犬のしつけを社会化期に始める理由とは?成犬になったら手遅れか?


我が家に犬がやって来た♪
これから犬と生活するためにも
「しつけが肝心って聞くけど、
いったいいつからしつければいいの?」

犬のしつけは仔犬の時が肝心ってよく聞くけど、
あんない小さな体で一生懸命生きる姿に、叱れない・・・
そう思ってしまうのは、私だけではないはず。

我が家がお迎えしたのは成犬だった!!
生後1年が勝負って聞くけど
「しつけはもう遅いのかな??」
と犬を家族に迎えた人はとても気になるところですよね?
今回は、『犬のしつけはいつからが良いのか?』に付いて
お話したいと思います。




犬の成長には5段階ある








犬には5つの成長過程があります。




  • 新生児期    生後~約14日頃
  • 移行期    約14日~約20日頃
  • 社会化期    約1ヶ月~約3ヶ月
  • 若齢期    約3ヶ月~約12ヶ月
  • 性成熟期    約7ヶ月~



この中でもっとも大切なのは社会化期若齢期です。




テレビなどで、しつけが出来ていない
問題犬特集の番組をみなさんも
見たことがあると思いますが

実は犬が問題なのではなく、
飼い主さんの問題なのです。

確かに、犬種・遺伝による気性もあり、
大人しいといわれる犬種の中にも
遺伝による気性の荒さをもっていて
しつけにくい犬がいることも確かです。




ですが社会化期と呼ばれる生後1ヶ月から12ヶ月の
過ごし方が犬の性格を決めるとても肝心な時期です。




犬のしつけを社会化期にする理由とは?




復習になりますが、社会化期とは
生後1ヶ月~3ヶ月の頃です。

社会化期になると犬の目や耳が発達して
周りの世界と継がり始めます。

周りの犬と触れ合い、
犬社会に適応する大切な時期でもあり、
自分が居る環境を知る大切な時期です。
そのためにしつけをするにも最適です。




そして、3ヶ月~12ヶ月の間が
若齢期とよばれる時期なのですが、
この頃になると初めての出来事に対する興味と
警戒心や恐怖心を覚えるようになります。

つまり社会化期は好奇心旺盛な性格。
若齢期は恐怖心を抱く性格ということです。
だからこそ犬のしつけは社会化期にするべきです。

好奇心旺盛な時期の方が吸収も早いと思いませんか?




社会化期にしつけをすることで、身体の成長や運動機能が発達し、
環境に適応することを学び性格が形成されていきます。




逆に社会化期に周りの世界から引き離されると、
外の情報を何も知らない、とても臆病でしつけどころか、
信頼関係を気づくことさえも難しくなってしまうのです。

社会化期の過ごし方は
本当に大切ですね。




社会化期にやることは、
抱っこして散歩して外の世界を見せてあげることです。
具体的にどんなことを経験させるべきかを
まとめておきます。




  • 風の匂いを嗅がせてあげる
  • 家族以外にも人が居るんだよと見せてあげる
  • 家族以外の声を聞かせてあげる
  • 車の音など家では聞かない音を聞かせてあげる
  • 他にも犬が居るんだと姿をみせてあげる
  • 他の犬の声を聞かせてあげる



犬がストレスに感じない程度に広い世界を見せたり
感じさせることが大切です。




そして、社会化期の犬は
「えっ?それが怖いの??」というモノでも
初めてみるのでとにかく怖がります。




嫌がっているからと、
目に見えないところへ隠すのではなく、
犬自身の力で克服できるように
興味と好奇心と恐怖と緊張を
体験させることが社会化です。




社会化期を過ぎたらしつけは不可能?








結論から話すと、社会化期を過ぎても
しつけをすることは可能です。

ただし、しつけをするときに
根気が必要になるのは事実です。

なぜ、社会化期を逃すとしつけがしにくいのか
答えは犬と飼い主さんの関係にあります。




仔犬の時にしつけが出来なかったのは、
飼い主さんの注意の仕方では、
犬に伝わらなかったからではないでしょうか?




ということは成犬になっても、注意の仕方が同じでは
結果も同じになると思いませんか?




「うちのこ、ダメって言っても聞かないのよ」




という言葉を聞くことがありますが、
飼い主さんが社会化期だった犬に言った『ダメ』といった言葉。

この社会化期の時期のワンちゃんの理解が
『褒められた!!』と受け取っていたとしたら???




飼い主であるあなたが辞めてほしいと
一生懸命言った言葉が犬にとっては、
目一杯褒めている状態になっているかも。




特に女性は声が高いので、
どんな言葉でも褒めてくれている。


自由にしてくれていると感じた社会化期の犬は
ちょっとワガママになっているかもしれません。




つまり、主人ではなく友達、
または自分より下だと認識しているかも。




繰り返しますが、成犬でもしつけは可能です、
そのためには、飼い主さんがしつけ方を学ぶこと
しつけの方法を変えることが大切なのです。




まとめ








犬のしつけをするなら
周りのことに興味を持ち始める
3ヶ月~12ヶ月の社会化期にするべき。




その理由はとても好奇心旺盛な時期だからです。
この時期に他の犬に慣れさせたり、
人間に慣れさせたり、いろんなモノに慣れる様に
外の環境を教えてあげることが必要です。




そして自分の言葉や行動が犬に、
ちゃんと伝わっているのかを
確認しながら教えてあげると良いです。




もし、社会化期を過ぎてから迎えた場合でもご安心ください。
成犬からでも遅くはありません。

今現時点で言うことを利かないのは、
叱っているつもりの言葉やトーンが、
犬にとっては褒められていると
勘違いさせている可能性があります。




ですが飼い主さんが悪いわけではありません。
しつけの方法が間違っているから言う事をきかないのです。

その方法をいくら続けても結果は変わりませんし、
何よりも犬が可哀想です。
せっかく飼い主さんと仲良くしたいのに、
全然仲良くなれない。

そう思わせてしまっているのです。
せっかく家族の一員として迎え入れたにも
関わらずです。

一生懸命努力しているのに
お互いの距離がどんどん開いていくなんて
もったいなくないですか?

正しい努力をすれば必ず結果は変わります。
なので今やるべきは正しいしつけ方法を学ぶ事です。

僕のメルマガではどんな犬種にも使える
しつけの方法を限定公開しています。

今なら無料でプレゼントも用意しています。
→プレゼントを今すぐに受け取る







さらに社会化期における飼い主の心構えについて
動画を撮りました。














ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す