柴犬は太りやすい!?柴犬をダイエットさせる2つの方法と注意点とは?





柴犬はその可愛らしい顔から
人々に人気の犬種です。

しかし、可愛いからと言って
おやつをあげすぎたり、
散歩を怠ったりすると、
あっという間に丸く太ってしまいます。

太るとなぜ良くないかと言うと、
糖尿病をはじめとする
病気にかかりやすくなるからです。

具体的な病名を挙げますと、
心臓肥大、多臓器不全など、
内臓系の病気に
かかりやすくなります。

内臓の病気は外からは見えず、
気づいてからでは
手遅れになることもあります。

さらに、骨や健にも負担をかけてしまいます。

柴犬ももちろん、
全ての犬は太った状態に対応するように
体ができていません。

体重に耐えきれず靭帯を痛めたり、
足や指が変形してしまったりして、
犬にとっても飼い主にとっても
非常に辛い思いをすることになります。

そんな時はダイエットです。
ダイエットすれば、
上に書いたような危険は取り除かれます。

その上、ダイエットの過程で
健康体に近づくことにより、
長生きの秘訣になり得ます。

太ってしまってなかなか
運動しなくなってしまった柴犬も、
ダイエットに成功した暁には、
元気に走り回る姿を見ることができるでしょう。

それでは、どのようにダイエット
させてあげれば良いか?を
話していきたいと思います。

柴犬がダイエットする時の基準は?柴犬の適正体重








まず初めに犬には、
それぞれ大きさを目安として適正体重があります。

柴犬の適正体重は、
オスは8~10kg、
メスは7~8kgとなります。

ただし、個体差があります。

特別大きい子は10kg以上でないと
痩せすぎになりますし、
豆柴くらい小さい子だと
7kgでもダイエットが必要になってきます。

また、筋肉の関係もあります。
筋肉は脂肪よりも重いです。

つまりドッグランなどで
たくさん走らせて
筋肉がたくさんついた柴犬であれば、
目安よりも重めになっても
ダイエットする必要はありません。

では、太り過ぎかどうかどうやって
判別すれば良いのでしょうか?

それは、実際に触ってみることでわかります。

犬のお腹、特に脇腹のあたりを
触ってみましょう。

肋骨の凹凸が少し感じられる程度が
適切な脂肪のつき方です。

もし、触っても肋骨が分からないようなら、
それはダイエットを始めなければならないサインです。

頻繁に触って、
太りすぎていないか確認しましょう。

柴犬の食事ダイエットの方法。食べ物を変えてみよう!






柴犬が太る原因は、
ほとんどがカロリーの取りすぎです。

普通のドッグフードは、
実は柴犬にはカロリーが高すぎるんです。

柴犬専用のドッグフードなどを
見かけたりしたと思います。

普通の犬よりも、
柴犬は食べ物に気を使わなくてはなりません。

もちろん、柴犬専用のドッグフードを使っていても、
あげすぎていたら太ってしまいます。

ではどのようにダイエットを
するのが良いかと言いますと、
やはり食生活の改善です。

改善方法はいくつかあるので
話していきたいと思います。

ダイエット用ドックフード

犬用のダイエット用フードがあります。
これに切り替える方法が1つです。

値段は高くつきますが、
犬にとっては食事の量が減ることがないので
ストレスを感じにくいです。

ただし、いきなり変えることで警戒してしまい
なかなか食べないこともあります。

そんな時は、今までのフードと混ぜて、
それからダイエット用フードを
少しずつ増やしていくと言う方法をとりましょう。

食事の量を減らす

それから、単純に普段の
ドッグフードを減らす方法があります。

これは慎重に行わなくてはなりません。
急に量が減ると、犬は空腹を感じてしまい、
ストレスにつながります。

ストレスを感じると
さらに空腹感が増すこともあります。

少しずつ、具体的には1週間に10%ずつくらい、
ゆっくりと減らしていきましょう。

食事を手作りする

また、食事を完全に手作りしてしまうと言う
方法もあります。

野菜をたくさん使って、
肉はササミや胸肉など
カロリーの低いものを使い、
少なめのご飯と混ぜて与えましょう。

特にキュウリはカロリーが低いにも関わらず、
お腹が膨れる良い食材です。

柴犬もキュウリが好きな子が多いので、
オススメです。

食事の回数をコントロールする

最後に、食事の回数を増やし、
それに伴って一回の量を減らす、
と言う方法があります。

この時、1日に取るカロリーの量が
適切な量になるように調整しましょう。

この方法は犬としては一回の量が減りますが、
何回も食べさせてもらえるので、
1日の食事の量が減ってもストレスを感じにくい
というメリットがあります。

我が家では「手作りダイエット」をしました。
手作りはどうやら市販の
ドッグフードよりも美味しいらしく、
痩せた今でも普段のドッグフードを与えると
「いつものじゃないの?」と
不満げな顔をするようになりました。

手作りご飯は柴犬にとっても幸福のようです。
ぜひ取り入れていただきたいです。

柴犬のダイエットといえば運動!たくさん遊ぼう!






人間でも、ダイエットに適切な方法として
運動がありますよね。
犬も同様です。
食事の量の調整とともに、
運動を取り入れましょう。

では具体的にどんな運動をすると、
犬が喜んでくれるでしょうか?

それはやはり散歩です。
散歩の量を増やしてみましょう。

飼い主の負担は大きくなりますが、
それだけ犬は健康になります。

柴犬は本当に散歩が大好きな犬種です。
今までの散歩を長くしたり、
1日1回だったのを2回にしてみたり、
工夫して運動量を増やしましょう。

また、散歩の道に坂道などを取り入れて、
筋肉を動かす量を増やすのも効果的です。

他にも、公園に行って犬が好きな
ボール遊びなどをたくさんしてあげるのも
ダイエットの方法の1つとなります。

飼っている柴犬によっては
ボール遊びが嫌いだったりします。
うちの柴犬がそうでした。

ですので、代わりにロングリードを使って
早朝の人のいない公園で走り回らせました。
これも1つの手です。

ただし、ロングリードなどで
半分放し飼いにする時には、
他人の迷惑にならないように、
専用のドッグランや
人気のない公園などにしましょう。

柴犬のダイエット!食事と運動どちらが優先?



優先順位の答えは現在の状態によります。

太ってしまった柴犬の中には、
あまりにも太りすぎて
動けない子もいると思います。

そう言う柴犬は、
運動を始めるには早すぎます。
時には足腰に負担がかかりすぎて、
関節が悪くなる場合があり危険です。

まずは食事を減らすことで、
ある程度脂肪を落としてから、
運動を始めましょう。

逆に、少しだけ太ってしまった。
と言う柴犬はむしろ運動を優先にした方が、
柴犬にとってストレスが少なくて良いです。

食事が変わると、
やはり環境が変わるので、
多少なりともストレスがかかってしまいます。

それに比べると、
散歩が増えることは
柴犬としては逆に嬉しいことになります。
ですので、犬に喜んでもらえるように
飼い主さんも頑張りましょう。

柴犬のダイエットに必要不可欠なのものとは?



ダイエットは一日で結果が出るものでは
ありませんので、当然継続するために
「根気」は必要です。

体の構造を細胞から作り変えるのですから。
細胞が生まれ変わるには、
最低でも3ヶ月はかかります。

つまり今のダイエットが効果があるかは
3ヶ月後にわかります。
逆に3ヶ月以内に方法をコロコロと変えると
どの方法が効果が高かったのか
わからずに、またいろんな方法を試すことに
なってしまいます。

柴犬に限らず、
犬は自分からダイエットを始めたりしません。

健康状態も、自分では把握できません。
ダイエットをするためには、
飼い主が気をかけてあげる必要があります。

そして、ダイエットを続けるのは
なかなか難しいです。

食事を変えるにしても、
お金がかかったり手がかかったりしますし、
運動でも飼い主さんが
一緒に運動をしてあげることが
前提になっています。

つまり、何が一番大事かと言いますと、
ズバリ飼い主の根気です。
続ける意志が、柴犬の健康につながります。

長生きさせてあげるには、
飼い主の努力が絶対に必要なのです。

まとめ

犬がご飯を食べているのを
見ていると幸せな気分になりますよね。

おやつをねだってきた時には、
嬉しそうに食べる姿を
想像して思わず多めにあげちゃったりします。

そうやって可愛がることは
非常に良いことだと思いますし、
犬も幸せでしょう。

しかし、やりすぎは肥満を招きます。
太ってしまった犬が病気や怪我をしたら、
犬も辛いですし、
飼い主としても非常に悲しい思いを
しなければなりません。

お互い、そんな思いをする羽目になる前に、
手段を講じましょう。
ダイエットは柴犬も飼い主も
多少なりとも大変な思いをすることになります。

柴犬によっては茨の道になるやもしれません。
しかし、それは健康への道であり、
すなわち柴犬と飼い主の
幸せの人生への架け橋となります。

可愛い我が子のために、
飼い主は思い切って行動しましょう。

きっと、柴犬もその心を読んで
ついてきてくれるはずです。

まず優先すべきは食事の量を減らすことです。
太る原因は食べ過ぎによるカロリー過剰摂取です。
Youtubeでもこんな動画を撮りました。
→肥満犬のダイエット方法とは?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す