私の家でやってるワンちゃんの抜け毛対策4つ

最初に

ワンちゃんって私たちが思ってるよりも毛が抜けます。

そりゃ、全身毛に覆われているんだから

そうなりますよね。

そして、季節の変わり目は

ワンちゃんにとっての換毛期です。

私たちでいう衣替えと同じで、

その季節に合った毛質に替えていきます。

なので、特に冬から春に移り変わる時期は

本当にビックリするぐらい毛が抜けます。

私の家でも掃除機をかけても、かけても、

どこからかワンちゃんの抜け毛が出てくる、出てくる。

せっかくした掃除が全く意味を成してない。

悲しくなりますよね。

そこで我が家でやっている

ワンちゃんの抜け毛対策を4つ紹介していきたいと思います。

 

ブラッシング

まずは何よりもブラッシング!!

これはワンちゃんの皮膚のメンテナンスのためにも重要です。

いらなくなった毛をいつまでも放置されていると

毛玉になってしまったり、

皮膚が蒸れて炎症をおこしてしまいます。

実際、我が家のワンちゃんのブラッシングを怠り、

皮膚炎おこさせちゃいました。

皮膚炎をおこすと、

ワンちゃんも痛痒いですし可哀想です。

そうならないためにもブラッシングしてあげましょう。

ブラッシングの回数は毎日してあげてください。

と言いたいところですが、

なかなか毎日と言われると難しいですよね。

なので、週に3回〜4回、

最低でも週に一回はブラッシングをしてあげましょう。

 

ブラシに関しては

短毛種の場合はラバーブラシや

豚毛ブラシで柔らかい素材のものが適しています。

また、温タオルで拭いてあげるだけでも充

分抜け毛がとれます。

 

長毛種に関してはスリッカーブラシがオススメです。

抜け毛をとるのにとても良いのですが、

一つ注意していただきたいのが

ピンが尖っていることです。

強くブラッシングをしてしまうと

皮膚を傷つけてしまうので、

力加減を自分の手の甲で調べてからしてあげましょう。

また、スリッカーブラシには

ピン一本一本に

ラバークッションのついたものも

販売されているのでそちらを使うのもひとつです。

 

ブラッシングは

ワンちゃんとのスキンシップの1つにもなります。

気持ちよくブラッシングしてあげると

ワンちゃんも嬉しくて自分からお腹を見せてきたり、

背中をしてほしくて伏せした状態で

大人しくさせてくれますよ。

ちなみに我が家のワンちゃんは

ブラッシングしてると気持ちよくて、

ブラッシングしてほしいところをおしつけてきます。

可愛いですよね。

 

ファーミネーター:長毛種限定

「ファーミネーター」

もう、名前からしてカッコイイですよね。

こちら、思いっきり商品名なんですが、

かなりの優れもの。

最強のブラシです。

これはすごいですよ。

不必要な毛のみを削ぎ落とす

という技を持ったブラシです。

値段はなかなかお高めですが、

一本あれば永遠に使えるので持っておいて損はないです。

種類としては短毛種用と

長毛種用や

大きさもSサイズの小型犬用から

XLサイズの超大型犬用まであります。

ちなみにネコちゃん用もあります。

個人的には長毛種のワンちゃんが使うのがいいと思います。

短毛種には皮膚への負担が心配それるので、

先ほど話したブラシで十分です。

 

使用方法としては

普通のブラシと同じように

ブラッシングすることで抜け毛を処理してくれます。

このブラシ、他のブラシと大きく違うのは「

不必要な毛を抜く」こともしてくれるんですね。

いわゆる抜けそうな毛も一

緒に絡みとってくれる構造になっているんです。

すごいですよね。

ただ、気をつけてほしいのが

力強くブラッシングしないこと!

このブラシの刃は尖っているので

強くブラシすることで皮膚を傷つける恐れがあります。

あくまで優しくブラッシングしてあげてくださいね。

ファーミネーターを使うことで

ゴッソリ抜け毛がとれるので、

時間の短縮にもなりますし、

何よりもあまりにも気持ちよく抜けるので

飼い主的には快感ですね。

ぜひ体験してみてください。

一度、使えばハマること間違いなしです。


 

お風呂

シャワーで洗い流すことだけでも

十分、抜け毛はとれます。

臭いや汚れが気になったときは

シャンプーもしてあげるのがいいですが、

抜け毛の為ならば、

シャワーで洗い流したり、

湯船に浸かるだけでOKです。

その時に指を使ってマッサージしながら

ワンちゃんをなでてあげると

血行が良くなり、

さらに効果がありますよ。

我が家のワンちゃんは

これが大好きですぐにお腹を見せてきます。

逆に過度なシャンプーは

ワンちゃんの皮脂を取り過ぎてしまい、

乾燥してしまい皮膚炎をおこしてしまうことがあります。

シャンプーの目安としては

早くても月に1回程度で十分です。

どうしても臭いが気になる場合は

温タオルで拭いてあげるだけでも効果がありますよ

 

サマーカット(長毛種限定)

ブラッシングも

ャンプーもなかなか面倒くさいというあなた。

最終手段!

サマーカットと言われている毛刈りです。

私たちでいうなら、

いわば坊主ですね!

あ、もちろんトリミング施設へ行けば

オシャレにカットしてもらうことが出来るのでご安心を。

毛を刈ってしまうことで抜け毛はかなり少なく感じます。

我が家には

ロングコートのチワワちゃんがいるのですが、

家で毛刈りしてみましたよ。

ワンちゃん用のバリカンで思い切って刈りました。

結論から言いましょう。

綺麗に刈るのはかなり難しいです。

見た目を気にしない我が家は十分気に入っていますが、

なんとも面白い姿になってしまいました。

やはり素人が切るのは

失敗やワンちゃんにケガをさせてしまう恐れがありハイリスクです。

お金がかかってしまいますが、

プロに切ってもらうのが一番かもしれませんね。

なんといっても可愛く切ってもらえますよ。

最後に

実際に我が家でやっている抜け対策を紹介させていただきました。

もちろん、

ズボラな私は今回、

サマーカットを選びました。

プロにお願いせずお家でしましたが、

子犬のような見た目になり、

可愛くなりましたよ。

何よりも本当に抜け毛が少なくなりました。

ワンちゃんのクッションが

前は毎日毛だらけでしたが

今はほぼついてないです。

そして、

暑くなる季節には

ワンちゃんにとっても熱中症対策にもなり、

皮膚を清潔に保つことがしやすくなり、

一石二鳥にも三鳥にもなりました。

あとは週に1回ほど、

温タオルで身体を拭いてあげることで

さらにスッキリしますし、

ワンちゃんも温タオルがお気に入りになりました。

もちろん、

全く抜け毛をゼロにすることは出来ないので、

週に1回、温タオルで拭いてあげてます。

ワンちゃんも気持ち良く過ごせ、

飼い主も抜け毛のストレスフリーになりました。

ぜひ、お家の子に合わせた抜け毛対策をお試しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す