犬の誤飲は命が危ない!誤飲を防止するにはどうしたら良い?

犬と一緒に暮らしていると必ず
起きる問題が誤飲ではないでしょうか?

日頃から飼い主が気をつけていても
ふと目を離したり、油断するときを
待っているかのように口に入れようと
しますよね?

食べ残していたお菓子を食べられた
散歩中に何かを口に入れたなど、
犬が誤飲したという経験を持つ飼い主は
とても多いと思います。

犬の誤飲や誤食は、口に入れたものに
よっては命を落とすこともあり得ます。

今日は犬の誤飲を防ぐ方法について
離していきたいと思います。

犬はどうして誤飲をするのか?

犬は気になるものは、
とりあえず口に入れてしまう
習性のある生き物です。

犬の特徴は人の何倍も優れた嗅覚と
動体視力を持ち合わせていることです。

しかし、目そのものはあまり良くないので
動かないものや小さいものを認識することは
実は苦手なんです。

そのため下を使って感触を確かめるために
匂いが許せばとりあえず口に入れてみる
ということが多いのです。
そしてこれが美味しいものだった場合、
癖になってしまいます。

常に何か落ちてないか探すこと
何かを見つけるたら口に入れることが
習慣になってしまいます。

しかし、犬が食べてはいけないものも
口にすると命に関わる問題になります。

犬が誤飲をすると、どんな危険がある?

犬が誤飲をすると、体調不良を引き起こす
可能性があります。
食べたものによっては病気になることも
あります。

誤飲が原因で体調不良になって困るのは
どこで、何を食べたのかを獣医師に
伝えることができないことです。

状況がわかれば素早い処置や判断が
できるのですが、飼い主の目が
届かない時に誤飲をした場合には、
どこで、何を食べたのかも
わからないので処置が遅れて
体調回復が遅れることです。

犬は見えたものが食べ物かどうかを
認識する能力は低いです。
そのために誤飲するのは食べ物
だけとは限らないのです。

口にしたものが小さければ
自然に排泄されることも
ありますが、大きい場合には
最悪手術の必要性も出てきます。

犬が誤飲しないよう注意するべきもの

どんなものも誤飲しないように
注意すべきですがここでは、
口にすることで体に害のあるものを
紹介していきます。

キシリトールガム

ガムの誤飲もすごく危険ですが、
その中でもキシリトールガムを誤飲して
しまうと最悪の場合、死亡の可能性が
あります。

犬がキシリトールを摂取すると
急激な低血糖状態になってしまいます。
キシリトールはガムの他にも
歯磨き粉やお菓子にも含まれるので
身近にあります。

チョコレート

チョコレートにはテオブロミンという
成分が含まれています。

テオブロミンを摂取すると心拍数が上がり、
痙攣や嘔吐などの症状が出ます。
テオブロミンは体内に蓄積するので
少しづつあげることも凄く危険です。

ボタン電池

ボタン電池は小さいので、
見失いやすく、犬が誤飲する可能性が
高いです。

あとで片付けようとしていると
すかさず犬が食べてしまうかも
しれません。

ボタン電池を誤飲した場合、
体内で放電するため胃に穴が開くなどの
症状を引き起こします

保冷剤

以外に思われると思いますが、
保冷剤も危険です。

保冷剤にはエチレングリコールという
成分が含まれているのですが
甘い味するので嗅覚が鋭い犬には
勘違いして誤飲する可能性があります。

エチレングリコールは毒性があるので
嘔吐や意識障害、腎不全などの
症状になる可能性があります。

人間用の薬

人間の薬を誤飲した場合は
体の大きさの違いから、
想定以上の作用が犬の体に
働いてしまいます。

人間の薬は、人間に体の大きさを
基準にして作られています。

例えば体重60キロの人を想定した薬を
体重6キロの犬が誤飲した場合、
10倍もの作用が働きます。

犬が誤飲をした時の対処法は?

実際に誤飲を目撃した場合には
一瞬で飲み込んでしまうことも
あります。

そんな時にも慌てずに行動するために
どんな対処法をするべきかを
話していきたいと思います。

塩水で吐き出させる

この方法は、誤飲したものが
そのまま飲み込めるものだったり、
飲み込んでも害のないものの場合、
行う方法です。

4キロ〜8キロ程度の小型犬の場合には
コップ1杯に塩を少し入れた水を
飲ませて吐き出させます。

さつまいもを食べさせて排出させる

これはチョコレートやネギなど
中毒性のあるものを食べてしまった時に
効果が期待できます。

排出させるということなので
即効性よりも、胃を通過させることが
目的ですね。

排泄物の確認が大事です。

ピンセットで取り出す

これは誤飲したものが目に見える状態で、
なおかつ犬が窒息している場合に限り
できる方法です。

強引にしないことがコツです。

犬が誤飲したらどんな症状がでる?

犬が誤飲した場合には、体にどんな影響が
でるのかを話していきたいと思います。

中毒を起こす

人間にとっては無害でも、
犬にとっては有害になるものも
あります。

下痢や嘔吐の他にも血液中の
赤血球が破壊されることで貧血に
なったり、急激な低血糖状態に
なったりと、たとえ少量でも
犬の体には大きな影響があります。

腸閉塞を引き起こす

犬が誤飲したものが犬の腸や胃で
消化されず体の外へ排出できないものは
腸の中で詰まってしまいます。

すると腸閉塞になり、嘔吐、便秘
食欲低下などの症状が出て、何かしらの
処置をしなければ詰まっ場所が壊死して
腸閉塞が重症化してしまいます。

消化不良や下痢になる

飼い主が見ていない時を狙って
食べ物を食べ過ぎることも
誤飲の一種と言えます。

飼い主が食べ残しなどを
食べてしまい、消化できずに
下痢を引き起こすことも
あります。

寄生虫に感染する

散歩の途中での誤飲や、生のままの
野菜や肉などを誤飲した時に、
もしそれらが寄生虫に感染していた
場合には、寄生虫が犬の体内に
寄生する可能性があります。

呼吸困難になる

犬の誤飲で一番怖いのは
これですね。一番緊急事態です。
命がかかっていますから。

ボタンや電池、プラスチックのふたなど
誤飲したものが軌道を塞いでしまい、
呼吸ができなくなってしまいます。

犬の誤飲を防ぐための対策は?

誤飲すると様々な症状が出る
可能性があることがわかりました。

誤飲をさせない対策には
どんなものがあるか
話していきたいと思います。

誤飲するものを置かない

当たり前の対策ですが、犬が誤飲するような
ものを最初から置かないということです。

犬はすごく好奇心旺盛ですから
初めてみたものにはすごく興味を
示します。

たとえ食べ物でなくても犬は口に
入れてしまう習性があります。
食べ物に限らず、犬の行動範囲には
ものを置かないことが対策だと
思います。

部屋を散らかさない

部屋が散らかっていると、
どこに何があるのかわかりませんね。

すると、意外な場所に犬にとって
危険なものが落ちている可能性が
あります。

部屋が散らかっている状態では、
犬が誤飲する可能性が高くなります。
もし、室内で一緒に生活をするなら
部屋を片付けて、床にものがない状態に
なれば誤飲の可能性はずっと低く
なります。

まとめ

誤飲に気付いたら
すぐに対処することが望ましいですが、
食べたものによって症状の違いや
緊急性の時間の違いもあるかと思います。

誤飲してしまった時こそ、
飼い主がまずは落ち着いて
対処することが必要だと思います。

対処が合っているのか、
その後が不安な時は、
病院の先生と相談することで、
気持ちも楽に対処できるかと思います。

最後になりますが、犬は気になったものは
口に入れてしまう習慣があるということです。
なので、誤飲を防ぐにはしつけが
必要だと思います。

つまり犬のペースで生活をさせていては
対応が後手になり、発見が遅れることに
繋がると思います。

例えば散歩でも、犬の好きなように
歩かせては誤飲する可能性は高まると
思います。

家の中でも自由にさせていては
飼い主が見ていないところで
誤飲をしたり、見つからないような
隠し場所を持っていることも
考えられます。

しつけをすることで、散歩コースから
外れたらすぐに注意することが
できれば誤飲する可能性は下がります。
散歩は基本的には飼い主の横を歩く
というルールにしておけば、
勝手に草を食べたりも
なくなると思います。

家の中でも、飼い主が待て!と言えば
どんな状況でも待つという状況を
作れば、誤飲を防ぐことは可能だと
思います。

そのためにはしつけが必要だと思います。
犬との距離感を縮めることで
言うことを聞くようになれば誤飲の
可能性は低くなります。

逆に犬のペースで生活をさせていると
気になったもの、目に入ったものは
全て口に入れてしまうことになります。

犬は一度覚えたことは癖になるので、
その癖もしつけで治しておくと
今後の生活が楽になると思います。



誤飲や誤食は胃腸炎になることもあります。
→犬も胃腸炎になるの?原因と症状まとめ。拾い食いは万病の元。




拾い食いをさせないしつけ方の記事も書いています。
→犬の拾い食いが治らない!拾い食いをやめさせるしつけ方は?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す