なぜ子犬がなりやすい?犬の低血糖症の原因と対処法とは?


家に迎え入れて間もない子犬の時期は、
まだ体が完全に出来上がっていないので病気にかかりやすいです。

その中でも犬の低血糖症はとても怖い病気で、
重症化すると意識障害を起こしたり失明したり、
また最悪の場合は命を落としてしまうこともあります!

想像しただけで怖いですよね…。
私も怖くて一時期はしつこいくらいに
愛犬の様子を確認して、
少しでも調子が悪そうであれば動物病院に駆け込んでいました。

しかし犬の低血糖症の原因と対処法をしっかり知っていれば
怖がる必要はなくなります!

そこで今回は犬の低血糖症の原因と、
対処法について書いていきたいと思います!




低血糖症ってどんな状態のこと?




まず、血糖とはブドウ糖のことを指します。
人間や犬の体を動かすためにはブドウ糖が必要不可欠です。
ブドウ糖をガソリンのように燃やすことで僕たちの体も動いています。

低血糖症とはブドウ糖の量が低下している状態のことで、
自分の意思通りに体を動かせない状態です。




なぜ子犬が低血糖症になりやすいのか?




低血糖症とは体内のブドウ糖の量が低下している状態のことですが、
なぜ子犬の時期はこの症状が出やすいのか?

その理由は体が発展途上ということが理由に挙げられます。
特に肝臓の機能が極端に低いために低血糖症になりやすいのです。

肝臓の役割には、ブドウ糖をグリコーゲンという物質に変えて肝臓内に
蓄えることがあります。

で、体内のブドウ糖が少なくなってきたと判断したら、肝臓に蓄えていた
グリコーゲンをブドウ糖へ戻し、血液へと放出して体内のエネルギーに
変えていきます。

つまり肝臓が血糖値のコントロールをしてくれているので、
数日間の間はご飯を食べなくても生き延びていられるのです。

しかし、肝臓の働きがまだ不十分な子犬の場合には
ブドウ糖を蓄える能力が未熟なため、肝臓が血糖値のコントロールを
することができないので低血糖症になりやすいのです。

子犬の場合は主に空腹、カラダの冷え、内臓疾患に伴い、
栄養を吸収する機能に問題が生じているなどが原因としてあげられます!

とくに、生後3ヶ月未満の子犬は肝臓の機能が弱いため、
糖分を貯蔵できず食事によってこまめに糖分を吸収しなければ、
低血糖症を発症してしまう可能性があります!

場合によっては、わずか6時間程度食事をしなかっただけで
低血糖症になることもあります。

また、気温の低下などにより犬の体温が低下すると、
消化吸収やその他のカラダの機能に影響与えてしまい、
様々な障害を引き起こすことがあります。








犬が低血糖の症状とは?




ブドウ糖が不足してくると、自分の思うように動けなくなります。
そのためにグッタリしたり、眠ったりすることがあります。

さらに体温を保つことができなくなるので、体温が低下する症状が出ます。
そして、ブドウ糖は体の司令塔である脳に優先的に使われているのですが、
症状が進んで脳で使うためのブドウ糖すらもなくなると、
呼びかけに反応しなくなったり、けいれんが見られるようになります。

この症状が見られた時はとても危険な状況です。




犬を低血糖症にさせない予防法はある?








低血糖症を予防するには空腹な時間を作らないことです。
具体的には、毎回の食事で十分に糖を摂取させること。

とくに子犬は内臓の機能が未発達なので、
食事によって糖分を摂取しなければなりません。

仔犬のエサは専用のものを与えてさらに1日4~5回に分け、
1回の分量を少なく与えるのが低血糖症を防ぐための対策です。

1回の食事で少量を与えることは消化を助けるためだけではなく、
糖分を定期的に補うためにも効率が良いのです。

こんなことを言うと、少しずつ食べて太ったりしないのだろうか?
と言う意見があると思います。

確かに太ることは犬にとっては良くないので心配する気持ちはわかります。
けど、1日1回の食事スタイルや適当な量を与えることに比べたら
遥かに効率は良いし、低血糖症を防ぐことができます。

また、犬の体が冷えるとエネルギー消費が増え、
血糖値が低下することもあるので、冬場は部屋の中を
適温に保つようにしましょう!

愛犬の低血糖症を防ぐために最も効率が良いエアコンの温度は
27~28度です!

あれ?この温度は地球温暖化を防ぐためにも
一番効率が良かったような気がするな。
全ての生き物のためにはこの温度設定にするのがいいんだな。




犬が低血糖症になった時の対処法は?




気をつけていたけれど、犬が低血糖症になってしまった時に
まずやるべきことは糖分の補給です。

ブドウ糖を水で溶かしたものを舐めさせます。
ない場合には、ガムシロップや砂糖水、蜂蜜でも代用できます。




まとめ








今回は犬の低血糖症の原因と対処法について書いていきました。


人間は空腹になったときに食べた方がいい。とされていますが、
犬は全く反対で空腹の状態が続くと良くないので戸惑いますよね。
犬は人間よりも成長は早いと言われています。

特に犬の1年は人間の4倍の速さと言われているのに対して、
犬は体が小さいので、機能面が十分発達していないので病気になりやすい。
年齢は大人でも、体がまだ子供のままなんですね。

やはり犬はいつになっても目が離せないんだなと思いました。
それがまた可愛さにつながるんですよね。

グッタリしていると言うと、どうしても夏バテをイメージしてしまいますが
低血糖症の可能性があることがわかりました。
子犬を飼っていると低血糖症になりやすいので糖分をすぐに飲ませられる
準備が必要だと思いました。
だって一瞬を争いますからね。




以前にこんな記事を書いています。
こんな症状が見られたら低血糖症かも?
・人間だけじゃない?犬の低血糖症とその症状とは?




ポカリスエットのペット版がありますが、いざという時に備えておけば
低血糖症になってもすぐに対処できます。
→【飼い主さん必見!!】ペットの水分補給はこれ一択だ!



ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す