犬も夏バテになる!?食事を食べてくれない時はどうすれば良い?

 

ワンちゃんは毛に被われているので暑い夏は苦手です。

 

「なんだか最近、ワンちゃんの食欲が落ちたような・・・」

 

「夏になってご飯の食べが悪い気がするけどウチのワンちゃん大丈夫かな?病院へ連れて行ったほうがいいのかな?」

 

急に元気がなかったり、ご飯を食べなくなると心配になりますね。

 

実はこれ、犬の夏バテ症状なんです!

 

ワンちゃんが夏バテをして食事をしない時はどうしたらいいのかしっかりと把握して夏を乗り切りましょう!

 

 

犬が夏バテになりやすい原因は温度差だった!?

 

一番夏バテになりやすいのは部屋の温度です。

 

人と暑さを感じる温度が違うのでワンちゃんが快適に過ごせる温度を保ってあげることも大切です

 

ワンちゃんの適温は22℃~26℃くらいなのですが犬種や大きさ、環境にもよるので絶対ではありません。

 

私は設定温度26℃だと寒く感じるため28℃に設定していますが、ワンちゃんは一番風のあたる場所を選んで寝ているので問題はないようです。

 

ワンちゃんを見ていて暑そうだなと感じた時は温度を1℃下げたり扇風機を回して部屋の温度を調節しています。

 

ワンちゃんにはシングルコートとダブルコートと2種類がいるのですが、特にダブルコートのワンちゃんは暑さに弱いです。

しかし、我が家のワンちゃんはダブルコートなのにも関わらず寒がりです。

 

先日、美容院へ迎えに行ったらとても体が熱くてビックリしたので、急いで車のエアコンをONにしたらガタガタブルブル増えてしまいまた。

 

元々寒さに弱いのですが、急な温度差が原因でした。

実は一番夏バテになりやすいのが今回の温度差なのです。

 

涼しい部屋の温度と暑い外の温度差でやられてしまうことが多いので注意が必要です。

 

 

そして室内と室外との温度差が激し散歩の時間を考えてあげることも重要です。

 

私は夏の散歩はアスファルトが温まる前の5時頃に、夕方はアスファルトが冷めてた19時頃に行くようにしています。

 

夏は9時、10時でもすでにアスファルトは暑いです。

 

人間は靴を履いているのでアスファルトの熱を感じにくく、気がつかない人が多いのですが、実はアスファルトの熱と太陽の照り返しの熱は人間の膝の高さまであり、その温度は50℃や60℃にもなりワンちゃんの体を包み込んでいるのです。

 

これでは、ワンちゃんにとって夏の散歩は鉄板の上を歩いている事と同じなので夏バテになりやすく肉球を火傷してしまうこともあるのです。

 

私はいつも、微妙な時間の時はアスファルトを裸足で歩いてみて、自分が歩けるかを判断して大丈夫だと判断したら出かけます。

 

自分は靴で、ワンちゃんは裸足で暑いことを知らずに歩かせるなんて絶対に出来ません。

 

暑い中を散歩に行ったワンちゃんは、体調を崩してしまい、そんな状態でキンキンに冷えた部屋に帰ってくると人間と同じで具合が悪くなりますね。

 

温度差があまり激しいのも夏バテの原因になるので散歩の時間も気にしてあげて下さいね。

 

 

夏バテの症状は?全然食べてくれない時はどうすればいいの?

 

ワンちゃんの夏バテの症状は私達人間と同じなので分かりやすいです。

 

・食欲不振

・体がダルそうで動きたがらない

・おやつを頂戴と催促に来ない

・おやつだけを食べて食事を残す

・匂いだけ嗅いで食べない

・完食していた食事を残す

・水をあまり飲んでいない

 

など食事の様子がいつもと違ったら時は夏バテの可能性があります。

 

食事は健康のバロメーターです。

 

ただ、ワンちゃんの食事量は夏には15~20%減り、冬は15~20%増えることが分かっています。

 

食べが悪くなったから絶対に夏バテという訳ではなく、食べる量が減る季節だということも頭に入れ、夏はご飯の量を少し減らしてあげましょう。

 

それでも春から夏にかけて減らしたご飯の食べが悪いと感じた時は食事に変化を付けてみて下さい。

 

・ドッグフードに水を混ぜて匂いをたてる

・ドライフードにプレーンヨーグルトをかける(ティースプーン1杯)

・ドライフードを冷やしたり、凍らせたりする

・エサの器を冷やす

・ウェットフードをかける

 

我が家のワンちゃんはプレーンヨーグルトをかけると、とても喜んで食べてくれるのでおすすめですよ!

 

砂糖の入ったヨーグルトはワンちゃんの肥満の原因になるので与えないで下さいね。

 

また多めにヨーグルトをかけてしまうと、うんちが緩くなってしまうので目安でティースプーン1杯にしましょう。

 

 

夏の水は飲みすぎでも飲まなさすぎでも食欲不振の原因になるって知ってた!?

 

ワンちゃんの食欲不振の原因は、暑くて水を飲みすぎたことで胃液が薄まることです。

 

さっきガブ飲みしていたなと思った時は、そのまま様子を見てご飯はあげないで下さい。

 

薄まった胃液は消化不良の原因なので、半日~1日何も食べさせず胃を休ませてあげることが大切です。

 

調子が戻れば「ご飯を下さい」と催促にくるので無理に食べさせようとしなくても大丈夫です。

 

 

そして、明らかに水が全然減っていない時は脱水症状になっている可能性があります。

 

緊急を要すると感じた時は病院で点滴をしてもらう必要があるのですが、

まずは、水を飲ませてあげることを考えましょう。

 

・新鮮な水を用意する

・いつもの場所だけではなく目に付く所に何箇所がセッティングをする

・水に氷を入れる

・水の容器を冷やす

・水に牛乳を少し混ぜる

 

それでも飲んでくれない時は、氷で遊ばせてあげることも良い方法です。

 

氷で遊ぶうちに水分補給も出来るし、体の中から冷えるので一石二鳥です。

 

部屋が濡れるので後で拭けばいいか!くらいで、汚れたと怒ったりしないで下さいね。

 

ただ、飲み込むと溶けるまでに時間がかかるので注意は必要です。

 

そして、お腹を壊すこともあるので与えすぎには気を付けましょう。

 

それでも、水分をとってくれない時は水分の多い野菜や果物を与えることも最善策です。

 

・キュウリ

・レタス

・トマト

・ナシ

・スイカ

 

など、夏野菜や果物は体を冷やしてくれるのでおすすめです。

 

食べ過ぎると消化がしにくいので少しづつあげて下さい。

 

体が冷えすぎることもあるので下痢に注意して下さいね。

 

 

実際に我が家のワンちゃんは春でも暑い日と寒い日とでは食べる量が違います。

 

つい先日、春なのに21℃・25℃・27℃と夏日のような日が3日続き、急に18℃と寒くなりました。

 

一番気温が高かった27℃の日と比べ9℃の温度差があったのです!

 

この日はご飯を食べても「もっと、もっと」と催促ばかりで「どれだけ食べたいの?」なんて言いながらおかわりをあげた日がありました。

 

急に寒くなったことで、ワンちゃんの本能が働いて寒いから脂肪をつけようとしたんですね。

 

ワンちゃんの本能って本当にすごいです。

 

ワンちゃんは暑さに弱いので夏バテのことをしっかりと頭に入れておきましょう。

 

まとめ

 

暑い夏は苦手なワンちゃんが夏バテになりやすい季節です。

とくに室内と室外の温度は要注意です。

 

私達は、

暑い寒いで服を来たり脱いだりするので

体温調整が出来ますが、

ワンちゃんは私達家族が見守ってあげなくてはなりません。

 

それが家族として迎えた責任でもあります。

 

 

そしてワンちゃんが、

普段どのくらい飲んだり食べたりしているのかを

ちゃんと把握しておきましょう。

 

「今日は水をちゃんと飲んでいるのかな?」

 

「今日の水の減りが少ないし元気がないような気がする!」

 

と感じたときは食事に少し変化を加えてみてください。

 

・水分の多い夏野菜や果物を与える

・水に氷を入れる

・水に牛乳を入れる

 

ただ、牛乳は傷みやすいので飲まない時は早めに引き上げて新鮮な水を常に用意してあげて下さい。

 

また、ドッグフードにヨーグルトをかける時は

砂糖なしでティースプーン1杯を目安にして下さい。

 

食べ過ぎは下痢になるので

少しだけドッグフードに絡ませてあげて下さいね。

大切な家族である

ワンちゃんの健康を守るためにも

日頃の様子はしっかりと把握して

暑い夏を一緒に乗り越えましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す