長生きさせたいなら絶対室内飼いすべし!僕が後悔している理由とは?


こんにちは。ゆっきーです。

ペットとして犬を迎え入れたからには

必ず長生きさせたいと思いますよね。

僕ももちろんそう思っていました。

そのためには室内で飼うことは、

とても重要だと思います。

ですが、僕は外で飼っていたので、

もし、室内で飼っていたら

もっと長生きできたんじゃないかなあ?

と後悔しています。

というわけで今日は、僕が後悔していることを

書いていきたいと思います。

外で飼っていることの最大のデメリットは

飼い主の目が行き届かないことです。

特に夜は、真っ暗でどこにいるのかさえも

わかりません。

実際に脱走していたことも1度や2度ではありません。

結果的に次の日には戻ってきたので

良かったですが、そのまま帰って来ることなく、

野良犬になってしまっては悲しすぎますし、

もっと最悪なのは、車と事故を起こすことです。

脱走すると、その可能性もあります。

それから、他の動物との喧嘩もありました。

僕の家の周りは、夜遅くになると

野良犬が集まっていました。

それは、聞き慣れない鳴き声で一発で分かります。

「あぁ。今日も集まっているな」と。

そうすると、うちの犬も

その鳴き声に反応して、聞いたこともない

泣き声で返します。

これも実際にあったのですが、

うちの敷地に野良犬が入ってきて、

お互い飛びかかって一触即発のムード!

喧嘩寸前で気付いて追い払いましたが、

こんな心配事もありました。

それから、

通行人とトラブルを起こす可能性もあります。

動物嫌いの人もいますから、

絶対にトラブルにならないとは限りません。

酔っぱらいに絡まれるとか、イライラしている人に

吠えてしまったとかでトラブルになる可能性もあります。

外で飼うとざっとあげただけでも、

これだけの問題があります。

これは犬にとっては良い環境ではないことは

誰の目にも明らかですね。

もっと言うと、もし病気やケガを

していた時の発見が遅れることも考えられます。

どんな病気やケガも早期発見が

何よりも大事です。

それが遅れるということは命の危機につながります。

長生きさせたいのに、

外で飼うとこれだけの危険がついてまわります。

これでは外で飼うことは危険だらけですね。

予測ができない事が多すぎます。

飼い主も安心して眠れないですね。

眠れなくて、仕事に影響がでてきたり、

体を壊しては意味がありません。

それを防ぐには、たった1つ室内で飼う事ですね。

これだけですべて解決です。

室内で飼う事のメリットは何といっても

飼い主の目が行き届くということ。

室内で飼う場合には、

基本的には中にいるのは家族だけだと思います。

家族というのは犬にとって味方ですから、

危害を加える人はいないはずです。

さらに脱走の心配もなくなりますね。

唯一心配なのは、鍵の閉め忘れです。

とはいえ、犬も居心地が良い環境を捨てて、

わざわざ外へ冒険に行くとは考えにくいですが。

病気やけがの早期発見も断然室内の方が、

見つけやすいです。

それは当然で、一緒にいる時間が長いですからすぐ気づきます。

さらに家族みんなで見ていれば、

すぐに気づく可能性はグっと上がります。

最後に自分の体験なのですが、

うちの犬は食糞の癖がありました。

これもすぐに気づいてあげられませんでした。

もっと早く辞めさせることができたのに。

見ている時はやらないくせに、

1人になったら暇なのかすぐ始めるんです。

いやぁこうやって書いてみると、

外で飼う事って犬にとって危険と隣り合わせですね。

今は室内で飼うことが当たり前になっていて、

長生きさせる環境は整っていますね。

あぁ。僕も室内で飼ってみたかったなぁ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す