犬が散歩中に引っ張るのは歩き方を知らないから?


こんにちは。
ゆっきーです。

今日は散歩中の引っ張りについて
話していきたいと思います。

早速ですが動画です。









結論から言えば勘違いしてるので
それを正しい方法へ導いてあげれば
散歩の引っ張り癖は直ります。

歩き方を勘違いしているのは
すごく可哀想な状態です。
犬も決して無理やり引って歩きたくは
ないはずです。

なので正しい歩き方を教えて
あげる必要があります。

引っ張り癖を直しておけば
問題行動は起こりにくくなります。
飼い主の言う事を聞くので
当たり前ですが。

逆に引っ張り癖を直さないと
リードが絡まって怪我する可能性も
あります。
怪我の程度によっては、仕事にも
影響が出ることもあると思います。
もし、そうなった場合には長期的に
散歩に行けなくなり、犬はストレスを抱えて
さらに問題行動を起こすようになる。
このような悪循環になってしまいます。

犬の好きなように行動させると
他の人に吠えたり、噛み付いたり
他の犬と喧嘩になることもあります。
近所トラブルにもなりかねないですね。

今のように勘違いしたまま
放置することはとても危険です。
直し方のコツとしては、
飼い主が自由に歩くことです。
飼い主の散歩について来させると言う
イメージです。

僕は下記の動画でも飼い主主導で遊ぶべきと
言っていますが散歩もまさに
飼い主主導でするべきだと思います。









散歩の時にはリードをつけると思いますが、
リードの使い方を僕は勘違いしていました。
そもそも正しい使い方があるなんて
知りませんでした。
自分で忘れないために動画に残しておきます。






ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す