犬の癒し効果が凄すぎる!見るだけで得られる3つの効果とは?

犬を飼っている、あるいは
飼ったことがある人はもちろん、

そうでない人もテレビや動画、
ペットショップで犬を見て癒された経験が
あるのではないでしょうか?

最近では犬の癒し効果を利用した
「ドッグセラピー」という療法も

注目されていて、
ドッグセラピーでは高齢者や認知症の方、
その他さまざまな障害を持つ人を対象として
心や体のリハビリテーションを
目的としています。

私自身、何か不安なことがあったときは
愛犬を撫でたり散歩に連れて行ったり

抱きついたりと、無意識のうちに
愛犬と触れ合おうとします(笑)

本当はドッグランなどで
思いきり走りまわって

遊びたいんですけど、
最近はあまり遊んでくれなくなりました(笑)

では、なぜ人は犬と触れ合うと
癒し効果が得られるのでしょうか?
詳しく見ていきたいと思います!

犬の癒し効果その1 
犬に触れるとオキシトシンが分泌される

犬と触れ合うことによって
「オキシトシン」という

安らぎホルモンが分泌されます。

オキシトシンは別名「幸せホルモン」や
「愛情ホルモン」とも呼ばれていて、
人間の心に安らぎや

幸福感を与える役割を担っています。

オキシトシンは安心感や
幸福感だけでなく、
相手への信頼感を高めることもできるため
コミュニケーションを

円滑に行うことができるのです。

犬と仲良くなるためには
コミュニケーションが大切なので、
嬉しい効果がたくさんつまっていますね!

犬と触れ合うことによって、
オキシトシンがたくさん分泌されるため、
私たちは犬と触れ合うと

幸せになり癒されるのですね!

それではオキシトシンが分泌されると
どんな効果があるのか見ていきます。

オキシトシンはストレスを解消してくれる

ストレスには次のような原因があります。

・精神的疲労
・肉体的疲労
・睡眠不足

これらのストレスを増大させるのが
コルチゾールというストレスホルモンです。

オキシトシンはストレスホルモンである
「コルチゾール」の分泌を抑制します。

コルチゾールとは
ストレスホルモンの事で、
私たちの心身に緩やかで

慢性的なストレス反応を引き起こします。

犬と触れ合うことによって
オキシトシンが分泌されると、
コルチゾールは分泌が抑制されるため

ストレスを緩和してくれるのです。

ストレスが多いときにも
ぜひ犬と触れ合って
コルチゾールを撃退しましょう!

イライラしていたり
不安で仕方なかったり
落ち着かないときには、
犬に触れることによって、

心が穏やかになってきます。

人間は犬を約10分ほど撫でていると
だんだん優しい気持ちになってきて、
犬を撫でる前までは

不安だったりイライラしていたり、
気持ちが深く沈んでいたものが、

消えていきます。

これにもホルモンが深く関わっています。
この時に分泌されているホルモンは、
セロトニンとフェニルエチルアミンです。
これらのホルモンが分泌されると
精神的にも穏やかになり、イライラが減ります。
すると当然人間関係も良くなり、
怒ることもなくなります。
それぞれの効果を詳しく書いていきますね。

セロトニンは幸せホルモン

セロトニンは別名幸せホルモンと呼ばれていて、
ネガティブな気分を吹き飛ばしたり、
心身をリラックスさせる効果があります。

つまりセロトニンは精神的な安定や、
感情の起伏をコントロールする大切な
ホルモンということです。

もし不足すれば、ネガティブな気分になり、
精神的にイライラして、人間関係もうまくいかず
感情の起伏が激しくなります。
その結果疲れが取れにくくなってしまいます。
すると、うつ病や不眠症といった病気に
なる可能性もあります。

犬と積極的に触れ合うことは、病気の予防にも
効果があるということですね。

フェニルエチルアミンは恋愛にも影響

フェニルエチルアミンは恋愛にも影響があると
言われています。
分泌量が増えると、愛おしい気持ちが強くなり
心が穏やかになります。

すると、血圧や脈などが落ち着いてきて
イライラしたり、急にカッとなることが
減ります。

そうすれば人間関係もスムーズになり、
コミュニケーション上手になります。

また高齢者や独身の方でも
犬を飼うことは愛情を注げる最高の
パートナーになります。

実際に私も心が不安定になって、
不安で眠れなかったりと

自分ではどうにもできないときには、
積極的に愛犬と触れ合うようにしています。

するとだんだん気持ちが落ち着いてきて
眠れるようになります(笑)
このような心境の時には
ぜひ犬と触れ合ってみてください!

オキシトシンは体温を上昇させる

オキシトシンが分泌されると
体温が上昇するそうです。

犬と触れ合ったことがなくても、
例えば恋人と手をつないだり、
何か嬉しいことがあったり、

幸福感があると暖かさに包まれるような
経験があるのではないでしょうか?
犬と触れ合うことでも
それと同じ効果が得られるのです。

冷え性などで悩んでいる女性には
嬉しい効果ですよね。

オキシトシンはダイエット効果もある

ダイエット効果というよりも、
暴飲暴食などを防いでくれるという方が
正しいかもしれません。

イライラすると、食べることで
ストレスを解消したくなることも
あると思います。

オキシトシンの分泌により
イライラすることがなくなれば、
暴飲暴食などはしなくなり、バランスのとれた
食生活をすることができて
結果的にダイエット効果があります。

犬を飼うと不妊治療にも効果がある

不妊治療にペットを飼うことが
最近増えています。

フェニルエチルアミンは恋愛に影響がある
という話をしましたが、
女性の場合には母性本能も刺激されます。

しかも犬を飼う事により、
癒しの効果も得ることができます。

この時にオキシトシンはもちろんですが、
エストロゲンというホルモンも
分泌される事によりホルモンバランスが
妊娠しやすいように整います。

つまり妊娠しやすい体質へ変えてくれる
効果ががあります。

さらには妊娠中のつらい期間にも
犬の癒し効果は発揮されて女性が
落ち着いていられる効果があります。

犬を飼うことで子供が泣き止む

犬は人間の寂しさを埋めてくれるには
最高のパートナーです。

犬はすごく賢くて、明るい性格なので
寂しさを埋めてくれます。
時には遊び相手として、時には話し相手として
すごく優秀な存在です。

もし、子供がいるお母さんなら
代わりに遊び相手を務めることもできると
思いますし、見ただけで子供も落ち着くので
自然と泣きやむ効果があります。

犬に触れなくても癒される?






さて、ここまでは
犬と触れ合うことによって
得られる癒し効果について

書いてきましたが、
犬を飼っていることが

前提でした。

ですが、触れ合いたいけど
ペット不可だから飼えない!
という方もいるのではないでしょうか?

そんな方に朗報ですが、
実は必ずしも触れ合う必要はないのです!

では触れ合う以外にはどんな方法があるのか?
それについて書いていきたいと思います!

目を見つめる

人間同士でも、
じっと見つめられると恋に落ちるとか、
目を見て話してくれたり
話を聞いてくれたりする相手に
好感を持ちやすいように、
目を合わせるということは
良い関係を築く際に
とても重要なことです。

犬とコミュニケーションをとる際に、
目を合わせることは

とても重要になります。

しかも目を直接目を合わせて
コミュニケーションをとることで
オキシトシンの分泌量が3倍になります。

笑顔で犬と目を合わせるだけで、
オキシトシンが3倍分泌されるので

触れ合わなくても
癒し効果は十分に得られます。

犬の癒しは人間関係にも効果がある

最近では自分の飼っているペットの
画像や動画をTwitterなどのSNSへアップ
することはもはや当たり前になっている。

そして、その繋がりは横に広くなり
SNSを通して仲良くなることも
珍しくない。

つまり犬を飼っているという
共通事項があるから仲良くなりやすい
ということです。

犬を飼っていると友人が増えやすいと
いうことです。

実際に散歩に連れて行くと、
同じ散歩のコースでいつも会う人と仲良くなる
なんてこともあるようです。

寄り添うだけでも良い!

犬と寄り添うだけでもオキシトシンは
分泌されます。

犬はとても頭がよく、
私たちの顔や様子を見て

気持ちを察してくれます。

人間が泣いているときに
走ってきて寄り添ってくるのは、
慰めようとしてくれているのです。

それが嬉しくて嘘泣きをしていたら
本当に泣いているとき以外は

無視されるようになったので、
やはりとても頭がいいです(笑)

ドッグセラピー等で施設に行く犬は、
お年寄りの方の足元に
ただおとなしく

寄り添うことがあるそうですが、
それだけでもお年寄りの方は

自然と笑顔になります。
それだけでなくドッグセラピーは
実はものすごい貢献をしているのですが、
その内容をまとめていきます。

身体的な貢献

犬にたくさん話しかけることで
脳に刺激が入り、言葉を発するようになる

犬を撫でたり、散歩をさせたり、食事を
与えることで運動量が増える

犬と触れ合うことにより、認知症予防になり
リラックスできたり筋力維持につながる

心理的な貢献

自分自身が役に立っていると認識できる

何か役に立ちたいと行動力が身につく

犬と触れ合いたいという気持ちから
うつや無気力などの状態が改善される

社会的な貢献

犬と触れ合うことにより社交性が身につく。

すると施設内の雰囲気が明るくなる
さらに入居者と職員が親近感が生まれる

このように施設全体にも
良い循環を生んでくれます。
オキシトシンはこのような形で
役立っています。

最近ではこの効果を生かして
犬や猫などのペットを飼うといった
施設が増えてきています。
つまり癒しの効果が確実に認められているという
ことになりますね。

まとめ

今回は犬の癒し効果について
書いていきましたが、
思っていた以上にたくさんありましたね!

人間が犬を飼うことで得られる
もっとも大きな大きなものは
人間への癒しの効果なんだと実感しました。

犬種にかかわらず、どんな犬であっても
存在自体に人間は癒されていると思います。
だからこそ、ペットとして犬がたくさんの
人に飼われるほどの人気があると思います。

犬は私たちにとって、
とても重要な癒し効果を

与えてくれていることがわかりました。

家族が家に帰ってきてすぐに
愛犬を探して触れ合うのは、
オキシトシンが関係していたようです

犬を飼えなくても
癒しをもらうことはできるので、
ぜひ一度試してみてくださいね!

そんな癒しのイメージが強い
犬も実はやきもちを焼くのです。

犬がやきもちを焼いた時の行動と対処法とは?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す