犬にささみを与えて大丈夫?消化にも良いジャーキーの作り方は?


犬のフードやおやつによく使われているささみ。




中には獣医さんも与えるように
勧めるケースもあります。
特に病気の後に与える消化の良いものの
代表例がささみなんです。




ささみは低カロリー、高タンパクな食材ということは
よくご存知だと思います。
スーパーでも精肉コーナーで必ず目にしますね。




ダイエットやスポーツ選手の体作りには欠かせない食材の1つです。




では犬にとってササミはどんなメリットがあるのでしょうか?
気になる栄養素や注意点、与え方をご紹介します!




犬にささみを与えても大丈夫?




はじめに犬にささみを与えても大丈夫か?という質問があると思います。
その答えは与えても大丈夫です。

むしろ安心して与えることのできる健康食材です。
ささみは犬のおやつにも使われている食材で、どの犬でも
好んで食べてくれ、消化も良い万能食材といえます。




ささみに含まれる栄養素とは?




鶏ささみは胸肉の一部で、
脂肪分が少なく高タンパクが特徴です。
そのほかにも豊富に含まれる
ささみの栄養素を見ていきたいと
思います。




・タンパク質とアミノ酸




ささみには脂肪分の少ない良質な
タンパク質が含まれていて、
筋肉の成長をサポートしてくれます。




そして丈夫な体作りに欠かせない
必須アミノ酸がバランスよく含まれています。
犬にとって良いものが含まれていますね。




・脂質




ササミにはほとんど資質が含まれていません。
なので肥満防止の効果があります




・ナイアシン




ビタミンB群の一種です。
エネルギー源となる糖質や脂質、
タンパク質の代謝に必要な成分で、
コレステロールが下がり肥満防止になります。
熱に強い成分になります。




・セレン




ミネラルの一種で抗酸化作用があります。
体の老化予防、ガンの発生率を
低下させることが出来ます。




セレンが不足すると動脈硬化、
筋力低下などの症状が出ます。




・リン




カルシウムとともに骨を構成する
大切なミネラルの一種です。
体に必要な栄養素です。




犬はささみを食べても大丈夫?




犬はささみを食べることが出来ます。
ささみは消化・吸収にも優れた食材で
おやつとして与えるには最適です。




ただし鶏肉アレルギーを持っていない場合に限ります。
茹でたささみや、ささみなどの
鶏肉が含まれたフードやおやつなどを
与える場合は注意してください。
アレルギーについては下記で詳しくご説明しますね。




犬にささみを与える量はどのくらい?




犬の体の大きさにもよりますが
1日に120gまでなら大丈夫と言われています。




1本50~60gほどなので2本までなら
与えることが出来ます。




普段から食べているドッグフードの量や
おやつの量などを調節して与えてください。
あくまで目安なので
与えすぎないように注意してくださいね。




犬のささみを与えるときの注意点




与える時は少量ずつから始めましょう。
一気に増やさず少しずつ与えましょうね。




過剰摂取は消化不良や下痢を
引き起こす場合があるので注意が必要です。




ササミには血行を良くし、
消化器の働きを良くしてくれる効果があります。




免疫力も高めてくれるので
犬にとって良い食材です。
適度な量を与えましょう。




鶏肉アレルギー




犬にアレルギーなんて
考えたことがない飼い主さんは
たくさんいると思います。




私も実際今の愛犬を飼うまでは
犬にアレルギーがあるなんて知りませんでした。




知り合いの犬は
鶏肉アレルギーで食べると涙が増え、
涙やけ(目の周りの毛が茶色に変色してしまうこと)の
原因になっていました。




知らないだけでアレルギーを持った犬はいます。
生まれつきなのか、
後天的なアレルギーなのか様々です。




後天的な理由は同じ食材を食べ続けて
発症してしまうことです。




被毛(犬の毛)で検査出来る簡易的なものから
血液検査によるアレルギー検査があります。
心配な場合は一度動物病院に
問い合わせてみてください。




もしアレルギー症状で下痢や嘔吐、
皮膚のかゆみ、元気がなくなるなどが出た場合は
体調変化に気をつけながら
かかりつけの動物病院に連れて行きましょう。




生肉




生肉を犬に与えるのは感染症の恐れがあります。
牛肉、豚肉も同様です。
必ず火を通して与えましょう。




市販されている香辛料や調味料




スーパーなどで売っている
人用に味付けされているものは
与えないでください。




塩、砂糖、の他にも
犬は口にしてはいけない玉ねぎや
ナツメグが使われていることがあります。




中毒症状に注意しなければなりません。
必ず与えないようにしてください。




リンの過剰摂取




犬にとって必要な栄養素ですが
リンの過剰摂取は腎不全を患う可能性があります。




またリンを過剰摂取すると
骨のカルシウム量が不足し、
骨粗しょう症や骨折に繋がるので
与えすぎには注意しなければなりません。




犬にささみを与えるときは茹でるべき




ササミを与える時の簡単な方法は
茹でるか電子レンジで調理し
火を通すことです。

なぜ火を通すのかというと、
菌を殺す意味があります。


菌はそのままでは食中毒を引き起こします。
犬が生のまま食べると下痢をひきおこす可能性があります。




ささみには白い筋があり火を通した時に
縮みの原因になるので
筋は必ず取ってから調理してください。




茹ですぎはパサパサになってしまうので、
私は沸騰した鍋にササミを入れ、
3~5分ほど茹であとは余熱で火を通します。
これがポイントです。
強火で一気に行くのではなく
じっくりと火を通します。
これによって食感がパサパサになるのを
防ぎます。




あとはそのまま冷めるまで
鍋の中に入れておきます。




パサパサにならずふっくら仕上がります。
粗熱が取れたら手で裂き、
他に茹でた野菜などと一緒に愛犬に与えています。




ササミだけでもいいのですが
バランスを考え他のものと一緒に与えています。




ドッグフードの食いつきが悪い時の
トッピングに使用したりする時もあります。




ささみを加工した手作りジャーキーの作り方




またおやつとして
手作りジャーキーを作ることがありますので
その方法もシェアしていきたいと
思います。




まずササミを薄くスライスし、
150℃に余熱したオーブンで30分、
裏返して30分焼くだけで完成します。




柔らかめ、固めなど仕上がりによって
焼く時間を調節すると
愛犬好みに作ることが出来ます。




手作りだと安心して愛犬にあげられますね!
焼いたあとに細かく切れば
しつけのご褒美に使用したり出来ますよ!
もちろん飼い主さんも一緒に食べることが出来ます!




塩をつければとっても美味しいです!!




まとめ




アレルギーにだけは注意する必要がありますが
ササミは犬にとって良い成分が含まれた食材で、
気軽に与えることが出来ることができます。
方法が簡単なのも魅力ですよね。




ただし与えすぎは健康を害する可能性がありますが
適量を守れば心配いりません。
愛犬が健康で元気に過ごせるように健康管理しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す