犬の歯磨きをしない人は歯周病への道を突き進んでいる?


犬も人間と同じように
歯磨きをしないと歯周病になります。
場合によっては 体調にも影響してきます。

僕の友人の犬は、
定期的に磨いていなかったこともあり、
いつの間にか歯周病になってしまいました。

その結果口臭がきつくなったり、
固い物を噛んだら血が出たり、
歯が抜けたりしてしまったり、

最終的には口の周りを
触らせてくれなくなってしまい、
大変だったそうです。

歯周病になって困らないためには、
定期的な歯磨きをする事が欠かせません。

この記事では、なぜ歯磨きをしないと
歯周病になってしまうのか?
そのメカニズムについて話していきたいと
思います。

犬の口臭で悩んでいる人は多い

>

この記事を読んでくださっている飼い主さんは、
歯磨きの重要性については、すでにご存知かと思います。

多くの方が室内で一緒に暮らしているために
必然的に犬との距離が近くなったからだと思います。
さらに情報が得やすくなったことも1つの要因かなと。

役に立つ情報がすぐに手に入るようになったことには
インターネットの普及に感謝ですね。

そのおかげなのか、最近では犬の口臭に悩む人が
増えているのではないかと思います。
では口臭の原因にはどんな事が挙げられるのか
話していきたいと思います。

犬の口臭の原因は歯周病

まず結論から話すと、犬の口臭の原因は歯周病です。

もし今少しでも口臭を感じる、違和感を感じているなら
目に見えない歯周ポケットで感染や炎症を起こして、
歯周病になっている可能性が高いです。

なぜかというと歯周病に感染していなければ
本来犬の口の中は無臭です。

歯周病は状態がひどくなると命に関わります。
「ただの歯の病気でしょ」と油断せずに
歯磨きなどでケアをしてあげる事が大切です。

犬の歯周病の進行について

まず歯周病とは?についてですが、
歯周病は細菌の感染によって引き起こされる
炎症性疾患です。

歯磨きなどのケアが不十分な場合、
歯と歯茎の間の歯周ポケットに多くの細菌が停滞し、
まず最初に歯肉炎を引き起こします。

歯肉炎に感染すると、歯茎が赤くなるなり
腫れるという症状がみられるのですが
犬の口の中は見やすいものではない事と、
犬自身も歯肉炎で痛みを感じないことから
発見できずに進行してしまいます。

歯周ポケットは通常1〜2㎜の深さですが、
歯肉炎の進行とともに、
歯周ポケットも深くなっていきます。

すると嫌気性菌と呼ばれる
強い炎症を引き起こす細菌群が増えて、
歯肉炎から歯周炎へと悪化してしまいます。

犬の歯周病の症状とは?

それでは歯周病になると
どんな症状がみられるのでしょうか?

歯周病は歯を支える土台(歯槽骨と言います)を
溶かしてしまいます。
すると歯がグラグラしてきて、最終的には
抜け落ちてしまうのです。

そのほかにも歯周病は心疾患や脳血管疾患、
糖尿病など様々な病気に関わっていて、
口の中の細菌が心臓や肺などの臓器から
発見されており全身に影響を及ぼす病気だと言えます。

歯周病になりやすい犬種は?

歯周病になりやすい犬種として、
小型犬は大型犬と比較すると歯周病になりやすいです。

その理由は顎の大きさに対して歯が大きいからです。

またパグやフレンチブルドックなどの短頭種は、
骨格の問題で口の中のケアが重要になってきます。

なぜかというと鼻の長い長頭種の場合には、
全ての歯が一列に正しく並ぶのに対して、
鼻が短い短頭種は顎に歯が入りきらない状態に
なっています。

入りきらない歯は捻転したり、入り組んでいるために
その隙間に歯石や歯垢が付着して重度の歯周病になる
可能性があります。

歯周病はストレスの素。

犬は歯周病の治療をした後には、
性格が穏やかになったり、食べ物に興味を示したり、
活発になる事があるようです。

つまり歯の疾患は犬にとっては多大な
ストレスになっている事がわかります。

歯周病は防ぐことのできる病気です。
そして一度破壊された歯の組織は元には
戻りません。

だからこそ日々のケアをして予防や発見、
早期治療が大切になってきます。
そして歯周病を防ぐ手段の1つとして歯磨きがあります。

犬は歯磨きをする習慣はないので自分で磨くことは
当たり前ですができません。
なので飼い主さんが自ら歯磨きの仕方を学んで
実践していくしかありません。

歯磨きをしなければ歯周病になるので
まずは歯磨きの仕方を学ぶ必要があります。



歯周病を防ぐための歯磨きの方法はこちらの記事に書いています。
→犬の歯磨き3つのコツとは?歯磨きにもしつけは欠かせない。




歯磨きをするには、おとなしくしている様に
しつけをしておくとやりやすいです。
細かいところまでチェックしていくことで
早期発見につながります。

そのためには犬に口の中をじっくり見せてもらわなければ
いけません。その時に大切なのが待てです。

しっかりと待てができていることで歯周病を防げます。
マテが重要です。
→犬は待てができないと問題行動を起こす!待てのしつけ方は?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す