犬は叱っても問題ない!ただし1つだけ守るべきことがある?


こんにちは。
ゆっきーです。

今日もしつけについて
書いていきたいと思います。

しつけをしていると
うまくいかない事ってあると
思います。

例えば、呼んでいるのに来ない
お座りと言っても座らない。
待てと言っているのに
動いてしまう。

いつも順調というわけには
いかないと思います。

そんな時の心理として
「犬に嫌われないかな?」
「叱ってしまって良いのかな』
などと考えてしまう事は
ありませんか?


今日はそんなときの
対処法のような話です。









結論から言ってしまうと
叱ることは問題ありません。
間違った行動をした場合は、
どんどん叱らないと舐められます。

叱らないと悪いことばかりです。

叱らないと犬はどんどん
間違った方へ理解していきます。
飼い主の声よりも
自分のやりたいこと、
いきたい場所、
気になるものへと
気持ちが向いてしまいます。

飼い主さんの優先順位が
どんどん下がってしまうのです。

こうなってしまうと
立て直すことは困難になります。
今のうちに叱って正しい方へ
導いていくことが飼い主の仕事です。


そして正解を教える必要性について
動画の中では話していますが、
具体的にはどうやるのか。

ここでいう正解とは
正しい行動です。
飼い主が望む行動ですね。

だけど、言葉もわからないのに
どうやって正解を教えるのか?
という疑問があると思います。


そんなときには「音」を使います。
言葉が分からないけど
「音」ならわかりますよね。
なので正解は「音」で教えます。
ちなみに音で教えるには
「クリッカー」という道具を
使うと効率的に教えることができます。




クリッカーを使ったしつけについては
こちらの動画で話しています。






ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す