犬に牛乳を与えても大丈夫です!牛乳は脇役としての一流になれる!

牛乳は豊富なカルシウムと
良質なタンパク質、カリウムを含んでいて、
丈夫な体作りには欠かすことのできないものですね。

これだけ体に良いのだから
犬に与えても大丈夫なんじゃないと思う人も
多いのではないでしょうか?

ところがいざ調べてみると
犬に牛乳を飲ませると下痢を起こすとか
体に良くないという話がたくさん
あり不安になると思います。

しかし牛乳が好きな犬もいますよね。
実際に私が飼っていた犬は
牛乳が特に好きだったので飲ませて
いました。
牛乳の匂いがするとすぐに近寄ってきて
欲しがる子でした。

そこで今回は、
なぜ犬に牛乳を与えるとだめなのか?
犬に牛乳を与えるのはどうしたら良いか?
説明していきたいと思います。

なぜ犬に人間用の牛乳を与えてはダメなのか?

まずは犬に人間用の牛乳を与えてはいけないと言われる
理由について話していきたいと思います。

犬に牛乳を与えると下痢になる

これはもうご存知だと思います。
下痢になるためです。

ではなぜ下痢になるのかというと
牛乳に含まれる乳糖を分解するには
ラクターゼという消化酵素が必要なんですが
年齢とともに減少してしまうのです。

子犬のうちは母乳に含まれる乳糖を
分解する必要があるためラクターゼが
あるのですが、成長するにつれて
母乳が必要なくなると、年齢と共に
減少していくのです。

このように乳糖を分解できない体質を
乳糖不耐症と言います。

良く漫画やテレビなどで映る子犬に
牛乳を与えているシーンがありますが、
あれは子犬だからできることなんですね。

これは理にかなっている方法だということです。

犬に牛乳を与えるとアレルギーになる

アレルギーは牛乳に限らず、
全ての食品に当てはまることですので
そこまで神経質になる必要は
ありません。

ちなみにアレルギー反応が出た場合には、
発疹や腫れといった皮膚症状が見られます。
さらに進行すると、腸まで反応がでて
腹痛や下痢・嘔吐などの症状が出ます。

アレルギーはいきなり発症することも
あるので最初大丈夫だからと
与えていても数日後に急にアレルギーに
なる可能性もあります。

もし、お腹がゆるい状態が続いたり
皮膚を痒がる様子が見られた時には
病院へ行くことが最善だと思います。

犬にとって人間用の牛乳は栄養過多

牛乳は栄養豊富な一面を持っていますが、
過剰摂取は体に害を及ぼします。

特に体にとってとても大事な栄養素である
カルシウム。
骨を強くしたり体を強くするという反面、
過剰摂取するとシュウ酸と結びついて
尿管結石の原因となる結石を作ってしまいます。

尿管結石は一度経験したことがありますが、
2度と味わいたくない激痛です。
人生で過去最大の痛みだと思います。

あまりに痛みに動けなくなり、
その場に座り込んでしまいました。
幸い人がたくさんいる場所だったので、
救急車を呼んでくれてなんとか
事なきを得ましたが、もし人が少ない
場所でなっていたらと思うと
ゾッとします。
尿管結石という言葉には
今でも敏感になってしまいます。

つまり適量を与えれば最高な栄養素を含む食品で
与えすぎは体に有害な食品になるということですね。
なんでもそうですが、常に表裏一体ということです。

犬に牛乳を与える方法

これまでの話をまとめると
犬に牛乳を与えるには子犬の時期に
与えると下痢などの症状が起きずに
飲むことができるということです。

なぜかというと子犬の時期にはラクターゼという
消化酵素を多く持っているためです。

さらに子犬の頃から牛乳を与えていくことで
ラクターゼという消化酵素の減少するスピードが
緩やかになるという利点もあります。

つまり子犬の頃から牛乳を与えることで
成犬になっても下痢をしにくい、
便がゆるくならないといった効果が
期待できます。

犬に牛乳を与えるには3つのポイントが
あります。

・子犬の時期に与える
・少量づつ与える
・アレルギー反応を確認する

この3つを満たしていれば、
犬に牛乳を与えても大丈夫ということです。

この中で子犬の時期に与えることは
問題なくできると思います。

それからアレルギー反応の確認は
実際に与えてみて様子を見る必要があります。

すると残りは量の問題だけですね。

牛乳は良質なタンパク質、カリウム、
カルシウムといった健康な体作りには欠かせない
栄養素が豊富に含まれていますが、
与えすぎは体にとって有害になりますので
適量について話していきたいと思います。

犬に牛乳を与えても大丈夫な適量は?

犬に牛乳を与える量について話していきたいと
思います。

少量とか適量とかはどのくらいなのか?
という疑問があると思います。

確かにすごく曖昧な表現ですよね?
なので簡単に計算してみたいと思います。

まずコップ1杯を約180mlとします。

コップ一杯の水180mlをガブガブ飲める時って
かなり激しい運動をした後とか、大量に汗をかいた後とか
場面は限られていると思いますし、
自分でもコップ一杯を飲むのは
なかなかキツイなと感じます。

ではこれを犬に当てはめるとどうなるか?
人間と犬では体重が違いますね。

今回は子犬の時期に与えることを
前提とするので、子犬の体重を6キロとします。
人間と犬の体重差は約10倍ありますから、

180ml÷10=18mlになります。

この量が自分が思う適量だと思います。

ただし、人間でも180mlを多いと感じているので
150mlとして、犬へ与える量を15mlにしても
良いと思います。

適量は15ml〜18mlですね。

わかりやく言えば大さじ1杯で十分な量ですね。

大さじ一杯なら料理で言えば味付けの役割です。
つまり犬に牛乳を与えることは、食事や水分補給としての役割ではなく
風味づけや、香りを立てる、ドックフードをふやかすなど
食べやすくするための役割が適していると思います。

犬に牛乳を与えても大丈夫だった実例1

我が家の犬は、生後1カ月とかなり小さい時に
家にきましたが、その頃から牛乳をあげていました。

子犬の頃は、ドックフードをあまり食べないのに、
牛乳は喜んで飲んでいたのでほぼ毎日与えていました。

しかし毎日牛乳がメインの食事で、ドックフードを食べる量が
増えないという心配がありました。
そのため、徐々に牛乳以外の違うおやつを
ご飯に混ぜる工夫をした結果、ドックフードを食べる量も増ました。
牛乳を与えることで食いつきが良くなったのです。

そして最終的には牛乳がなくても
ご飯を食べてくれるようになりました。

犬に牛乳を与えても大丈夫だった実例2

子犬の時期に牛乳を与えたことによる影響として
時々お腹がギュルギュルなっていないかを
気にして様子をみていました。

犬はお腹が痛くても
直接訴えられないからです。

体を丸めていたり、大人しくしている時は
調子が悪いのかなと様子を
気にかけていました。

しかし、心配は無用でベッドで仰向けになって
気持ちよさそうに寝ている事が多かったです。

犬に牛乳を与えても大丈夫だった実例3

さらに排泄物も健康状態を確認しやすいと思います。

1日2~3本くらい
しっかり形のある排泄物が出ていました。
時々お散歩に行った時も
しっかりと形のあるものが出ていました。

逆に、便秘知らずで
毎日しっかりと出すぎることで
心配する時もありました。

あまりにも心配だったので
予防接種の時に先生に聞きました。
「しっかり出ていることは良い事です。」
といわれたのであまり気にしないようにしていました。

子犬の時期に牛乳を与えても大丈夫な体験を
話してきました。

まとめ

今回は犬に牛乳を与えても大丈夫という話を
してきました。

まとめると
・子犬の時期に与えること
・適量を守ること
・アレルギーをがないかを確認すること

この3つを守れば犬に牛乳を与えても大丈夫です。

逆に成犬になってから与えると
乳糖不耐症という体質になっているために
下痢などを引き起こしてしまいます。

人もアレルギーで牛乳が飲めない人がいるように
犬にも同じ事が言えると思います。

今は犬用のおやつも種類が豊富で、
犬用の牛乳やチーズ風味の物もよく見かけます。

犬用の物なら安心してあげられます。
体調管理をしながらですが、
犬も人間も時々は好きな物を食べて、
食を楽しみためたらいいなと思います。

PS:牛乳は犬の味覚を刺激するためにとても有効だと思います。
   実は犬というのは人間ほど味覚がありません。
   食欲がないのではなく、味覚が刺激されていないだけかもしれません。
 →犬の味覚は3つだけ【甘み・酸味・塩味】

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す