犬の誤飲を防止するのは簡単だ!待てができれば誤飲を防げる?


こんにちは。ゆっきーです。
今日もしつけについて話していきたいと思います。

犬と一緒に暮らしていると
必ず誤飲を経験したことがあるのではないでしょうか?

日頃から気をつけていても
ふと目を離したり、油断するときを
待っているかのように口に入れようと
しますよね?




もちろん僕にも同じような経験があります。
食べ残していたお菓子を食べられたり、
散歩中に草を口に入れたりなど、
本当に油断も隙もありませんね。

人間が普段食べているところをよく見ているから
食べられるものがわかるのかな?と感心します。

しかし、誤飲は口に入れたものに
よっては命を落とすこともあり得ます。
もし、鋭利なものを口の中に入れると
内臓や臓器を傷つけてしまうからです。




そこで今日は犬の誤飲を防ぐ方法について
話していきたいと思います。




犬はどうして誤飲をするのか?




まず最初に犬はなぜ誤飲するのか?についてですが、
犬はとりあえず口に入れる習性のある生き物です。

これは野生の動物が生きていく上では
当たり前のことです。
そうしないと次はいつ食べられるか
わかりません。


犬の特徴として人の何倍も優れた嗅覚と
動体視力を持ち合わせています。

しかし、犬は視力自体はあまり良くないのです。

人間と同じような色味を認識していないので
動かないものや小さいものを認識することは
実は苦手なんですよね。

よくテーブルの角や、扉なんかに激突する光景を
見たことはありませんか?
あの光景は、実は犬の視力が関係しています。

思わず笑ってしまうような光景ですが、
実は犬が周りをよく認識できていない証拠なのです。


そのため目で食べ物だと認識はできません。

細かい認識はできないので、
とりあえず舌を使って感触を確かめる。
とりあえず匂いを嗅いで、
食べられると思えば口に入れてみるわけです。


この時に大事なのが、
人間とは食べ物の認識が違うということです。

犬はもともと野生なので、
安定的に食べ物が摂取できないのが当たり前です。

そのため食べられるものが食べ物なのです。
僕たちからしたら信じられませんが、
セミだって食べるし、ミミズだって食べます。

それは生きるためです。
人間のように美味しいとかではなく、
食べられるか?食べられないか?の二択です。


そのために常に何か落ちてないか探すことと、
何かを見つけるたら口に入れることが
習慣になっているのです。




犬が誤飲をすると、どんな危険がある?




しかし、犬にも食べてはいけないものがあり、
誤まって口にすると命に関わる問題になります。

誤飲が原因で体調不良になって困るのは
いつ、どこで、何を食べたのかわからないことです。

さらに何かを咥えた事がわかっても
無理やり出そうとすると、逆に犬は離すもんか!と
余計に離さず飲み込もうとしますよね?

状況がわかれば素早い処置や判断ができるのですが、
目を離した時に誤飲をした場合には、
どこで、何を食べたのかもわからないので
処置が遅れて体調回復が遅れることです。




犬は見えたものが食べ物かどうかを
認識する能力は低いです。

そのために誤飲するのは食べ物
だけとは限らないのです。

口にしたものが小さければ自然に排泄されますが、
大きい場合には手術でしか取り出せないこともあります。




犬が誤飲すると害が出るものは?




どんなものであっても誤飲しないように
注意すべきですがここでは、
誤飲してしまうと体に害のあるものを
紹介していきます。




キシリトールガム




ガムの誤飲もすごく危険ですが、
その中でもキシリトールガムを誤飲して
しまうと最悪の場合、死亡の可能性が
あります。




なぜかというと、犬がキシリトールを摂取すると
急激な低血糖状態になってしまうからです。

キシリトールはガムの他にも
歯磨き粉やお菓子にも含まれるので身近にあります。




チョコレート




チョコレートにはテオブロミンという
成分が含まれています。




テオブロミンを摂取すると心拍数が上がり、
痙攣や嘔吐などの症状が出ます。
テオブロミンは体内に蓄積するので
少しづつあげることも凄く危険です。




ボタン電池




ボタン電池は小さいので、
見失いやすく、犬が誤飲する可能性が高いです。




あとで片付けようとしていると
すかさず犬が食べてしまうかもしれません。




ボタン電池を誤飲した場合、
体内で放電するため胃に穴が開くなどの
症状を引き起こします。

胃に穴が開くなんて、
想像しただけで体が震えてきます。
電池は危険物としての扱いですが、
その理由がわかる気がします。

電池はいろんな家電にも使われているし、
イタズラする子なら身近にある危険物です。




保冷剤




意外に思われると思いますが、保冷剤も危険です。

保冷剤にはエチレングリコールという
成分が含まれています。

エチレングリコールは甘い味がするので
嗅覚が鋭い犬は勘違いして誤飲する可能性があります。

エチレングリコールは毒性があるので
嘔吐や意識障害、腎不全などの症状になる可能性があります。




人間用の薬




人間の薬を誤飲した場合は体の大きさの違いから、
想定以上の作用が犬の体に働いてしまいます。




人間の薬は、人間に体の大きさを
基準にして作られています。




例えば体重60キロの人を想定した薬を
体重6キロの犬が誤飲した場合、
10倍もの作用が働きます。




犬が誤飲をした時の対処法




実際に誤飲を目撃した場合には
一瞬で飲み込んでしまうこともあります。




そんな時にも慌てずに行動するために
どんな対処法をするべきかを
話していきたいと思います。




塩水で吐き出させる




この方法は、誤飲したものが
そのまま飲み込めるものだったり、
飲み込んでも害のないものの場合、
行う方法です。




4キロ〜8キロ程度の小型犬の場合には
コップ1杯に塩を少し入れた水を
飲ませて吐き出させます。




さつまいもを食べさせる




これはチョコレートやネギなど
中毒性のあるものを食べてしまった時に
効果が期待できます。




排出させるということなので
即効性よりも、胃を通過させることが目的ですね。




排泄物の確認が大事です。




ピンセットで取り出す




これは誤飲したものが目に見える状態で、
なおかつ犬が窒息している場合に限り
できる方法です。




強引にしないことがコツです。




犬が誤飲したらどんな症状がでる?




犬が誤飲した場合には、体にどんな影響が
でるのかを話していきたいと思います。




中毒を起こす




人間にとっては無害でも、
犬にとっては有害になるものもあります。

下痢や嘔吐の他にも血液中の
赤血球が破壊されることで貧血に
なったり、急激な低血糖状態に
なったりと、たとえ少量でも
犬の体には大きな影響があります。




腸閉塞を引き起こす




犬が誤飲したものが犬の腸や胃で
消化されず体の外へ排出できないものは
腸の中で詰まってしまいます。




すると腸閉塞になり、嘔吐、便秘
食欲低下などの症状が出て、何かしらの
処置をしなければ詰まっ場所が壊死して
腸閉塞が重症化してしまいます。




消化不良や下痢になる




飼い主が見ていない時を狙って食べ物を食べ過ぎることも
誤飲の一種と言えます。




飼い主の食べ残しを食べてしまい、消化できずに
下痢を引き起こすこともあります。




寄生虫に感染する




散歩の途中での誤飲や、生のままの
野菜や肉などを誤飲した時に、
もしそれらが寄生虫に感染していた
場合には、寄生虫が犬の体内に
寄生する可能性があります。




呼吸困難になる




犬の誤飲で一番怖いのは
これですね。一番緊急事態です。
命がかかっていますから。




ボタンや電池、プラスチックのふたなど
誤飲したものが軌道を塞いでしまい、
呼吸ができなくなってしまいます。




犬の誤飲を防ぐための対策とは?




誤飲を防ぐための対策はたった1つ、
しつけをすることしかないと思います。

なぜかというと、しつけをすることで
絆が深まっていれば、勝手に落ちているものを
食べたり、取られないように飲み込んだりということは
なくなると思います。

もっと言うと普段の散歩の時から、
誤飲をさせないためのしつけは必要だと思います。

僕の経験を話しておくと、
散歩の時、僕は犬に自由に歩かせていたのです。
僕が引っ張って散歩に行くのではなく、
犬の自主性に任せていたのです。

今思えば、とんでもない事をしていたと
実感できるのですが、それは犬のしつけの知識が
なかったからです。

しつけの勉強をしてからは、あの時の
行動は間違っていたとわかります。

自由に歩かせてあげたいために、
犬に散歩の主導権を与えていました。
どこにいくかを犬に決めさせていたのです。

つまり犬が先に歩いて、僕が後ろを歩いていたのです。
これは間違いで、犬に舐められるだけでした。

その結果、犬は自由に好きなところに
行けることに味をしめてしまい、
草むらに入っていっては草を食べたり、
カサカサっと音を立てて動く虫を追いかけたり、
タンポポをパクッと食べてみたりと
好き放題されてしまったのです。

こんなこと望んでいなかったのに。
僕は、好きなところ歩いていいよー。
好きなスピードで歩いていいよー。

そんな感じだったのに、本能で動くものを
追いかけるようになってしまったのです。

この経験があるから、
散歩もしつけの大事な練習だなと実感しました。

たとえ散歩でも、自分が引っ張っていかないとダメだし、
そのためにはしつけの知識がないと、
犬も自由に歩きたいという願望があるので
お互いが引っ張りあってしまいます。

犬と遊ぶときは常にしつけだなと思います。
それが散歩であっても、ボール遊びの時でも、
食べ物をあげる時でも、
犬と触れ合うときは常にしつけしているんだなと。

しつけというのは、ルールを作ることなんですが、
ルールがないと犬の方が強いです。
噛み付く力、引っ張る力、踏ん張る力。
犬の方が強いのは一目瞭然です。

力では叶わないので、ルールを作るのです。
それがしつけです。

具体的には、マテができるようになることです。
しかも、いつどんな状況でもできるようになることです。

例えば、散歩中は好奇心が活発になっていて、
興奮状態になることもあると思います。
そんな状態でも1発でマテができる状態が理想ですし、
ここを目指すべきです。

これができれば誤飲はしません。断言できます。
その理由は主導権を飼い主が握っているからです。

そもそも犬は従いたい生き物です。
なので自分を引っ張ってくれる存在には頼りたいのです。
飼い主はその存在になるべきだなと僕は思います。

誤飲をしてから、ワーワー騒ぐのではなく
誤飲しそうなものには近づけないようにする。
これが理想的な飼い主像だと思います。

物事には結果と原因がありますが、
誤飲の原因は犬ではありません。

犬が自由に動けるから、誤飲してしまうのです。
だからこそ犬には安心して
飼い主のそばにいて欲しいですよね。

そのためにはしつけが必要です。
具体的にはいつ、どんな状態でもマテができる状態に
なっていれば誤飲はしません。
飼い主の指示なく、勝手な行動をしなくなるからです。




マテなんて基礎的なしつけだし、
誰にもできるだろうと思われがちですが、
いつ、どんな状態でもとなるとちゃんとした
トレーニングが必要です。




その内容は僕のメルマガで話しています。
今なら無料で無駄吠えの直し方をプレゼントしています。
→メルマガ登録はこちらです。



ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す