犬はとてもきれい好き!トイレは専用の場所を用意するべき


こんにちは。ゆっきーです。
今日はトイレのしつけについて
書いていきたと思います。

まず今日一番言いたことは、
トイレのしつけには
一体型のケージはいらない
ということです。

そもそも、犬という動物は
自分寝床を汚さない
という習性があります。


なぜかというと、
糞などの排泄物が落ちていると、
外敵に居場所が知られてしまうからです。

食糞をするのも、
居場所を知られないため
という理由があるそうです。

なので自分の寝床に排泄をするのは
極端に嫌がります。

一体型のケージではなく、
専用にトイレを用意してあげることが
しつけの第一歩だと思います。

動画も撮ったので是非聞いてください。









一体型ケージを使っていると
ケージの中ではできても、
室内でフリーにして飼った時に
トイレができなくなる事があります。

トイレの場所がわからないから
できなくなるのは当然ですね。

むしろ困っている状態
といったほうがいいかもしれません。

トイレどこ?トイレどこ?
という風に探しているのです。




室内のトイレの場所を教えるには
トイレ専用のケージを使うといいです。
犬は寝床とトイレは
きっちり分ける性格なんですね。




僕も過去に犬を飼っていましたが、
トイレと寝床を分けられていなかったなぁと後悔しています。

トイレに行きたくなると
不安そうな鳴き声をしていたことを
思い出します。

クゥーン。クゥーンといった感じに
不安な声を出しながら
周りをキョロキョロしたり、
くるくる回ったり
家の人を呼ぶように
吠えたりすることがありました。

ここでは排泄したくないということを
伝えたかったんだなと
今では理解できますが
当時はお腹が痛いのかな?
くらいに思っていました。

もし、自分の寝床と排泄場所が
一緒だとしたら発狂しそうですし、
絶対に嫌ですね。

可哀想な思いをさせていました。

トイレと寝床は
一緒にしてはいけないと知りました。


トイレのしつけについてはこちらの
動画もぜひご覧ください。






ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す