犬の歯磨きのコツ!歯垢を放置すると恐ろしい事に!

ワンちゃんの歯磨きってどうしてあげたらいいのかな?

 

ウチのワンちゃんは、なかなか口を開けてくれないから

歯磨きが出来ないんだよね。

 

歯磨きのコツがあるなら誰か教えて~!

 

ずっとキレイだと思っていたワンちゃんの奥歯が、

最近黄色くなってきた気がする。

 

ワンちゃんの口臭がキツイなって思ったら歯が変色して茶色になっていた。

 

これってもう、手遅れなのか?どうしたらいいの?

 

歯周病になってしまったワンちゃんは、

ひどくなると内蔵疾患にまでなってしまうことがあります。

 

歯周病と内蔵疾患に繋がりがあるなんて信じられない話ですが、

甘くみてはいけません。

 

ワンちゃんの歯磨きに付いてしっかりとした知識を持って、

大切なワンちゃんの健康を守ってあげましょう。

 

 

犬と人の口内の違いって何?歯垢と歯石の違いはあるの?

 

私達人の歯は、歯垢が溜まっても歯石になることはありませんよね?

 

これは、人の口の中と犬の口の中に違いがあります。

 

  • 人の口の中は弱酸性で虫歯になりやすく歯石になりにくい
  • 犬の口の中はアルカリ性のため、虫歯菌が繁殖しにくい環境なので虫歯にはならないが歯石がつきやすい

 

このような特徴があります。

 

ワンちゃんの歯は虫歯になりにくいのですが、歯周病を防ぐことは大切です。

 

そもそも、歯垢と歯石の違いって知っていますか?

 

【歯垢:しこう】

歯垢は、読んで字のごとく、のことです。

口の中に食べ物のカスが残っていて、

そのカスを餌にして繁殖した細菌の塊なのです。

私達の歯にも歯茎と歯の境目に白い物が付いて、

歯がザラザラすることがありますよね?これが歯垢です。

 

歯垢は歯磨きで取ることが出来るのが特徴です。

 

【歯石:しせき】

歯石は、歯垢が歯に付きっぱなしの状態が長くなり、唾液の中のミネラルに反応して固まって石化した状態です。

 

歯石は歯磨きでは取れないことが特徴です。

 

 

細菌だらけの歯垢が、歯石になっているということは

細菌が付きっぱなしの状態で繁殖し続けているということです。

 

つまり、この状態が歯周病の原因なのです。

 

 

歯周病になるとどんな症状が出るの?内蔵疾患との関係性とは!?

 

歯周病になるとどんな症状が現れるのでしょうか?

 

【症状】

・口臭

・食事を嫌がる

・くしゃみ

・鼻水

・鼻から膿

 

一番始めに気がつきやすい症状は口臭で『生臭い』臭いがします。

 

そして、歯周病により歯がグラグラしはじめると、

痛みや違和感があり、硬い物を食べたがらなくなります。

 

そして、怖いのがくしゃみや鼻水、そして鼻から黄色い膿が出るようになってしまった時です。

歯周病が悪化すると、歯の付け根が炎症を起こし深部にまで菌が侵入すると、

上あごの骨溶かし、鼻腔に穴を開け鼻腔炎という病気になります。

 

ひどいと鼻腔に膿が溜まり、目の下が腫れ、破裂してしまう場合もあるのです。

 

なかには、目の下が貼れたりすることもなく

水面下で症状が悪化している場合もあり、

歯周病を放置すると更なる恐ろしい病気になってしまうのです。

 

歯周病で傷が付いた歯茎から、血管へと細菌が入り込むことがあります。

血管に侵入した細菌は体全体へと流れ、

菌血症なり運ばれることで心臓病・細菌性肺炎・腎臓・肝臓をも脅かす

内蔵疾患を引き起こすのです。

 

歯磨きを甘くみて、歯垢が溜まることで重大な病気にもなり兼ねないということを

しっかりと頭に入れておいて下さいね。

 

気が付いた時、歯垢が溜まりすでに歯石になってしまった時は、

歯磨きでは取ることができません。

 

この場合は、動物病院で全身麻酔をしてキレイにしてもらう必要があります。

最近は、無麻酔治療もあるようですが、

ワンちゃんに動かないように我慢をさせるので、

長い時間歯石の除去が出来ないため全部をキレイにすることが出来ません。

 

全身麻酔でも日帰りで帰って来ることが出来るので心配はいりません。

全身麻酔治療の良い所は、

歯に付いた歯石の完全除去と歯周ポケット内の掃除と歯の表も裏も出来ることです。

 

ワンちゃんに麻酔を使う事が少し心配ですが、

見えない部分を触られている恐怖や、

炎症を起こした歯茎を触ってしまったことによる痛みなどを思えば

全身麻酔での治療が一番ワンちゃんに負担を掛けない方法なのではないでしょうか。

 

 

歯磨きをする時のコツってあるの?

 

 

 

まず、一番良いのは仔犬の内から、

口元を触っても嫌がらないように慣れさせておくことが大切です。

 

また、遊びの延長『待て』をしっかりと覚えさせる事が出来ると

歯磨きがやりやすくなるので気長に覚えさせておきましょう。

 

このころは甘噛みをする時期ですが、8ヶ月に入る頃には甘噛みは収まるので

指を噛むことで叱ったり、押さえつけたり、

喉の奥に指を突っ込むなどは決してしてはいけません。

 

指が口元にくることで、叱られたり気持ち悪い思いをしたことは

しっかり記憶に残ります!

 

そうすると指が嫌いになり、歯磨きをさせてくれなくなります。

 

とは、言うものの歯垢が溜まってくるのは成犬になってからで

仔犬の時にはあまり気にしていないことが現状ですよね。

 

そこで、歯磨きをなかなかさせてくれないワンちゃんの歯磨きのコツを覚まししょう。

 

歯磨きをするために必要なのが、歯ブラシです。

ワンちゃん用の歯ブラシも売っていますが、

ヘッドの小さい人の赤ちゃん用や幼児用の歯ブラシでも良いです。

 

また、歯ブラシを嫌がる場合はガーゼを指に巻いて拭いてあげる方法や、

犬用の歯磨きジェルもあり、飲み込んでも大丈夫で口をゆすがなくても良いので舐

めさせてことから始めてみるコトも良いでしょう。

 

絶対に、人間用の歯磨き粉は使用しないで下さい!

 

ワンちゃんは口をゆすぐ事が出来ません。

人間の歯磨き粉にはワンちゃんが中毒症状を起こす可能性が高い

キシリトールが含まれています。

 

キシリトールはインスリンの分泌を促す作用が強く低血糖状態になり、

脱力感から動けなくなり、痙攣や肝機能障害など引き起こし、

最悪の場合亡くなってしまうこともあるのです。

 

ワンちゃんは、口の中に入った物は飲み込む習性がりあります。

 

絶対に、絶対に人間用の歯磨き粉は使用しないで下さい!

 

 

まず、歯磨きを始めるにあたって口元を触られることを嫌がったりしていませんか?

 

嫌がっている場合は、歯磨きを始めてはいけません。

まずは、口元を触っても嫌がらないよう訓練をします。

 

口元を触ったらおやつをあげる!を繰り返し、

慣れて来たら口元を掴ませてくれたらおやつをあげる!を繰り返します。

 

口元を触らせるとおやつがもらえる!

ということを覚えさせることから始めまましょう。

 

この時、ワンちゃんによっては、1ヶ月で慣れるワンちゃんもいれば、

半年や1年以上かかるワンちゃんもいます。

 

重要なのは飼主さんが焦らないこと、諦めないことです!

 

口を触らせてくれるようになったら、次は口を開けることを覚えさせます。

 

「ウチのワンちゃん、口を開けてくれないから磨けない」

 

という言葉を聞きますが、それは、口を開けることを覚えさせていないからなのです。

 

ワンちゃんは、人の言葉と動作を繰りかえし聞くうちに理解し覚えています。

 

それを、いきなり口を開けろと言われても開けるはずがないですよね?

 

口元を触っても嫌がらなくなったら、口に横向きに指を少し入れたり、指先で前歯を少し開かせてみましょう!

 

この時に指を喉に向けて奥まで入れないで下さいね。

 

口を少し開けさせてことが目的ですので、少しでも開けたらおやつを与えてください。

 

そして、どうしても口を開けない場合は、

唇の中に優しく指で触るだけでも良いので口の中を少しだけ触ったら

おやつを与えるということを繰り返して下さい。

 

この時も同じです。何ヶ月か、かかると思って下さい。

 

重要なのは飼主さんが焦らないこと、諦めないことです!

 

この時に、絶対にしては行けないことがあります。

 

  • 押さえつける
  • 叱る
  • イライラする

 

ワンちゃんがイヤだと感じたら、そこから立て直す事は難しいのです。

 

ワンちゃんもリラックスした状態の時に、

遊びながら触ったり、口を開けさせたりしましょう。

 

口を開けたり触ったりさせてくれるようになったら、

まずは怖くない物だよと歯ブラシを見せることから始めましょう!

 

いきなり口に突っ込むとワンちゃんはビックリするので、

何度か見せて慣れて来たら、歯に少しだけ当てて下さい。

 

この時は絶対に擦ってはいけません。

 

歯に当てるだけ!

 

歯に当てたらおやつを与える、を繰り返したら嫌がる前に止めましょう。

 

続きはまた明日!

これを毎日繰り返いて歯ブラシを触らせてくれる範囲を広げていくのです。

 

本当に根気のいる事ですが、大切なことです。

 

時間を掛けない、直ぐ止めることが大切です。

 

歯ブラシを嫌がるワンちゃんの場合は、

無理に使わずガーゼに犬用歯磨きジェルを付けて撫でるだけ、

それも難しいワンちゃんは犬用歯磨きジェルを指で舐めさせたり、

指を使って奥歯に付けてあげるなど、

ワンちゃんがイヤがらない方法で歯磨きを行って下さい。

 

そして、絶対に力強くゴシゴシしてはいけません

 

歯磨きを嫌がらなくなっても、

時間がかかると我慢の出来ないワンちゃんも居るので、

今日は前歯、明日は右の上奥歯、明後日は左の上奥歯など、

パーツなどとに区切って毎日少しずつ違う歯を磨いてあげて下さい。

 

 

コツは、一気にやろうとしないことです!

 

  • 口元を触らせてもらう
  • 口を開けることを覚えさせる
  • 歯を触ることを慣れさせる
  • 歯磨きはパーツを分けて時間は短く行うこと
  • 押さえつけない
  • 叱らない
  • ゴシゴシ磨かない

     

 

 

これらを頭にいれて、慣れさせるには時間がかかるものだと気持ちに余裕を持って

チャレンジしてあげて下さいね。

 

 

まとめ

 

ワンちゃんに、歯磨きを覚えて貰うのはなかなか大変なことです。

 

しかし、歯周病が原因で歯が抜け落ち、

ご飯も食べられなくなっては可哀想です。

 

また、気が付かずにいたことで、細菌が全身に周り内蔵疾患になってしまったら

こんなに可哀想なことはありません。

 

まず、私達に出来る事は、歯垢や歯茎のチェックをしてあげること!

 

自分で出来ない時は、病院で定期的に診察をいてもらうことも大切です。

歯石になる前の歯垢の状態なら、キレイにすることは難しいことではないので

気を付けてみてあげて下さい。

 

歯磨きガムなども市販で売っているので、

なるべく奥歯で噛ませるように手に持った状態で噛ませてあげることも良い方法です。

 

ただ、歯磨きに比べればキレイになりきらないので

歯磨きをしてあげられるよう日頃から口元も触りながら遊ぶことが大切ですね。

 

時間や日にちを掛けて、一気にやろうとしないことがコツです!

 

ウチのワンちゃんは、全然出来ない!なんて思わないで下さい。

 

私達、飼主側が諦めないことが大切なのです。

 

ワンちゃんの健康を守ってあげるのは、私達飼主の責任なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す