人間だけじゃない?犬の低血糖症とその症状とは?

低血糖症と聞くと、
なんとなく人間の病気のような
イメージを浮かべてしまうのでは
ないでしょうか?

実は、低血糖症は犬にもあるんです!
大事な愛犬が低血糖症になってしまったら
怖いですし、できることなら
早期発見を心がけたいですよね。

そこで今回は、
犬の低血糖症の症状について
書いていこうと思います!

犬の低血糖症とは?

まずはじめに低血糖症とは
どんな病気なのでしょうか?

低血糖症は、
血液中の糖分が
少なくなることによって
細胞への栄養補給が
不完全になった状態の事を言います。
血糖値は体の中の
いくつかの器官によって
一定に保たれているのですが、

その中のどれか1つに異常が現れると、
バランスが崩れてしまい
低血糖症になってしまいます。

実は低血糖症は
成犬よりも子犬に多くみられる症状で、
子犬の死亡原因としてもかなり多いです。

犬の低血糖症の原因は?

生後3か月未満の子犬は
肝臓の機能が弱く、
糖分を溜めこむ能力が低いため、

食事によって
こまめに糖分を摂取しなければ
低血糖症になってしまいます。
空腹時は特に危険です。

また気温の低下によって
子犬の体温が低下すると、
消化器官や体の機能に
影響が出てしまい、
様々な障害を引き起こしてしまいます。

成犬の場合はゴールデン・レトリーバーや
ボクサーなどによく見られるため、
大型犬を飼われている方は
とくに注意が必要です。

子犬と同様で、
成犬も空腹時は低血糖症になる
危険性があるのですが、
運動をしすぎたり興奮しすぎたりといった
場合にも低血糖症になります。

運動はとてもいいことですが、
こまめに休憩をはさみながら
行ったほうが良いですね。

また高齢犬の場合は
加齢のために肝臓機能が低下したり、
膵臓の腫瘍が原因で
低血糖症になることがあります。

肝臓には糖を溜めこみ
血液中のブドウ糖を補う働きがあるので、
肝臓機能が低下すると
低血糖症にかかってしまいます。

また膵臓に腫瘍があると、
インスリンという
血糖を抑制する働きをする
ホルモンが過剰に分泌されてしまい、
低血糖症になってしまいます。

愛犬が低血糖症になることを
防げるように、
低血糖症の症状について
書いていきたいと思います。

犬の低血糖症の症状とは?

ではさっそく犬の低血糖症には
主にどのような症状があるのか
書いていきたいと思います!

人間であれば、症状が軽い場合は
イライラ感が強い程度で
収まることが多いのですが、
犬はそうではありません。

まずは初期症状が現れるのですが、
この初期症状は主に
・先ほどまで元気だったのに突然元気がない
・ぐったりしている
・運動をしなくなる
などがあります。

初期症状については、
血液中の糖分の下がり方、
また低血糖症が続いた時間。

それから血液中の糖分の濃度によって
症状は多少異なりますが、
大抵の場合はこのようなサインが出ます。

子犬の場合は初期症状の時点で
愛犬の様子がおかいしいことに
気づくと思います。

しかし愛犬の年齢が上がると
さっきまで庭で走り回っていたのに
突然元気がなくなっていたり、
運動をしない日があったりするので、

初期症状だけで即座に
低血糖だと気づくことは
少し難しいと思います。

私の愛犬は11歳になるので、
以前に比べると
あまり運動しなくなりましたし、
元気がなくて寝ていることもあります。

季節によっては暑さで
ぐったりしている日もあります。

心配になって病院に連れていったら
低血糖ではなく年齢が関係していて、

健康状態には全く問題はないと言われたため
一安心して様子を見ています。

獣医さんのように
毎日たくさんの犬を診てきた方なら、
すぐに異変に気づきますが、
普通の人には少々見分けが難しいです。

抱き上げてみて
頭ががくんと下がったりしたら
低血糖症ですので、
ちょっと様子がおかしいなとおもったら
抱き上げてみることをおすすめします。

しかし、この初期症状に気づかなくて
低血糖が重症化してしまうと
・下半身麻痺
・痙攣する
・意識障害を起こす
・失明する
などの症状が現れます。
かなり怖いですよね・・・。

低血糖症の症状として見られる痙攣は、
てんかんのような痙攣とは違い、
前肢だけが突っ張っていることや、

意識がないのに歯を食いしばっていて
口が開けづらい事が持続するのですが
あまり目に見えて
激しい症状ではありません。

これらの症状がみられたら、
失明をしてしまう可能性があるので、
できるだけ早く病院に連れて行くようにしましょう。

まとめ

今回は犬の低血糖症の症状について
書いていきました。

私は愛犬が低血糖症になるという
経験をしたことがないのですが、
想像しただけですごく不安になりました。

低血糖症は気づかずに重症化し、
最悪の場合には
命を落とすこともあるため、
少し様子がおかしいなと思ったら、
すぐに病院に連れて行くべきだと思います。

私は心配性で、
少しいつもと様子が違うと思ったら
すぐ病院に連れて行ってしまうので、
先生から「また来たの?」と
笑われてしまいますが、
そのくらい心配しているほうが
ちょうどいいと言われました(笑)

大切な愛犬が失明したり
命を落したりするようなことがないように、
日頃からよく様子を見ることが
飼い主の役割だと思います。

ワンちゃんの低血糖症の原因と対策は
こちらに書いています。
・知らないと損する!犬の低血糖の原因と対処法とは?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す