で買い足せたりして便利だし、
おしっこをしたときもお掃除が楽です。

もし愛犬が椎間板ヘルニアになってしまったら…








椎間板ヘルニアは自然治癒することはなく、
放っておくとどんどん悪化してしまいます。

逆に軽症のうちに対処すると
簡単に治すことも可能です。

該当する犬種のわんちゃんは
日頃から症状が出ていないか
チェックしておくとよいでしょう。

軽度の椎間板ヘルニアの症状は

○散歩中歩きたがらない

○ソファや階段を登りたがらない

○抱っこしようとすると嫌がる

重度になってくると

○後ろ脚を引きずって歩く

○痛みで小刻みに震える

○排泄がうまくできなくなる

治療法としては、
軽度の症状の場合には鎮痛剤によって痛みを抑え、
安静にすることで回復します。

ただ、治りきっていないのに
治ったと勝手に判断して
通常の生活に戻ってしまうと、
重症化してしまう恐れがあるので注意が必要です。

必ず完治するまで獣医師の指示に従いましょう。

重度の症状では外科による手術になります。
これは突出した椎間板を摘出するといったものです。

しかし、手術しても症状の変化が見られなかったり、
神経の機能が回復しない場合や
脚を引きずるなどの後遺症が残る場合もあり、
必ずしも完治するというものでは無いようです。

また手術に成功しても、
術後の管理やリハビリが重要になります。

椎間板ヘルニアおすすめの治療法



あまり知られていないのですが、
この椎間板ヘルニアの治療法として針治療があります。

犬に針治療って?と思われる方もいると思いますが、
犬も人間と同じようにツボが有り、
それを刺激してあげることで
リラックス効果が得られたり、
病気の症状が改善されたりすることがあるようです。

私の知り合いのダックスフントも
椎間板ヘルニアになって、
一時腰が立たず脚を引きずるほどでしたが、
週2回針治療に通って
1ヶ月ほどで普通に歩けるまで回復しました。

外科手術よりも安全で体に負担がかからないのと、
費用が外科手術に比べてリーズナブルなので
一度試してみて損はないと思います。

まとめ

遺伝的、構造的にヘルニアになりやすい犬種は
ダックスフント、コーギーなどの胴長短足の犬、
トイプードル、フレンチブルドッグ、ビーグルなども
注意が必要です。

ヘルニアは予防することで
発症を防げる病気です。

○子犬からバランスのとれた食事、
犬種に適した運動量が必要

○無理な姿勢はとらせない(2本脚で立つなど)

○抱っこの仕方にも注意(必ず全体を抱え込むように)

○フローリングは滑るので
床にマットを敷いたりして歩きやすい工夫を

治療法は軽度だと鎮痛剤を投与し安静にすること。
重度では外科による手術になる。
(体に負担がかなりかかる)

新しい治療法として針治療が効果的。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す