犬が飛びつくのは舐めているから?直す方法は1つだけ!

こんにちは。ゆっきーです。

そういえば、ドアを開けた瞬間に

犬が飼い主に飛びついてくることって

あると思います。

あの行動をどう思いますか?

かわいいと思いますか?

やめて!と思いますか?

おそらく最初のかわいいという

回答が一番多いのではないかと思います。

もし、僕が同じ質問をされても、

可愛いと回答するでしょう。

ですが、実はこの答えは間違いです。

かわいいと思っているその仕草は、

飼い主を舐めているからしてくる行動です。

この前、飛びつきに悩んでいるという方から話を聞きました。

その方は結婚して家庭を持っており、

小学生のお子さんもいます。

その方の悩みは犬が飛びかかってくるので怖いというものでした。

先程のように可愛いものとは違い、コントロールができず、

いきなり飛びついてくると話していました。

ドアを開けた瞬間に、

飼い主の帰りを待ってましたと言わんばかりに

飛びかかってくる可愛らしいものではありません。

凶暴という表現がぴったり似合うほど、

手がつけられないという状態のようです。

家族に飛びかかり、

それを抑えようとして手を噛まれた事もあるらしく、

小さい子供にも飛びかかったこともあるようです。

幸いにも無傷で助かったのは、良かったですが。

こんな状態なので、

怖くて誰も手を出せない状態でした。

押さえれば噛まれるという恐怖心から

常にビクビクして生活しているのです。

しつけの本に書いてあったことを

試しても効果はなかったようで、

「もうどうしたらよいのかわからーーーん」

「だれか教えてくれーーー」という状態でした。

まさに八方塞がりです。

できる事といえば、飛びつくなよー。飛びつくなよー。

という様に祈るような気持ちで何事もなく生活するだけです。

常にケガと隣合わせの生活なんて、

想像しただけでも耐えられません。

僕だったら犬のこと嫌いになると思います。

こんな生活をいつまでも続けるわけにはいかないと思い、

しつけを学んだそうです。

これを聞いて僕は偉いなぁと思いました。

現状を打開するには、勇気が必要ですが

すごく勇気があると感心しました。

その結果、飛びつくのは舐められているからだ!

と言われたそうです。

舐められるような行動をした記憶はないので、

何かの間違いじゃないのか?とはじめは疑いましたが、

説明を聞いて納得できました。

犬が飛びかかる行動をするのは、

自分よりも格下の相手だけのようです。

完全に下に見られていたことが原因です。

簡単に言うと舐められていたのです。

それは、大切な大切な主従関係が崩壊している証拠です。

仕事で例えるなら、

平社員が部長の肩をポン!と叩くのは

大変失礼に当たります。

ですが、逆の場合は失礼にはなりませんよね?

主従関係が逆転していると、

先ほどの平社員が部長の肩を叩くことを

やってしまうのです。これは完璧に舐めていますよね?

冒頭で、飛びつくのは可愛いか?

という質問をしたと思います。

ドアを開けた瞬間の飛びつきは可愛いと思いますか?

もう飛びついている時点で、

飼い主の事を舐めているのです。

結果的には、主従関係をもとに戻すことをしたので、

飛びつきは無事に改善できたそうです。

これでもう犬に舐められることはありません。

飛びつきの癖を直した結果、教えていないのに

マテやオスワリまでできるようになりました。

もう飛びつかれる心配がなくなったので、

一緒に遊ぶことも怖くなくなりましたし、

飛びつかれてけがをする可能性もなくなりました。

凶暴すぎて家族さえも距離を置いていたのに、

今ではすっかり家族の中心にいるみたいで安心しました。

ワンちゃんのしつけについてはこんな

記事も書いています。



・犬のしつけでノイローゼかも? ストレス症状の克服法3選!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す