犬がクレートに入らない!原因とトレーニング方法とは?






クレート(ハウス)は犬と人間にとって
不可欠なアイテムですね。

留守番やお出かけに使ったり、
犬の憩いの場になったり・・・。

ですが犬がクレートに入ってくれない時、
どうすればいいのでしょう?

犬の気持ちの問題でもあるし、
飼い主はどうしても
悩んでしまいますよね。

私が飼っていた犬も、
クレートトレーニングには神経を使いました…。
この記事では私の経験や調べた事から、
・クレートが苦手な犬の心理
・クレート(ハウス)に入りやすくなるポイント
・クレートトレーニングのやり方

などを主にお伝えしたいと思います。
こうすれば絶対にクレートに入る!
というやり方はありませんが、

少しでもヒントになれば幸いです。




クレートに入らない犬の心理は?








クレートに入らない犬の心理を
挙げてみます。




クレート自体が嫌い




暗い・せまいところがイヤ クレートが汚い クレートが寒すぎる・暑すぎるクレートが狭すぎる・広すぎる閉じ込められるのが嫌いクレートでいやな経験がある




長時間ひとりぼっちにされたがある クレートに入ってイヤな所(病院)に行った お仕置きに使われたことがある




つまり犬にとってクレートが
安心できない場所なんですね。
ではどうすればいいのか、
次にまとめました。




犬がクレートを好きになるポイントは?








そもそも、どうしてクレートが
必要なのでしょう?

例えばクレートは、
お出かけや留守番の時に活躍します。
災害の際もクレートがあれば移
動もしやすく安心です。

これは飼い主都合という話ではなく、
クレートがある事で
環境の変化による犬のストレスを
和らげてくれるのです。

という事は、
クレートが安らげない・落ち着かない
と感じてしまうのであれば、
安心できる・心地良い環境
整える必要があります!




クレートの環境を見直す




愛犬にとって暑すぎるなら
日陰に移動し、
風が当たるなら
エアコンの下は避けて、
快適な場所を選びましょう。

また、クレートの大きさは
適切ですか?犬にもよりますが、

高さは四つ足で立てる位・
幅は横に一回転ができる位が良いと
言われています。

人間の生活の場に近すぎるのも、
落ち着かない原因になります。

例えば食卓の近くに置くと、
家族は楽しそうなのに
自分は閉じ込められているようで
気分が悪いですよね。

テレビや食卓などからは離れた、
静かな場所がオススメです。

クレートの中も、
清潔さや匂いはOKか見直します。

また、犬の好きな毛布やタオルケットなど
安心できるアイテムを常に入れましょう。




クレートの使い方を振り返る




昔は入れていたのに
急に嫌いになった場合、
クレートにイヤな記憶がある事が
考えられます。

病院・お仕置きの時だけ
クレートに入れていては、
当然犬もマイナスの印象を
持ちますよね。

犬にとってクレートは
「特別な場所」でなく
「生活の一部」である事が理想です。

飼い主が入ってほしい時だけ
入れるのではなく、
毎日自然に、
自分の部屋のような感覚で
入れるように心掛けましょう。

ここまでチェックしてから
トレーニングに移ります。

トレーニングは無理強いせず、
楽しく安心してできるように
取り組んでみて下さい。

また、継続して行う事もとても大切です!
それを念頭に置いた上で、
次のトレーニング方法を見てみましょう。




クレートに入る訓練をやってみよう








クレートはまず、
犬が喜んで入らなければ
訓練が進みません。
ここではごく基本的な
トレーニングを書いてみました。

この訓練の目標は次の2つです

・ハウスの掛け声で
クレートに入れるようにする。

・クレートに慣れるです。


うまくいったら次の段階に
進みましょう。
一口にトレーニングと言っても、
犬の個性によって様々な
やり方があります。
「うちの犬にはどんなやり方が
向いてるかな?」と考えながら
普段の様子を観察してみましょう!

これは私の犬の訓練士さんが
使っていた方法です。
オヤツ、おもちゃではなくリードと
言葉を使います。




「ご褒美でなく
飼い主の言葉で喜べるように」という
手元にオヤツなどが無い時、気軽にできる考え方の訓練士さんだったので、同じ考えの方は一度やってみて下さい。




首輪にリードをつけ、家の中を歩き回る




できる限り止まらずに、気持ち早足で歩き続けます。横で歩く犬を常に褒めてあげましょう。 この時クレートは全く意識しないようにします。




犬の気分が乗ってきたらさりげなくクレートに向かう




犬に悟られないよう「え?何ですか?散歩の練習ですよ?」を徹底します。




犬がクレートの前に来るよう、歩きながら位置を調整する




そのまま歩く勢いで、犬がクレートにin




全身が入った瞬間、「ハウス」とはっきり言いましょう。




すかさず褒める!




べた褒めです。できればクレートに入ったまま褒めましょう。 入っている犬に「そうだよ!ハウスだよ!ハウスね」と繰り返し言い聞かせます。 とにかく大げさなくらい褒めることが大事です!




1~5を一日のうち、何度かランダムな時間で行う




慣れてきたら、入る時間を少しずつ伸ばしてみましょう。犬がゲーム感覚で楽しめるようになれば成功です。




まずこのトレーニングでは、クレートのふたを取り外しておきます。




おやつやおもちゃを使おう!




上の方法は、どちらかといえば元気な幼犬向けです。




クレートを怖がる犬には難しいかもしれないので、




「向いてないな」と思ったらおもちゃやオヤツを




積極的に使っていきましょう。




クレートの入り口の中に少量オヤツ(おもちゃでも可)を置く オヤツを犬の目の前で置きましょう。 犬が興味を持ったら、「マテ」などで焦らすのも効果的です。 1を何度か繰り返し、慣れてきたらオヤツをもう少し奥にずらす慣れてきたら更に奥へ、の繰り返しです。




犬がクレートに全身を入れるようになったら「ハウス」と言う入った状態をとにかく褒めそれを毎日繰り返す




長く入れるようになったら、褒めて追加のオヤツをあげます。




キーワードは「楽しく」「安心」「継続」です!




あせらず気長にやってみて下さいね。









とても分かりやすい訓練動画がありました!




やはりプロの方は手際が良くて惚れ惚れします(*^^*)




クレートに留まる訓練をやってみよう








上の訓練をクリアしたら、クレートの中で眠れる事を目標に




トレーニングしてみましょう。




  • ふたを閉めている
  • 周りに人がいない



そんな状態を、犬が自然に感じるようにしたいですね。




ふたを閉める段階でひっかかる犬が多いので、




慎重にトレーニングを進めましょう。




例えば、ふたを閉める時だけの特別なおもちゃ、オヤツをあげます。




骨ガムやコングなど夢中になれるものが良いです。




最初は必ず飼い主が傍につき、ふたを閉めている間褒めてあげます。




これを短時間から繰り返し行いましょう。




慣れてきたら時間を延ばすとともに、飼い主が少しずつ離れます。




ふたを閉める事に慣れてきたら、散歩など




たっぷり運動をした後でクレートに入れてみます。




犬が疲れていれば、クレート内で遊んでいる内に




寝てしまう可能性が大!




ここまで来れば犬も クレート=安全な場所 と




思えているので、毎日習慣付くように




寝る前や疲れたタイミングでクレートに誘導してみて下さい。




どうしてもクレートに入らない場合は?








どうしてもトレーニングが進まない…極端な時は




  • 声かけを無視する
  • クレートに限らず、リードなど拘束される事をイヤがる



というケースもあります。




これは残念ながら、飼い主と犬の信頼関係が成り立っていません。




もし当てはまれば、犬を甘やかしすぎていないか?ベタベタしていないか?




など今までの行動を振り返り、簡単でも良いので




一定のルールを設けて生活してみましょう。




プロに相談するのも手です。




道のりは遠いですが、クレートの訓練はその後になります。




これから犬を育てる方へ








これから犬を育てる・または育て始める方は、生後3ヶ月頃から




クレートに慣れていくのがオススメです。




クレートの生活ができれば、改めて訓練する苦労が少なくなります。




私の犬も、夜は3ヶ月頃からケージ、数ヶ月後にはクレートで寝ていました。




(定期的にトイレには連れて行きました)




夜鳴きもありましたが、そこはぐっと我慢。




「鳴けば来てくれる」ではなく「クレートにいたら褒めてくれる」




と学習するよう持っていき、最後にはその状態が自然になりました。




まとめ








ここまで、犬がクレートに入れない時の対処法をお伝えしました。




クレートは「落ち着ける場所」「生活の一部」として使う! <クレートが苦手な犬には、安心できる環境を整えようトレーニングは「楽しく」「安心」「継続的に」 クレートには子犬の頃から慣れておこう




トレーニングは継続するのが大変ですが、




飼い主の真摯な気持ちはきっと愛犬にも伝わります。




ぜひ頑張って続けてみて下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す