ゴールデンレトリバーのしつけは今すぐやるべき。今が将来を作る?

ゴールデンレトリバーは飼い主に従順、
そして温厚な性格のためしつけをしやすい
犬種と言われています。

そんなお利口な
ゴールデンレトリバーですが、
大型犬なのでとても力が強く、
きちんとしつけをしていないと
人に飛びついたりして
怪我をさせてしまう恐れがあります。

以前ゴールデンレトリバーが
赤ちゃんを噛み殺すという
痛ましい事件もありました。

そんな悲しいことが
二度と起こらないように
子犬の社会化期(生後1~3ヶ月)からの
しつけについて取り上げてみたいと思います。

ゴールデンレトリバーの
子犬を飼っている方や、
しつけを学んでいる方、
これから飼おうと思っている方に
読んでいただきたいと思います。

犬の社会化期とは?

社会化期とは、犬が人間社会に
順応する力を養う期間です。

犬は生後3カ月くらいまでは
好奇心旺盛で恐怖心がありません。

この時期は母犬やきょうだい犬と
一緒に遊ぶ事で、どのくらいの力で
噛んだら相手が痛がるのか?や

どうやったら相手に嫌われずに
遊んでもらえるのか?という心理的な
事を喧嘩をしながらも学習します。

まさに人間の家族と一緒ですね。

そして、愛犬として迎え入れた時点で
本来であれば母犬やきょうだい犬が
教えるはずの役割は、
飼い主さんの役目として
引き継がれます。

それがしつけです。
つまり飼い主は母親のようなものです。

この時期にさまざまな
体験をさせてあげると
社会に順応した、問題行動の少ない犬に
育てることができます。

性格が形成されるのもこの時期なので
外に出てたくさんの体験をして
社会化できた犬は
成犬になってもビビらない性格に
なります。

逆にこの時期に
色んな体験をさせずにいると、
成犬になってからも他の犬や人に対して
ムキになって吠えたり、
興奮しやすかったり
学習能力が落ちたりします。

消極的な性格で見慣れないものには
大げさに怖がったりします。

社会化期にはどんな事をするべきか?

社会化期にすることは、
まず他の犬や人とのふれあいを
たくさんさせてあげること。

いろんなタイプの犬や
人との楽しいふれあいを経験することで
自分にとって害のないものだとわかり、
恐怖心がなくなります。

ただし他の犬とふれあうのは
ワクチン接種後にしてくださいね。

触れ合う時は必ずリードをつけて
体格が同じくらいの大きさの犬から
注意深く慣らしていくとよいです。

ワクチン接種前は抱っこして
お外へ連れて行ってあげましょう。

風の音や鳥の鳴き声、
車やバイクの音、信号の音。

最初は初めてのものばかりで
少しビックリするかもしれませんが、
抱っこされていると安心感があるので
受け入れやすいと思います。

子犬が不安げにしていたら
優しく声をかけてあげると良いです。

室内でも電話やインターホンの音、
掃除機の音などは
苦手な犬が多いですよね。

社会化期から慣らしておけば
敏感に反応することを防げます。

また来客の人に
おやつをもらうことをしておけば、
いい経験としての記憶が残り、
お客さんに対して
攻撃的な犬にはならないはずです。

実は記憶させる事はしつけをする上で
すごく重要な要素です。

我が家の愛犬も
食いしん坊でおやつには本当に
弱かったです。

おやつをくれる人が大好きでした。
なのでお客さんが来ると
尻尾を振って大歓迎!

ただそれは飼い主がいる時のみで、
私が留守中の時は物音がすると
吠えたりしてちゃんと
番犬の役割を果たしてました。

ゴールデンレトリバーのしつけで大事な事は?

ゴールデンレトリバーのしつけで
一番大事なのは、飼い主さんが必ず
リーダーシップをとることです。

しつけをする事で
犬が飼い主さんをリーダーだと
認めることが重要です。

そしてしつけを通して愛犬との
信頼関係を築くことです。

例えば名前を呼んだら来る、
アイコンタクトが取れる、

このしつけができれば
信頼関係が築けている証拠です。

そして指示に従ったら
高い声で大げさなくらい
褒めてあげましょう。

飼い主は母犬の役割もあるので
褒めてあげると信頼が増えます。
もっと言いこと聞きたいなと
思うわけです。

逆に指示に従わなかったり、
ダメなことをした時、
怒りたくなりますが、
闇雲に大声を出して怒ってはいけません。

一番効果的なことは無視です。
これはかまってほしい犬にとっては
耐え難い苦痛です。

例えば犬が飛びついてきた時、
「キャー!やめてー!」と言いたくなりますが、
これを言ってしまうと
犬は遊んでくれていると
勘違いしてしまいます。

逆に何も反応せず無視をすると、
犬は人に飛びついても反応してくれないし
良いことはない!という風に
インプットされるのです。

また、低い声で短く「ダメ!」というのも効果的です。
短い言葉は犬にとって認識しやすいです。

しつけの時はいつも冷静に対処することが重要です。

そして褒めるときは
とことん褒めてあげる!
人間と同じで犬も
褒めて伸びる子なんです。

母犬の代わりである飼い主の言葉で
成長が変わります。

しつけで覚えさせる事は?

しつけをする時はまずおすわり、
伏せ、待てはいろんな面で役立つので
教えてあげましょう。

習慣として毎回の食事の前に
使っています。
おすわり、待ては本当に使えます。

例えば来客の時、
急に犬がお客さんに
飛びついたりしてビックリしますよね。

そういう事態を防ぐために
しつけが重要です。
そして出来た時は
思いっきり褒めてあげてください。
ごほうびのおやつも使うと効果的です。

ゴールデンレトリバーのしつけのまとめ

生後1~3ヶ月の社会化期に
人・犬・音などのたくさんのふれあいを
体験させると飼いやすく、
ビビらない性格に育ちます。

まず、しつけは良いことをしたら
大げさに褒めることが基本です。
良くないことをしても大声で怒らず、
無視するか冷静に叱ります。

ゴールデンレトリバーを飼う上で
おすわり、待て、伏せは
非常に重要なので必ず教えてあげること。

ゴールデンレトリバーは
本来飼い主に従順で
とてもしつけやすい犬種です。

しかし子犬からの育て方や
しつけ方を間違ってしまうと
問題行動の多い
大変な犬になってしまいます。

そうならないためにも、
飼い主としての正しい知識と
責任感を持って、
本来のいい性質を伸ばしてあげる
しつけ方法を実践しましょう!



しつけをするときの飼い主の心がけについてかきました。
→犬の社会化トレーニング。飼い主はどんな心がけで接するべき?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す