犬が風邪を引いた時の症状とは?感染予防と対処法も書いてみる

犬も風邪をひいてしまうことが
ありますが、どのような状態の時に
風邪をひいているのか
分かりにくいという悩みがありました。

犬の場合は体調が悪くなると、
弱ったことをみせないように
隠そうとしてしまいます。

そのため、風邪をひいている事に
気付かない事も多いのではないでしょうか。

我が家の犬は、
犬に詳しい方にアドバイスをもらいながら
飼うことができていたため、
体調の変化には気を配っていました。

そのため、大した風邪をひくことなく
元気に過ごすことができていました。

風邪が酷くならないよう
早めに気付くことができると
悪化を防ぐことができると思います。

そこで我が家で行っていた、
犬が風邪をひいたときの症状と
確認箇所について紹介させて頂きます。

犬って風邪を引くの?

そもそも犬は風邪を引くのか?
ということですが、犬も風邪をひきます。

人間が風邪を引くのと同じように
ウイルスや細菌から感染して、
咳やくしゃみなどの
症状を引き起こします。

しかし、犬の場合には風邪という病名は
ありません。

ウイルスや細菌から感染して
鼻や喉に炎症が見られる感染症を
総称して呼吸器感染症と呼ばれます。

この呼吸器感染症の中で代表的なものが
ケンネルコフという病気です。
通称、犬風邪とも呼ばれています。

犬の風邪ケンネルコフはどんな病気なの?

ケンネルコフは様々なウイルスや細菌が、
単独あるいは組み合わさることよって感染します。

主なウイルスや細菌には次のようなものが
あります。

・パラインフルエンザウイルス
・犬アデノウイルス2型
・気管支敗血症菌
・犬ヘルペスウイルス
・マイコプラズマ

これらのウイルスや細菌が単独の場合には
比較的軽い症状ですが、
組み合わさった場合には
重度な症状が現れます。

犬の風邪ケンネルコフの感染の流れ

ケンネルコフに感染した
犬がくしゃみをしたり
その鼻水を吸い込むことで
ケンネルコフに感染します。

ケンネルコフは感染力が強いので、
犬が多頭飼育されている状況では
広がりやすいです。

例えば多頭飼いしているお家や、
ペットショップはもちろん、
ペットホテルや、ドッグランなども
たくさんの犬が集まっているので
感染しやすい環境です。

ただしケンネルコフは
人には感染しません。
看病しても問題ないのでご安心ください。

それから、ウイルス感染に
深く関わっているのが免疫力です。
人間が風邪を引くときも
免疫力が下がっている時です。

免疫力が下がる要因として、
体温が下がることが挙げられます。

例えば、髪を洗った後に
すぐ乾かさなかったり、
雨に濡れてもそのままでいたりすると
風邪をひきやすいです。

これは寒さにより免疫力が低下して、
ウイルスに抵抗する力が
なくなった結果風邪をひきます。

これと同じことが犬の場合にも
当てはまります。
人間と同じように体が冷えると、
免疫力が低下し、
ウイルスに感染しやすくなります。

特に免疫力の低い子犬や高齢犬の場合には
より注意が必要ですね。

犬の風邪の症状1 鼻が乾いたり、鼻水が出る

ここからはケンネルコフの症状以外にも、
風邪が疑われる症状を書いていきます。

まずは鼻についてです。

犬の鼻は普段濡れている状態です。
寝ている時や寝起きの状態では
乾いていることもありますが、
乾いた状態が続いている場合には
体調が悪いかもしれない
という話を聞きました。

我が家では犬の体を触ったりしている際に
時々鼻の状態を確認していました。
調べてみると、犬の鼻が乾いている時は
風邪ではなく、
脱水や熱中症が疑われるそうです。

風邪と直接的な判断は出来ませんが、
風邪をひくと2次的に
脱水になることもあります。

体調が悪化しているかの判断をする際には
鼻が乾いてしまっているのも、
大事なポイントです。

鼻水が出ている際は、
風邪をひいている可能性があります。

特に水っぽい鼻水の場合は、
アレルギーや鼻炎など一時的なものなので
まずは経過を見た方がいいと教えてもらいました。

実際に我が家の犬も、
水っぽい鼻水が出たことがありましたが、
症状が落ち着いたので
病院に行くことなく過ごせました。

ただし黄色くて粘ついているような
鼻水が出ている場合は、
病気にかかっている可能性が高いので
早めに病院に連れて行く必要があります。

犬の風邪の症状2 目ヤニや充血が見られる

目だけで風邪という判断は
しにくいのですが、
一番見えやすい体の部分でもあるので
気付きやすい場所の1つだと思います。

風邪をひいた場合には、目ヤニが出たり、
充血や涙が出ていたりする時があります。

我が家の犬の場合は
目が充血していた時がありました。

後から気付いたのですが、
目ヤニが出ていたりかゆい時は
自分で目をかいてしまい、
赤くなっていたようです。

目の状態がいつもと違う場合は、
他の体の違いや症状がないのか
一緒に確認すると良いかと思います。

犬の風の症状3 咳やくしゃみが出る

犬の咳やくしゃみなどは
風邪以外の症状にも
みられると思いますが、
人と同じように風邪をひいた場合にも
せきやくしゃみが出るそうです。

急にいつもと比べて呼吸が苦しそうな
症状がみられた場合には、
風邪をひいたかもしれないと
疑えると思います。

から咳をする場合にはケンネルコフの
疑いがあります。
興奮状態になったり、
運動をさせたりすると悪化するので、
安静にするのが完治への近道です。

逆に症状が悪化すると、痰が絡んだような
湿った咳をするようになります。

犬の風邪の症状4 食欲不振や嘔吐が見られる

食べることが好きな犬も多いと思うので、
食欲は体調の変化に気付きやすい
判断材料になるかと思います。

急な食欲不振や嘔吐などが続くようなら
体調が悪いことも考えられます。

体調が悪くて戻してしまう時は、
食べ過ぎたりした時と状態が違い
ぐったりとしていたり、
いつもと様子が違います。

我が家の犬は体調が悪くても
食欲だけは衰えることなく、
特に嘔吐もしなかったからこそ
元気に長生きできていたのかと思います。

食欲がなくなったり嘔吐が続くと
体力も免疫も落ちやすくなるので、
特に注意してあげると良いと思います。

犬の風邪の症状5 下痢など排泄物に異常が出る

人間も風邪をひいたり
胃腸の調子が悪くなると
下痢をしてしまうことがあるように、

犬も風邪によって下痢になってしまう
といった症状があるようです。

先ほどの食欲も大切ですが
食べても十分に食べ物を消化出来ずに
下痢などで排泄されてしまう場合も
同様に脱水になりやすくなり、
体調が悪化してしまうことも考えられます。

犬の風邪を予防するには?

風邪の予防には2つの方法があります。

・ワクチンを接種すること
・ウイルスとの接触を避けること

ウイルスとの接触を避けるためには、
当たり前のことですが、
清潔にすることです。

特に犬が触れるケージや食器や布団なども
消毒を行って清潔を保つ。
また犬に触れた後も、
手を洗い清潔にする。

わかりきった単純な方法ですが
一番効果があると
思います。

風邪と診断された時の対処法は?

もし犬風邪の診断を受けた場合には、
人間と同様にしばらくの安静が
必要と思います。

特に咳をしている場合には、
気道内の炎症を悪化させてしまう
可能性があります。

安静にする上での注意するポイントを
書いていきたいと思います。

・運動は避けて、興奮させないようにする
・換気して部屋の空気をきれいにする

・適切な温度管理をする
室内の気温は20℃前後、
湿度も50〜60%を保つ

・人用の風邪薬は飲ませない
犬に人が飲む風邪薬を与えると、
消化器症状や腎不全などの
中毒症状を引き起こす

まとめ

犬が風邪をひいたときの症状として、
1.鼻が乾いていたり鼻水が出てないか
2.目ヤニや充血などの症状はないか
3.咳やくしゃみなどはしていないか
4.食欲不振や嘔吐などはないか
5.下痢などの排泄物に異常はないか

以上が、犬の風邪症状が疑われる時に
確認する箇所5選です。

人と同じように犬も
風邪をひいてしまうことがありますが、
犬の場合は
体調の変化に気付きにくかったり
人よりも悪化してしまう場合もあります。

もしも風邪でなかったとしても、
まずは体調の変化に気付いてあげられると
いいのかなと思います。

人の風邪と犬の風邪では
ウイルスが別なので
お互いにうつしてしまう事は
ないそうです。

そのため安心して
面倒をみてあげれると
いいかと思います。

特に子犬や老犬など免疫が弱い子は
風邪にかかりやすいです。

犬は人間のようにうがいや
手洗いは出来ませんが、
健康的な食事をとったり、
睡眠や排泄などがしっかり行える環境で
風邪をひかないような対策が
できると良いのではないでしょうか

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す