犬の便秘を解消させる食べ物5選!便秘の時に見られる症状は?


愛犬が最近便秘気味で心配になることはありませんか?

犬も便秘になることがありますが、便秘は大きな問題です。

特に子犬や高齢犬の場合には便秘で体調不良になったり、
食欲が低下して、体力の低下につながります。

便秘になる原因を理解し、便秘解消の効果がある食べ物を与えることで
愛犬の便秘を解消していきましょう。

便秘とはどんな状態のこと?

まず初めに便秘とはうんちが長時間体内に停滞していて、
水分が少ないことで排便が難しい状態のことです。

犬の便秘はいつから便秘と判断する?

個体差を考慮しても成犬の場合には1日平均1回〜3回はウンチをします。

子犬の場合には成犬に比べて消化器官が未熟なため
より多くのうんちをしますが、子犬であっても成犬であっても、
2日以上出ていなければ便秘と判断して良いです。

また、出ているけど硬いときや量が少ないなどの場合には便秘の前兆です。
2日以上出ていない場合には便秘の疑いがあります。

便秘だと考えられる症状

うんちの水分が少ない

健康な犬のうんちは色が茶色でたとえ掴んでも形が崩れない程度の柔らかさですが
便秘になると大きく変化します。

まずうんちがコロコロで形も小さくて掴むと硬くなります。
水分補給が足りないのが理由で色は真っ黒に近いです。

お腹が膨れている

排出されないうんちが体内に貯まればお腹が自然に膨れます。

またお腹が膨れている状態でお腹を触ろうとすると、
嫌がって触ると泣いたり怒ったりする行動がよく見られました。

左の下腹部の部分を触ってみてゴツゴツしている食感があれば
うんちが溜まっている証拠です。

しぶりがみられる

しぶりというのは、トイレに行きうんちをする体勢になるのに
結局はしないで終わる。あるいは少量しか出ない状態です。

この症状がみられる時には大腸に炎症がある可能性があります。

食欲が低下する

うんちが体内に溜まるということは食欲の低下につながります。
体内での処理が追いつかないので
食べ物を食べる気がしないのかもしれません。

犬が便秘になる原因とは?

犬が便秘になる原因は様々ですが、今回は4つ話していきます。

水分不足で便秘になる

犬は普段から僕たち人間よりも地面に近いところで生活をしています。
そのため地面からの反射もあり、より暑さを感じやすいです。

犬が体温を下げるためには水分補給と排泄です。
この2つは密接に関わっていて水分が十分に補給できないと
排泄もスムーズにできないので、便秘を招くこともあります。

特に散歩のコースが変わった時などは、
新しいトイレの場所を探すまで時間がかかります。

食事が原因で便秘になる

フードに使用されている原材料によっても
犬が便秘になる可能性はあります。

犬はトウモロコシや小麦などの動物性たんぱく質が苦手なので
消化不良を起こし、便秘になることもあります。
その時には食欲の低下も見られるので、症状はわかりやすいです。

栄養価が高いフードや乳酸菌や酵素を含んだサプリメントを使い
腸内環境を整えることは有効な対策です。

ストレスが原因で便秘になる

犬は環境の変化に敏感なので環境変化によるストレスが原因で
便秘になることもあります。

例えば、引っ越した時や部屋を模様替えした時。
新しい家具が家に入った時など変化には敏感で、
威嚇してみたり、噛んでみたりして慣れるまでに
時間がかかると思います。

それから留守番する時間もストレスです。

特に日中一人で過ごすことが多い場合にはストレスを感じて、
イタズラや問題行動をすることもあります。

運動不足が原因で便秘になる

犬にとって体格にかかわらず運動は大切です。

運動をしなければ肥満や便秘とは隣あわせになります。
運動といっても特別なことは必要なくて散歩で十分です。

散歩するだけで運動不足も解消しストレスも解消します。

犬の便秘を解消する食べ物は?

ドッグフードには必要な栄養が含まれてはいますが、
きちんとした食事を食べていても、便秘になる事はあります。

そこで便秘解消になった食べ物を紹介させて頂きます。

ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていて、
腸内環境を整えるのに良い事は有名ですね。

腸内環境が良くなると悪玉菌から出る有害物質が減って
口臭が改善される効果もあります。

さらに免疫力が上がる病気にも強くなり長生きにも繋がります。

ヨーグルトを犬に与えると、糞の匂いがなくなり、
結果的に食糞が防げる効果もあります。

その時にはプレーンタイプのものを選ぶと良いです。

さつまいも

さつまいもには便秘解消に欠かせない食物繊維が豊富に含まれています。

その食物繊維の量はジャガイモの2倍にもなり、
腸内環境を整える水溶性食物繊維と、排泄を促す不溶性食物繊維が
バランスよく含まれています。

僕の友人の犬はサツマイモが大好きでした。

ふかしたりレンジで温めるなどの調理をすると、においで気付いて
台所で待ち伏せをして欲しがるほど。

そしてあげた次の日は、必ず便通が良くなっていました。

キャベツ

キャベツにも非常に多くの食物繊維が含まれています。
食物繊維は体内で老廃物を吸収し排泄してくれる働きがあります。

それからビタミンUが腸内環境を
整えてくれるので便秘解消にはとても効果的です。

先ほどの友人の犬はさつまいもと同様にキャベツも好きで
においがすると台所まできて喜んで食べていました。

キャベツの芯をラップにくるんでレンジで温めてやわらかくして
与えるのがコツです。

毎日あげるようにしたら
毛並みがよくなったという話を聞きました。


水分


硬い便を改善して、柔らかい便にするには水分は欠かせない存在です。

寒い時期になるとあまり飲まない時があると思いますが、
そんな時は意図的に気分転換をしてあげました。

例えば湯のみや洗面器にぬるま湯を入れてみるとか
気分転換すると飲んでくれる事が多かったです。

水を飲まない時は変化を加えると興味をもってくれるようになって
反応が変わります。


ドックフード


いつも同じドックフードだと飽きると思い、
違うドックフードを試してみました。

ドックフードが便秘の原因になるのは水分量が関係しています。

犬の体全体の水分量は約70%です。
ドックフードの水分量は品質管理の理由もあり、10〜15%になっています。

つまりドックフードだけでは水分不足になり、便秘になってしまいます。

便秘気味な子の場合には、まずはドックフードから変えてみると
お腹の調子も変わると思います。

ドックフードを与える時には水もセットで与える事で便秘解消になります。


まとめ


犬が便秘にならないための食べ物は、

1.ヨーグルトで腸内環境を整える
2.さつまいもで便通をよくする
3.温めたキャベツの芯をあげる
4.水分を容器や場所を変えてあげる
5.体調にあったドックフードをみつける 

以上が便秘解消に効果的な食べ物です!

犬の好みによって嫌いな物や食べられないものもあるかと思いますが、
サツマイモやキャベツのように調理すると食べてくれるものもあります。

また犬の食事で基本となるドックフードは合っているものか
判断しにくい所もありますが、

もしも便秘が見られるようなら合っていない可能性もあるので、
食事を変えてみるのも手かと思います。

水分のようにあげる場所やタイミングなどちょっとした工夫でも
反応が変わることもあるので、もし必要な時はお試し下さい。



ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す