犬が散歩で歩かない原因6選!犬の言いなりになっていませんか?


犬は散歩が大好きです。

どんなに飼い主が疲れていようが、
雨が降っていようが、
雪が降っていようが
暑くても寒くてもお構いなし。

いつでも散歩に行きたがりますよね?

ですが、突然犬が散歩中に歩かないという状況に
なったことはありませんか?

今回はなぜ歩かない状況になってしまうのか?
についての記事を書きました。

犬というのは言葉は話せないので、
態度から感じてあげる必要があるのですが、
今回のように散歩中に歩かない時も同様です。

歩かないには理由があります。
この記事を読むことで、歩かない原因を捉える
視点を持てると思います。

犬が散歩で歩かない理由は?

犬が散歩中に歩かなく理由は全部で6つあります。
それぞれの理由について解説していきますね。

恐怖心がある

まずは恐怖心です。
この道の先に何があるのかわからない。
何か聞いた事がない音がして怖い
嫌いな犬がいる。

このような恐怖から足がすくんでしまい
足が止まってしまう事があります。

特に社会化されていない犬や、
音に敏感な犬は恐怖から歩けなくなる事が
多くみられます。

また、犬は目があまりよくありません。
そのせいで物を認識するのは
苦手なようです。

そのために散歩には常に恐怖しています。

この道の先に何があるかわからない。
何かこわい音が聞こえる。
苦手な犬がいる。

などの恐怖が散歩コースに
あるのかもしれません。
そのせいで足が動かなくなり
歩かなくなっていると思います。

疲れている

いつもの散歩に比べて、
散歩の量が多い場合や、
運動量が少ない老犬などは
疲れによって急に歩かなくなることが
あります。

散歩や運動による疲れは、
歩くスピードが遅くなったり、
ハァハァと息遣いが荒くなったりするなどの
兆候が見られる事があります。

怪我をしている

犬が散歩しているときに
急に歩かなくなるときは怪我の
可能性もあります。

犬の場合は人間と違い
足の裏が守られていないため、
何かを踏んでしまった時は肉球が
傷ついてしまい、
最悪の場合には関節炎や膝蓋骨の
脱臼も考えられます。

その結果歩くのも痛くて
辛い状態になってしまいます。

病気の可能性がある

散歩中に急に歩かない状態が
続く時には病気の可能性があります。

心臓病や関節疾患で歩くことが
辛いのかもしれません。
特に肥満の状態だと歩行することで
相当な負担がかかります。

また、目の病気で視野が狭くなったり
見えづらい場合には恐怖が生まれ、
なかなか歩いてくれない事も考えられます。

過去に嫌な経験をした。 

散歩中に犬が歩かなくなるのは
その場所で過去に嫌なことがあった
ことも絡んでいるかもしれません。

例えば、
他の犬と喧嘩になったとか、
飼い主に怒られたなどです。


この場合には過去の精神的なトラウマを
取り除かなければいけないので
改善には時間がかかります。

リードやハーネスが気に入らない

特に新しいものを購入した直後には
この行動は現れやすいです。

と言っても付いていることに
対する違和感が取れれば改善します。

犬が散歩で歩かない時の対処法は?

では実際に歩いてくれない場面に
遭遇した時にはどんな対処法をするべきか?

抱っこしてあげる

歩かなくなってしまった犬を
一時的に抱っこする対策は、子犬や老犬の
恐怖によって歩けない場合に有効です。

恐怖の中を無理やり歩かせることは
さらに恐怖が倍増する結果になります。

抱っこをすることで安心感を与えてあげます。

散歩のルートを変える

同じく恐怖心を持っている場合や、
過去に嫌な記憶が事がある場合には、
散歩のルートを変更する事が、
効果的な対策です。

いつもとは違うルートを通る事で
気分転換にもなるし、
犬にとっても違うコースを歩くことは
サプライズになります。

散歩の時間を変える

散歩の時間を変えるという方法も効果的です。
車の交通量が多い時間帯では、
騒音が犬にとってはストレスで
恐怖の存在になっていることも考えられます。

特に夏場にはアスファルトが歩けないほどに
暑くなるので、
肉球の保護や火傷させない観点からも
散歩の時間を変更するメリットはあります。

散歩の時間を減らす

散歩の時間が長すぎるので
逆に疲れてしまっている可能性もあります。

もちろん適切な散歩時間や距離は
個体差があるので正解はありませんが、
年齢が進むにつれて散歩の時間を
見直すことも必要ではないでしょうか。

おやつで気分転換する

散歩中に歩かないことを解決法ではありませんが、
1つの対処法として、
おやつで気分転換する方法もあります。

おやつで気分を変えて、散歩を終わらせて
次の日からはコースを変えたり
散歩に出かける時間を変えるなどの
対策方法を実施すると効果があると思います。

犬が散歩で歩かない時にやってはいけない対処法は?

犬が散歩で歩かない時に
やってはいけない対処法について
書いていきたいと思います。

犬を引きずる

犬が散歩中に歩かなくなった時に、
リードごと無理やり引っ張った
経験はありませんか?

ついやってしまいがちですが、
やってはいけない対処法です。

その理由は、肉球の裏を擦りむいたり
首を痛めるなど怪我する可能性が高いからです。

犬が散歩中に歩かないのは原因があるのですが
引きずる方法では原因を放置するだけでなく、
恐怖や怒りとして心に残ってしまいます。

感情的に怒る

歩かない原因を無視して、
感情的に怒っても何も解決はしません。

それどころか、
怒ると飼い主との信頼関係がなくなったり
怒られたことで嫌なトラウマができることも
考えられます。

犬の言い成りになる

散歩のルートを犬に決めさせているよ。
という経験はありませんか?

散歩はあくまでも飼い主主導で
行うべきです。主導権を犬に渡しては
いけないのです。

厳しいかもしれませんが、
甘やかすと、とんでもないことになるので
ここは毅然とした態度で。

->

犬の散歩のしつけ方はどうする?

犬が散歩中に歩かないといった問題を起こさず
スムーズに散歩させるためのしつけ方法は
どうするべきかを書いていきたいと思います。

信頼関係を作る

犬を飼う上で一番大切なことは
信頼関係を作ることです。

具体的には犬に対して
飼い主をリーダーだと思わせることです。

リーダーは群れを守り、
安心して命を預けられる存在です。

犬はリーダーとして認識したら
散歩中でもリーダーを信頼して後をついてくるので
歩かないということはなくなります。

リードやハーネスに慣れさせる

慣れさせるためには、
いきなり長時間装着させるのではなく、
まずは5分、10分と時間を延ばしていき、
装着している事が当たり前のレベルにします。

このしつけができれば、
リードやハーネスを嫌がって歩かないという
状況になることを防げます。

音に慣れさせる

外の環境の音に慣れさせることも、
散歩中に歩かない犬には効果があります。

つまり社会化をすれば歩かないという
状況にはならないということです。

社会化ができれば、犬は今まで
怖がっていた音に対して反応しなくなり
歩かないという状況も無くなります。

待てを教える

犬のしつけでは基本的な待ても、
犬の散歩中に歩かない対策には有効です。

歩かなくなったら「待て」をすることで
犬が自主的に動かない状況から
飼い主が待てを指示したという方向へ
持っていきます。

適度に時間を置いた後に解除することで、
犬は静止状態から解放されるので
再び歩き始めます。

まとめ

ここまで話してきましたが
犬の散歩をさせるにはしつけが欠かせません。

特に散歩で重要なのが社会化です。
社会化というのは人間世界のものに
慣れさせていくことです。

人間にとっては当たり前でも、
犬にとっては凄く怖いものになる事が
あります。

例えばマンホールなんかは
犬にとってはツルツル滑るし
とても怖いものだと思います。

ツルツル滑る恐怖を一度
記憶してしまうと、
その道を通ることを嫌がると思います。

自分の体験談になりますが、
飼っていた犬は水がとても苦手でした。


なので川が見える道は
絶対に通ろうとしませんでした。

その時は無理に通らせずに
別の道を通って散歩を
させていました。

ここで無理やり引っ張って散歩させていたら、
お互いの関係がもっと悪化していたと思います。

人間でも無理やりやらされるのは嫌ですよね?
犬も同じだと思います。

コースにこだわらずにお互いのストレス発散や
爽快感を得たり、美味しい空気を
吸うことが散歩の意味だと思います。

散歩を通して社会化ができれば
今後の生活も凄く良くなると思います。




散歩をしていて、いつも引っ張られるという方は
こちらの記事も読んでいただけたらと思います。
→犬が散歩中に引っ張るのは歩き方を知らないから?




具体的なしつけの方法については
メルマガの中で話しています。
今なら無料でプレゼントを配布しているので
ぜひ受け取ってください。




→今すぐプレゼントを受け取る



ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す