犬は赤ちゃんにもやきもちを焼く?どんな対処法をするべきか?


あれ?もしかしてやきもち妬いてる?

飼っている犬に対してそう思ったことはありませんか?

犬だってやきもちを妬くのです。

愛犬にやきもちを妬かれるなんて
飼い主さんからしたらちょっと嬉しく思うかもしれません。

しかし、犬にとったら寂しくて悲しくて行き場のないストレスの種。
そんな思いをするわんちゃんがふえないよう、
きもちの原因や解決法を見て行きましょう!

群れでの生活をおびやかすものは敵だ!

犬はもともと群れで暮らす生き物です。
群れにはリーダーが存在し、その下にはきちんとした順位関係が確立され、
その社会の中で生きてきました。

犬たちはこの群れの中で社会的に重要なつながりを守るために、
自分の社会生活を脅かすライバルが現れると威嚇したり
排除したりしようとしてきました。

昔から、やきもちや嫉妬という感情は
人間以外の動物には難しいと考えられてきましたが、
犬たちはこうやって嫉妬心と「構ってほしい」という行動を
発達させた可能性があると考えられるようになってきました。

つまり、犬も人間と同じようにやきもちをやいて、
悲しんだり怒ったりするのです。

私のことが大好きなんだな、
なんて喜んで放っておいていけません。
実は犬のやきもちは飼い主にとっても
大きな問題につながっていく可能性があるのです。




犬はどんな時にやきもちを焼くのか?








具体的にどんな時に犬はやきもちを焼いてしまうのでしょうか。




散歩中のやきもち




散歩をしていると飼い主さん同士のコミュニケーションが広がりますね。

と同時に犬同士も仲良くなると飼い主さんは、お友達の犬に
おやつをあげたり撫でることがあると思います。

そんなとき、そのお友達の犬に対してうなったりかみつこうとしたり、
おやつをムキになって横取りしようするし、
相手のことをかんでしまう犬もいます。

それは、愛犬が他の犬に飼い主さんをとられると思って
やきもちを妬いているのです。




新しい家族が増えた時のやきもち




たとえば二匹目の犬を迎えた時や猫など他の動物を飼った時、
さらには飼い主さんに赤ちゃんが生まれた時などもそうです。


犬はやきもちを妬くと飼い主さんがかまっている
犬やねこに攻撃したり、赤ちゃんにうなったりして飼い主さんの

気を引こうと吠えたりします。

新しい家族が増えると、飼い主さんはつきっきりになってしまいます。

新しい家族にとっては初めての環境のため、気にかけて多くの時間を
割いてあげることは大切ですが、


最初からずっと家族だった犬からしたら、
慣れるまではちょっとがまんしてね。
なんて理屈もわかるわけがありません。

いきなり部外者が現れ家に陣取り、
さらには後から来たくせに
飼い主さんを独り占めしている…


犬にとってまさに新しい家族は
自分の社会生活での立場を脅かす敵なのです。


たとえ敵と認識しなくとも、
先住犬として飼い主さんの愛情を
一心に受けていたのに、

いきなり放置されたり
素っ気なくされたり
気にかけてくれる時間が減ってしまったりなんて、


犬にとったら心が千切れるような思いでしょう。




家にお客様が来たときのやきもち




来客があった時も、飼い主さんは普通に接しているつもりでも、
犬からすると飼い主さんを赤の他人に取られた!という気持ちになり、
機嫌がものすごく悪くなったり、吠えたりすることがあります。


他には彼氏や彼女、旦那さんや奥さんにまで
やきもちを妬いてしまい2人の間に割って入ろうとする犬もいれば、
飼い主さんがよく使うもの、例えばリモコンなどに
やきもちを妬いて壊してしまうような犬もいるようです。


子育て中の母犬の場合、かわいいはずの自分の子供に
やきもちを妬いてしまい、育児放棄をしてしまうこともあるそうです。




犬がやきもちを焼くとどんな問題がある?








犬がやきもちを妬くとどんな問題がおこるのでしょうか。

犬のやきもちは犬自身にも飼い主さんにも
様々な悪影響を及ぼします。




ストレスがたまる




まずやきもちを妬くとストレスが溜まります。

やきもちを妬いた後に落ちこみ、それが長引くと食欲不振になったりして、
精神的にも肉体的にも弱ってしまいます。

人間だって彼氏彼女にやきもちを焼き続けてストレスをため込んでいると、
食事が喉を通らなくなっていきますよね。

犬は、ストレスが溜まるとイライラして床を掘るしぐさをします。

部屋中で砂を掘るしぐさをいつまでもやり続けるときは、
やきもちなどによる怒りのぶつけどころがなく、
ストレスが溜まっているときです。

犬は、怒りが溜まってくると走りまわることによって
エネルギーを消費しようとするのですが、

室内で飼われている場合は、走り回ると飼い主に怒られると
分かっているためストレスや怒りを床や絨毯などに当てているのです。

やきもちには不安がつきもの。


つまりやきもちを妬いているのを
放っておくということは、大切な犬を常に
不安な状態に置いて精神的に追い詰めているのと同じです。

精神が不安な状態では犬は長生きできません。
長生きどころか幸せに生きることもできません。




問題行動を引き起こす




やきもちを妬いた犬は飼い主さんにもう一度、自分だけを
見てもらおうとアピールするために、必死にいろいろな問題行動を
起こし始めます。




・いままでちゃんとした場所で

トイレをしていたのに、

わざといろいろなところに

うんちやおしっこをするようになる




・無駄吠えが増える




・クッションやぬいぐるみを振り回して

噛みちぎったり投げ飛ばしたり

中のわたをまきちらす




・ソファーや壁や床を引っ掻きまくる




・飼い主さんの言うことを全く聞かなくなり、

おすわりや待てなどの簡単な指示も聞けなくなる




・飼い主さんの匂いがいっぱいついた靴や洋服をボロボロにする




このような行動は全部やきもちによって引き起こされる問題行動の例です。




こういうことをすれば飼い主さんが
怒って絶対にきてくれるということを知っているのです。




どんな形でもいいから、
飼い主さんに構ってもらおうと必死なのです。

構ってもらいたいがために起こす問題行動が、
手に負えなくなって、犬を手放すことになるという悲しいことも

実際に起こっています。




そんなことにならないためにも

一刻も早く対策を考えるべきですよね。




やきもちを妬く犬への対処法




もしかしたらやきもちを妬いているのかも!
と思ったら飼い主さんはどのように愛犬と接すればよいのでしょうか。








静かに叱る・無視をする




やきもちから生まれる問題行動は
飼い主さんに注目してもらうためにやっているので、
基本は無視するか静かに怒るようにします。

やきもちを妬いている犬にとっては 叱られて構ってもらえることは、
自分のことを見てくれた!
かまってくれた!というご褒美のようなもの。

そのため、飼い主さんが大声で怒ったりバタバタ慌てたりすると、
構ってもらえたという勘違いにつながり逆効果になってしまうのです。


悪いことをしたときに毎回飼い主さんが反応すると、
悪いことをすれば構ってもらえるんだという間違った考えが
犬の中に根付いてしまいます。


すると問題の行動が治まることなく、
極力無視して黙って対応するように
しましょう。

やきもちを妬いて吠えている犬に対して
口輪などをつけるという対処法は、
根本的にはなんの解決にもなりません。


構ってほしいから吠えているのに
それを力づくで辞めさせたらわんちゃんは
感情を表現できなくなり、
さらにストレスがたまり飼い主さんとの関係は
悪化していくばかりです。


大切なものを噛みちぎられたり、おしっこやうんちで家の中を
めちゃくちゃにされたり、吠え続けられたり。

飼い主さんにとっては大声で怒りたくなってしまいますが、
やきもちによる問題行動は無視するのが一番効果的だということを
わすれないでください。




叱った後問題行動をやめたら必ず褒める




叱るか無視するといっても、
叱りっぱなし・無視しっぱなしではダメです。

いいことをしたときには、しっかりほめてあげることが大切です。
吠えるたり唸ったりするのを辞めたとき、
静かにしているときなどは
それを当たり前だと思わずに、大げさなくらいの表現で
褒めてあてください。

犬だって、飼い主さんに怒りながら構ってもらうより、
褒められることによって構ってもらう方が嬉しいし幸せだと気づくでしょう。

何より飼い主さんが喜ぶことが犬たちにとっての
生きがいなのですから。




優先順位を間違えない




もし犬が新しい家族が増えたことにより
やきもちを妬いているのであれば、
普段の生活の中で必ず先にいた犬を優先してあげるようにしましょう。

ご飯やお散歩、おやつや遊ぶときなど、
先にいたわんちゃんから始めてあげて、あなたは先輩なんだよ、

今までと変わらない地位にいるんだよということに気づかせてあげるのです。

そうすればやきもちも緩和して安心するかもしれません。

小さい頃から飼い主さんの愛情を独り占めして
かわいがられて育ってきた犬は
特にこういった問題を引き起こしてしまう事が多いようです。

犬にとってご主人様は私のもの、
という意識を持たせないようにするためにも、
あまりにもいつでも一緒で
ベタベタするような関係にならないように、
メリハリをもって接することも大切です。




まとめ








犬も、人間と同じように嫉妬心があり、喜怒哀楽を持っています。

愛犬のひどいやきもちによる問題行動には飼い主さんも
困ってしまうと思いますが、飼い主さんが大好きだからこそ
やきもちを妬いてしまうのです。

犬の気持ちをしっかりと理解してあげて、嫌いになったわけじゃないんだよ、
大好きだよという気持ちを日々ちゃんと愛犬に伝えてあげることが大切です。


スキンシップをとり、必要な運動をさせて話しかけて、
家族の一員であることを伝える。

間違っても家族の輪から外れるような孤独感を与えるようなことが
ないようにしてあげることです。

犬にとっては、ご飯をくれて毎日お散歩に連れて行ってくれて
長い時間一緒にすごしている飼い主さんが全て。

大好きな飼い主さんに
喜んでもらうため人生ならぬ犬生をかけています。




わたしたち飼い主も犬の気持ちを受け止め、
全力で愛情を伝えてあげなければなりませんね。

愛情をたくさんかけてあげつつ、べったりしすぎず、
ちょうどよい距離を保ち、飼い主さんにとっても犬にとっても
幸せな生活を送っていきましょう!




犬のやきもちについて
こんな動画を撮りました。






ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す