犬の社会化トレーニング。飼い主はどんな心がけで接するべき?


こんにちは。
ゆっきーです。

今日は社会化についてです。

社会化というのは、
簡単に説明すると犬を
人間社会に慣れさせることです。

僕たちが当たり前と思っている
音、人、物は犬にとっては
想像もつかない物ばかりです。

共通して言えることは
怖くないよということを
教えることですね。

社会化をしっかりできれば
ビビりではなくなり
とても社交的な犬に育つと
言われています。
それほど大切なトレーニングです。

そこで、社会化トレーニングを行う時
飼い主はどんな態度をとるべきだと
思いますか?

飼い主の態度次第で
社会化トレーニングの効果も変わります。









結論から言うと
社会化トレーニング中は、
飼い主は常に堂々としているべきです。

これは考えてみれば当たり前ですが。
自分の生活に置き換えて考えて見ると
わかりやすいです。

例えば僕が子供の時は
親の態度にすごく敏感でした。

僕が何かを失敗した時に
親があたふたしていたら
あぁ。もしかしてやばいの?
やばい!怒られる!!
と子供ながらに不安になっていました。

逆に親が堂々とした態度をとっていた時は
すごく安心することができました。

犬の社会化でも同じなんだなと
思います。
堂々とした態度で接することが犬にも
安心感を与えます。

社会化トレーニングは
犬が自分から積極的に行ってこそ
効果が現れます。

そのためにも、
堂々とした態度でいることが
飼い主さんには求められています。



でも、どうしたら堂々としていられるの?
という疑問があると思います。

確かにこれからしつけをする上で、何もわからず
不安な状態なのに自信を持てと言われても
正直困りますよね。

その悩みを解決するのは正しいしつけの
知識を身につけることではないでしょうか?

しつけできるトレーナーと、普通の飼い主さんの差は
単純に知識の差でしかないと思います。

知っていれば大体のことはできるし、
自然と自信が持てると思います。
大体のことは慣れてきますし。

例えば、車の運転もスマホの操作も同様です。
初めは何もわからないけど、
正しい知識を身につけた結果、人に教えることも
できるようになっていませんか?

なぜかというと単純に慣れたからですよね。
慣れれば人に話せます。

犬のしつけも同様です。
今しつけができないことは何にも恥ずかしいことではなくて
単純に知らないだけなのです。


僕も同じで何にも知りませんでした。
その結果、無駄吠えをしたり、
噛み付かれたりされていたのです。

けど今思えば僕は何にも知らなかったのです。
犬が嫌がることを平気でしていたので
噛まれても仕方がないなと納得できます。

僕も知らなかったから犬のしつけを勉強しました。
その結果何が悪かったのかが手にとるように
わかるようになりました。

つまり、犬のしつけは正しい知識を持てば
自信を持つことができるということです。

僕はこのブログを読んでくれた方には
しつけをできるようになってほしいし、
犬のしつけができることが飼い主として
当たり前のマナーになってほしいと強く思っています。

そのために僕が学んだ犬のしつけの方法を
無料でお伝えしています。

問題が起きてから、本で調べたり
ネットで調べるのは時間が勿体無いと思うからです。
犬は子供と同様に、日に日に成長して行きますし、
飼い主の態度から学習していくわけです。

なので正しい知識を1日でも早く身につけて、
犬の可愛らしさを引き出して欲しいなぁと思います。


僕の学んだしつけの方法はこちらから紹介しています。ぜひ。
今なら無料で無駄吠えの治し方をプレゼントしています。
→今すぐプレゼントを読んでみる



ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す