犬の扱いに苦労していたけど、今では犬の習性や本能について人に話せるようになった。

こんにちは。ゆっきーです。
今日はこんなタイトルで
話していこうと思います。

現在の僕は、
犬のしつけについて
学んだ知識を活かして
会話ができるようになりました。

例えばYoutubeでセミナーをしたり、
実際に飼い主の方と話すことで
自分のしつけに関する知識は
間違っていないんだと
自信が持てるようになりました。

そのおかげで話すことが楽しくなり、
Youtubeの動画コンテンツの数は
100個ほどになってきました。
チャンネル登録者も出てきて、
自分の話も誰かの役に立っているんだなと
思うとすごく毎日楽しいです。

実際に話した方には
「なんでそんなに詳しいんですか?」と
言われることがありますが、
僕は学んだことをそのまま
話しているだけなんです。

なので、誰でも到達できるんですよね。

しつけに詳しい人が増えてくれると
犬が一緒に行ける施設が増えたりして、
すごく楽しい世界になると思っています。

おっと。
前置きが長くなりすぎましたが
それでは話していこうと思います。

しつけの知識はすごく興味を持たれる

僕は初対面の人に
犬のしつけ詳しいですと言うと
めっちゃ興味持たれます。

ちなみに僕は
実際に犬を飼っていましたが、
その時はしつけすらしていませんでした。

「えっ?」と思われると思いますが
これには理由があります。

それはしつけの事を知らなかったんです。

どうやってしつけをしたら良いのか?
どういう事を教えれば良いのか?
いつからしつけをしたら良いのか?
しつけをするには何が必要なのか?

何にも知らなかったのです。

もっと言うと、
しつけしなくても大丈夫でしょう
と思っていました。

そもそも犬は吠えるのが仕事だし。
噛むのも仕方ない。

そうやってしつけをせずに
甘やかして飼い続けたことに
すごく後悔しました。

だからこそ、
しつけというものを勉強したんです。

何も教えてあげられない
飼い主だったから。
可哀想な思いをたくさんさせていたから。

そして今はその知識を使って
飼い主さんにもしつけの楽しさを
伝えたいと思っています。

実際に、しつけの事を知っていると
すごく興味を持たれます。
それだけ困っている人が
多いって事なんでしょうけど、
他人には言いにくい悩み事
なのかもしれません。

しつけはノウハウよりも考え方が大事だとわかった

これがめちゃくちゃ大事な事実です。
僕はこの考え方を知れて良かったです。

ノウハウというのは、手法のことです。
やり方やテクニックと言うと
わかりやすいでしょうか?

このノウハウは
基本を身につけた上でこそ輝くのです。
なんでもそうですが基本は大事です。

例えば、日本語を理解するには
基本である50音が
分からなければなりませんよね。

数学の問題を解くには、
九九が分からなければ
先に進むことができません。

同じように犬のしつけにも
基本があります。
しかし、基本を教えてくれる人は
少ないなぁと思います。

ノウハウだけではなぜ
しつけがうまくいかないのか?

それはイメージができないからです。
文字や写真では、
うまく伝わらないのです。

例えば、以前しつけの本を読んでいたら
こんなことが書いてありました。

インターフォンに対して吠えるのですが、
どんな対応をしたら良いですか?
と言う質問内容でした。

この質問の答えが、
犬種ごとの性格に合わせて
対応しましょう。
だったのです。

これで伝わりますか?

これで読んだ人が
どんな対応をするかと言うと、
犬種を調べるわけですが、
答えにたどり着けるわけがありません。

すると結局また
ノウハウを求めてしまうのです。

僕はこれがすごく勿体無いな
と思うんです。
せっかくやる気があるのに。

ノウハウよりも、
考え方を身につけてもらいたいな
と思います。
どんな努力も、やり方間違っていたら
無駄になってしまうので。

しつけは態度と自信が試されている?

しつけは、リーダーが誰かを
教える役割もあります。

犬は、ご存知の通り
群れで生活してきた生き物です。
群れには必ずリーダーが存在します。

なので、常にこのリーダーに
付いて行っていいのか?

このリーダーは信頼できるのか?
を試しているわけです。

では自信を持ってしつけをするためには
どうするか?

それには勉強をする必要があると
僕は思います。
中途半端な知識では
自信を持つことが
できないと思うからです。

自信を持てるくらい詳しい知識というのは
今まで深く関わってきた分野だと
思います。

例えば、僕なら野球の事とか
バイクのことなんかは詳しいと思います。
逆に犬のしつけは
何にも知らない分野だったのです。

ここで
「いや、今まで飼ってから余裕だよ」
という変なプライドを持たずに
素直に学ぼうと思ったんです。

それが一番の近道だからです。
知らな事は、素直にその道のプロに学ぶ。
それが一番早いと思ったんです。

僕は全く自信を持って接することが
できていませんでした。

それは知識がなかったから
自信を持てなかったのです。

なので、リーダーとしては
認められていなかったんだと思います。

行動や態度が自信がなさそうに見えて、
この人にはついて行きたくないと
判断されたのでしょう。
自信を持ってやらないと
犬にも舐められてしまいます。

しつけについて僕は
勝手な先入観を持っていました。
・難しいもの
・プロだからできるもの
・やらなくても平気なもの
・やる目的はなんなのか?
・成長すれば勝手に身に付く

これらは全て僕の勝手な思い込みに
過ぎなかったのです。

しつけは誰でもできますし、
全ての犬に行うべきだと思います。
それは犬を飼うための最低限必要な
マナーだと思うからです。

もちろん、散歩中にフンをしたら
持って帰るとか
リードで繋いで散歩させることも
とても重要だと思います。

ですが、それらはもう当たり前の
レベルまで浸透していると
僕は思うんです。

もはや犬は家族の一員としての
地位にあります。
だからこそ、家族間のルールを
教える必要があると思いますし、
そのためにしつけが必要だと
考えています。

犬に舐められていた僕なんかでも、
しつけの勉強したら人に話せるようになりました。

つまり誰でも勉強すればできます。
しつけを学んで尊敬される
飼い主を目指しませんか?

過去の僕の話は動画でも
話しています。





ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す