チワワは運動量が少ない事と散歩をしなくて良いは別問題だ。





チワワを飼い始めて
まず最初に気になるのは
どのくらい運動をさせるかな?
ということではないでしょうか?

「どんな運動をさせたら良いのかな?」
「どのくらい散歩に行けばいいのかな?」
「運動と散歩は違うのかな?」

そう思って調べてみると必ず目にする情報として
「チワワは散歩しなくても大丈夫」という内容だと
思います。

初めて飼い始めた飼い主さんにとっては
すごく困惑しますよね?

「えっ?散歩必要ないの?」
「いきなり散歩しなくても大丈夫と言われても・・・」

確かにチワワは犬の中で
もっとも体が小さい犬種で、
お散歩をしなくても大丈夫と言われています。

しかし、いくら小さいからと言っても、
全く運動しないのはチワワにとって
ストレスになりますし、
散歩をしないと運動不足になり
肥満にも繋がるのも紛れもない事実です。

そこで私がチワワの為にしてきた
運動の方法や注意点を紹介します。
この記事を読むことで散歩させる時の注意点が
わかり、怪我をすることなく
楽しい時間を過ごせると思います。

チワワに運動が必要ないと言われる理由とは?

そもそもなぜチワワには
運動が必要ないと言われるのでしょうか?

その理由はチワワの
体の小ささから来ています。

体が小さいから運動をさせなくても
室内飼いをして自由に走る回ることで
十分な運動量が確保できると言われています。

しかし、それで良いのでしょうか?
私はそうは思いません。

ただ単に、運動量が確保できていることに
過ぎません。
散歩しなくても運動量が確保できているから
お互いに幸せなのか?
一緒に生活していて楽しいのか?

これが重要だと思います。

チワワを飼い始めたということは
必ず楽しく散歩したり、
一緒にお出かけしたりという未来を
イメージしたからだと思います。

つまり一緒に外出することを
楽しみに飼い始めたはずです。
なので「散歩は必要ない」という情報に
惑わされずに散歩をするべきだと思います。

犬を飼っていたときは
散歩には何度も救われました。

どういうことかと言いますと、
散歩に行くことで犬はもちろん
飼い主である私も元気になれるんです。

性格的にアクティブではなかったので
つい家に引きこもってテレビを見て、
寝て起きて、テレビを見てを
エンドレスに繰り返すだけの日々を
送っていました。

そんな私を動かしてくれるのは
飼っていた犬の存在でした。

「テレビ見たいのにだるいなぁ」
「寒いし散歩は嫌だよぉ」
と消極的な態度で嫌々連れて行くのですが、

いざ散歩に出発すると
歩くことで体も温まるし、
意外にも外はそんなに寒くないと
実感できます。

それに家に引きこもって
テレビを見ているだけでは
体験することのできない季節感を
味わうことができます。

季節の変化は木々の変化にも
現れますね。

「あぁ。この木蕾みが出てきたな。」
「もうすぐ春なんだな。」

テレビを見ることは確かに快楽ですが、
感性や知性を磨くことはできないと思います。

それよりも散歩に行き、
景色の変化に敏感になったり
歩くことで綺麗な酸素を吸って
深呼吸をした方が体には
圧倒的に良いと思います。

実際、最初の一歩を踏み出すまでは
すごく嫌々だったにも関わらず
散歩に連れて行ってしまえば、
一緒にダッシュしてみたり、

「あっちにも行ってみよう」と思い、
さらに遠回りしてみたりと運動になりますし。

それにより達成感は得られるし、
汗を掻くので爽快感を得られ

「今日は充実した1日だ」といった
満足感が得られたのも事実です。
なので室内だけでなく、
外に連れ出す運動や散歩は必要だと
思います。

チワワの運動量はどのくらい必要なの?

チワワを運動させる時や散歩させる時間は
1日30分〜1時間が適切です。

体の大きな大型犬と比べると少ないですね。
ただ、このくらいの時間であれば
仕事をしながらでも確保できるのでは
ないでしょうか?

特に早朝散歩は空気が綺麗で最高です。
私は早起きすることが習慣になっていて、
起きたら朝日を浴びるために15分ほど
散歩するのが日課になっています。

するととても気分良く1日を
快適に過ごすことができます。
朝起きた時は脳にも体にも
ストレスがかかっていなくて、疲労感も
ゼロということで散歩するには
最高の環境です。

逆に仕事終わりだと早く寝たいという
欲求や、疲労感も出てしまうので、
とても散歩する気にはなれませんでした。

チワワを散歩に連れて行くことで得られるメリット

やっぱり犬と言えばお散歩でしょう!
お散歩させなきゃ!と思ったら、
是非お散歩に連れて行ってあげるといいです。

体が大きい犬でも、
小さい犬でもお散歩は大好き!

花や草の匂い、風を感じたり、
他のお散歩してるワンちゃんと
触れ合うこともできます。

ここでは散歩に連れて行くことで
得られるメリットについて話していきたいと
思います。

チワワを散歩に連れて行くと気分転換になる

散歩に連れて行くことは、いつもとは
違う刺激を受けることで気分転換になります。

例えば、人間はいつも同じ場所に
閉じ込められていたらどうなるでしょうか?

ものすごくストレスがかかりませんか?
気分も暗くなるし、ネガティブになるし
思考回路も停止して、最終的にはうあぁぁ!と
発狂しそうです。

そうならないために、人間はたくさんの
気分転換になる手段を持っていますよね。

例えば車で知らない場所をドライブしたり、
自分の欲求のままに買い物をしたり、

大声で歌うためにカラオケに行ったり、
友達と時間が許す限り会話をしたり、
愚痴を言いまくるのも
気分転換の1つです。

じゃあ犬の場合には気分転換するには
どうするか?を考えた時に
その手段が散歩なのです。

よくよく考えてみれば、犬は常にストレスに
さらされた環境ではないでしょうか?

同じ場所に閉じこもっているし、
慣れない生活環境で少しの物音にも
敏感に反応して、休まらない状況が続いて
いると思います。

犬の本来の習性は、狩りをして
獲物を捕らえるという行動が基本です。
つまり獲物を求めて、
移動することが本来の姿です。

しかし、室内で飼われていると
狩りをする必要もなく、外敵に襲われる
心配はほとんどゼロです。

しかし、習性自体は変わらないので
言葉や態度には出さないものの
本心では「外に連れてけぇ!」や
「獲物はどこだぁ!!」などと
訴えているかもしれません。

このような決して逆らうことのできない
本能を満たしてあげることが
気分転換になります。

チワワは散歩で臭いを嗅ぎたい

また本能や修正の話になってしまいますが
犬には臭いを嗅ぐことでしか得られない
情報があります。

これは人間には理解できませが
犬にとっては死ぬほど大事なことです。
犬の嗅覚は人間の1億倍とも
言われています。

人間の感覚で一番大きな割合を占めるのは
もちろん視覚です。
視覚から得られる情報を元にして、
ここは危険だ!
この人は良い人だ!などという判断を
毎日下しています。

に対して犬の場合には、一番大きいのは
嗅覚なんです。
嗅覚を生かして、これは食べられる!
これは食べられないという判断もしますし、
これは飼い主の匂いだ!などと
安心したりします。

臭いを嗅ぐことは感覚を研ぎ澄ませるために
大切な行為ですし、そのためには
家の中だけでなく、外で行うことが重要です。

その理由は外の方が犬がたくさんいるからです。

実は犬のおしっこにはたくさんの情報が
含まれているんです。

例えば、性別や体調がわかるらしく、
さらにはその時の感情までも
残るようです。

犬のおしっこは人間世界でいう名刺の
ようなものですね。
犬は集団で生活する生き物ですから
お互いのことを理解することは
人間の想像以上に大切なことだと
思います。

仲間の情報を認識するだけで
「自分以外にも仲間がいるんだ」と
安心することもあると思いますし、
寂しさが紛れる効果もあると
思います。

さらに言えば、使わない感覚はどんどんと
衰えて行くのも事実です。

もし、犬の嗅覚が衰えてしまえば、
人間に例えるなら目隠しをされた状態で
生活をして行くことと同じだと思います。

何も見えない!
何を食べているかもわからない!
こんな状態では毎日が恐怖ですよね。
そうならないためにも散歩に
連れて行くことはすごく意味があります。

運動させることでわかる情報もある

歩かせることで気づくこともあります。

うちの場合だとお散歩をしていて、
なんか歩き方おかしいぞ?と思い
病院に連れていったら、
膝が外れかかっていたことがありました。

お散歩は犬にとって
全身が動いているから、
その点でもいい運動になっていると思います。

また、外で運動をさせるといえば、
ドッグランなどを利用するのもいいと思います。

お散歩とは違って、ノーリードで過ごせるので、
これでもかというくらい走り回ったり、
好き勝手に動けるので開放されて、
いつもと違う表情や動きが見ることができます。

大型犬が沢山いる時は、
気を付けて利用してください。

家の中でチワワに運動させる方法は?



家で犬用のおもちゃなどを使って
遊ばせるのもいいと思います。

うちのチワワは、
押すと音が鳴るぬいぐるみが大好きです。
どうやって遊ばせてるかというと、
ピッピッと鳴らしてぬいぐるみを投げる。

すると、犬は喜んで取りに行きます。
「持ってきてー!」っていうと、
咥えて持ってきてくれます。

そんな単純な遊びが
犬にとっては運動にもなり、
ストレス解消にもなります。

そこから戦いという名の
遊びが始まるですが・・・。

うちのチワワは持ってはくるのですが、
おもちゃを離しません。

私が取ろうとすると「ウ~~。」と唸ります。
その唸り声は本気で怒っているのではなく、
おもちゃの取り合いをしたいのです。

離さないおもちゃを取り、また投げる。
これが犬にとっては面白いらしい。
でも私はだんだん飽きてくるので、
たまに唸っても無視します。

すると「え?取ってくれないの?」という感じで、
ポトっと口からおもちゃを落とします。

そこをすかさず私が取り上げる!という
犬と人間の心理戦です。

こんな単純なことでも、
チワワにとっては良い運動になります。
家で遊ばせる場合は、
フローリングだと滑って危ないので
絨毯やマットがある場所がいいです。

チワワに運動させるために庭で過ごしてみる



一軒家にお住まいの方は、
お庭に出してあげるだけでも運動になります。

5分でも10分でも庭に出してあげると、
きっとワンちゃんは庭の中を
探検して回ると思います。

草むしりのついでとかに、
一緒に庭に出たりして
過ごしてあげるのもいいかも。

補足ですが、少し気を付けた方がいいかなと思うのは、
ちょっとした隙間でも
好奇心旺盛なワンちゃんは
庭から外に出ようとします。

実はうちのワンちゃんも脱走しました。
チワワは体が小さいので
ほんの少しの隙間からでも脱走できてしまいます。

それはそれはもう、
心臓が飛び出るかと思ったくらい
ドキドキしながら探した経験があります。

幸い、すぐ近くにいたので良かったけど、
車にでも引かれていたら!?
と思うとゾッとしました。

肝心のチワワはそんなこと知らずに
近くの土手で楽しそうに
クンクンと草の匂いを嗅いでいましたよ。

親の心子知らずとは、
まさにこういう事だなと思いました。

脱走が心配な方は
ロングリードが売っているので、
そういった商品を使うのも
いいかもしれません。

遠くまでお散歩に行かなくても
庭で運動させるだけで、
チワワなら運動になります。

犬の年齢に合わせたて配慮する必要がある

赤ちゃん犬は体が小さいですし、
老犬も体力が衰えていたりするので、
長い時間の散歩は疲れてしまいます。

時間を5分くらいにするなど
散歩時間を短くしてあげるとか、
なるべく段差の少ないところを散歩するなど、
無理のないように
調整してあげることが大事です。

また、猛暑や雪の日は肉球を痛めやすいです。
特に猛暑のアスファルトを歩かせるのは
肉球を火傷するのでとても危険です。

人間でいうと、
素足でアスファルトを歩いているようなものです。

真夏はアスファルト以外で運動をさせるなどの
配慮をしてあげると良いです。
チワワの健康の為にも足腰の為にも、
適度な運動をできる範囲でしてあげるのがいいですね。

まとめ

チワワにとって散歩は欠かすことのできない
大切な運動の1つです。
運動は少ないとかいう情報に
惑わされることなく運動させるべきだと思います。

運動量が少ないと言われるのは
大型犬に比べれば少ないというだけ
ではないでしょうか。
運動量が少なくて済むというのは
飼いやすい要素の一つであり、
チワワ人気を支えていると思います。

犬にとっては散歩をすることでしか
得られないメリットがたくさんあります。
社会化の訓練、気分転換、
臭いを嗅ぐ欲求を満たせる。

散歩をしない、運動をさせないということは
このメリットを放棄して、
健康を害するデメリットを受け取る
行為に近いと思います。
肥満につながるし、問題行動を起こす
原因にもなると思います。

運動量が少ないということを
前向きに捉えれば、忙しくて散歩に
いけない時には庭先や室内でも
遊びたい欲求を十分に満たすことが
できるということです。

例えば、天気の良い日はお散歩させて、
天気の悪い日は家で遊んであげるとか。

運動から体調の変化に気づくこともあるので、
触れ合いの一環として
適度なお散歩や遊びを
してあげるのがいいと思います。

犬にとっても飼い主にとっても、
その時にベストな方法を選ぶのが1番です!
そういう調整ができるのも、
運動量が少なくても大丈夫な
チワワだからこそできることかなと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す