ゴールデンレトリバーのお散歩は大変?どのくらい運動するの?





ゴールデンレトリバーはとても温厚な性格で、
人にも他のわんちゃんにも友好的、
大型犬では比較的飼いやすい犬種です。

私も昔ゴールデンレトリバーを
飼っていたことがあるのですが、
とってもお利口で
他のわんちゃんにも優しく、
子供が無茶な触り方をしても
じっと耐えて怒らない、
パーフェクトな家庭犬だったと思います!

存在感が大きく、番犬にもなり、
男手のいなかった我が家の頼れる大黒柱でした。

そんな誰もが一度は飼ってみたい
ゴールデンレトリバーですが、
問題点が一つあります。
それは運動量が多いということ。

大型犬ならではの悩みですよね。
実際私も飼っていた頃は
毎日朝夕欠かさずお散歩に連れて行っていました。

我が家には大型犬が走り回れるほどの
大きなお庭があったにもかかわらずです。

マンションで飼われている方などは
散歩は一体どうしているのでしょうか?

ゴールデンレトリバー飼ってみたいけど、
お散歩がどれだけ必要なのか不安…
と感じている方や、
飼ってみたものの
パワフルすぎてついていけない…
と思われているかた必見!

ゴールデンレトリバーの特徴と
お散歩についてまとめてみました。

ゴールデンレトリバーってどんな犬?

ゴールデンレトリバーは
19世紀ごろイギリスでセターや
ウォータースパニエル、
カーリーコーテッドレトリバーなど
狩猟に特化した犬たちを
かけ合わせて誕生しました。
狩りで仕留めた獲物を回収する
狩猟犬として重宝されていました。

レトリバーとは回収するという意味で、
特にゴールデンレトリバーは
水中での獲物を回収に使われていたようで、
泳いだりするのが得意。

水中と陸を往復したりするので
体力もたっぷりあります。

人間と一緒に働くことに喜びを感じる犬種で
現在では盲導犬や聴導犬として活躍しています。

ゴールデンレトリバーの散歩はどのくらいすればいいの?








ゴールデンレトリバーの成犬の場合、
1日2回、1回につき30分~1時間が
目安とされています。
大体1日3~5kmほどの距離でしょうか。

体力があるのでお散歩中は
ただ歩くというだけでなく、
早足やジョギングを
取り入れてみると満足度が高くなります。

毎日2時間近くのお散歩となると大変ですよね。

けれどダイエットのために
運動を続けたいと思っているけど
なかなか続かないなんて方、
いい相棒のおかげでダイエット成功!
なんてこともあるのでは?!

私も愛犬と散歩をしていた頃は
スタイルが維持されてたのですが、
愛犬との散歩がなくなってからは
全く運動しなくなり
体重が5、6kgも増えてしまいました。

散歩の威力恐るべしです。

一つ注意点なんですが、
ゴールデンレトリバーは
骨格形成が完成するのがゆっくりなため、

3歳くらいまでは
あまり激しい運動をさせすぎると
股関節形成不全になりやすいです。

成犬になるまでは1回につき30分程度におさめ、
なるべく土や芝生など
地面の柔らかな場所に連れて行くと良いでしょう。

ゴールデンレトリバーのお散歩を楽しむ工夫

ゴールデンレトリバーは体が大きいので
引っ張る力も強大です。

悲しいかなきちんとしつけていなければ、
どちらが散歩されている状態か
わからなくなってしまいます。

そこで若いうちから
リーダーウォークを教えておくと良いでしょう。

リーダーウォークとは
犬が飼い主の主導権に従って歩くということです。

簡単なことに思えますが、
それがとても難しいんです!

お散歩中は他犬に出会ったり、
車やバイクとすれ違ったり、
わんちゃんの気を引くことが
たくさんあります。

草地に行くと走り出したくもなりますよね。
我が家の愛犬も散歩中他犬に出会うと、
一緒に遊びたいのか
すごい力で引っ張って毎回大変でした。

その時はリーダウォークという言葉も知らず、
散歩中のしつけなど全くしていませんでした!

リーダーウォークを習得していれば
もっとお散歩が楽になっていたことでしょう・・・

リーダーウォーク、
気になる方はYouTubeで調べてみましょう!
いろんな方がわかりやすく教えてくれていますよ。










リーダーウォークを始める前に、
日頃から名前を呼んで
アイコンタクトを取るようにして
信頼関係を築いておくと、
理解が早いと思います。

しつけは根気のいる作業です。
すぐに結果を出そうとせず、
毎日の日課にして
徐々に理解させていくとよいでしょう。

食いしん坊なわんちゃんには
ごほうびにおやつを使ったりするのも効果的です。

またもともとの狩猟犬としての性質を
活かしてあげるような遊びも
散歩中に取り入れてあげると良いでしょう。

ドッグランが近くにあればいいのですが、
無ければ広場などでロングリードを使用して、
ボールの持ってこい遊びを
させてあげるといいでしょう。
フリスビーなんかもいいですね。

とにかく一緒に楽しんで
遊んであげるというのが大切です。

ゴールデンレトリバーの散歩をマンネリ化させないために!






毎日同じ時間、同じ散歩コース。

最初はいいかもしれませんが、
飼い主さんにとっても
わんちゃんにとっても
しんどくなってくるときが必ずやってきます。

はっきり言うと
雨の日も風の日も散歩に行く必要はありません!

今日は無理!っていう日も作っていいんです。

その代わりいつもとは違う
特別な日を作ってあげましょう。

我が家の愛犬は夏になると
早朝によく車で砂浜へ連れて行ってあげていました。
ゴールデンレトリバーは水が大好きなので、
喜んで海に飛び込み、
スイスイ泳いでいましたよ。

水面にボールを投げてやると
飛び込んで捕まえにいって持ってきてを
永遠に繰り返していました。

やはりそういうDNAが
刻み込まれてるんでしょうね。

ゴールデンレトリバーのお散歩についてのまとめ

・ゴールデンレトリバーの散歩は
1日2回、1回につき30分~1時間程度
させてあげると満足させることができる

ただし3歳までの子犬の場合は
30分程度に抑え、
激しすぎる運動は避けましょう。
股関節形成不全に予防になります。

ゴールデンレトリバーは、
引っ張る力がとても強いので
リーダーウォークを身につけると、
お散歩がとても楽になります!

散歩の中にボール遊びなどを
取り入れると満足度が高くなります。

毎日同じ時間に行かなくても問題ありません。
わんちゃんがストレスを溜めない程度の
サボりもOK!

たまには車で遠出して、
山や海に連れ出すなど特別な日を
作ってあげると良い。

お散歩を義務と思わず、
愛犬とのコミュニケーションを
楽しむ場と考えれば
毎日のお散歩が大変と思わなくなるはず!


ちなみに散歩している時に
引っ張るのは単純に歩き方を知らないことが
原因です。こんな記事も書きました。
→犬が散歩中に引っ張るのは歩き方を知らないから?


それから犬は常に飼い主をテストしています。
散歩で引っ張ることももちろんテストです。
ここで適切な回答をしないと
舐められてしまいます。
→犬に頼りない飼い主と思われたら終わりだ!犬は常にテストをしている?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す