犬の耳ダニの正しい取り方は?放置は危険!耳の中で卵を産み繁殖し続ける!!

最近、ワンちゃんが

耳の辺りを掻く仕草を良く見る気がする。

 

耳の辺りから顔を洗う仕草や、

床に耳の辺りを押し付けるような格好をしたり。

 

耳が痒いのかな?

 

 

そう思ったら直ぐに耳を見てあげて下さい。

 

 

赤茶っぽい汚れ

 

黒くなった汚れはありませんか?

 

イヤな臭いはしませんか?

 

 

もし、これらの症状が

1つでも当てはまったら

 

耳ダニを疑って下さい。

 

耳ダニは痒みを伴うため、

 

ワンちゃんにとって、

 

とてもストレスになります。

 

また、そのまま放置すると

 

耳の病気になります。

 

 

「ウチのワンちゃん耳が汚れているみたい!どうしたらいいの?」

 

「耳を掃除するって怖いけど、素人がしても大丈夫?」

 

「掃除してみたけど、なかなかキレイにならないみたい」

 

「臭いも結構気になる・・・」

 

 

ワンちゃんは、

痒くても違和感があっても

言葉で伝える事が出来ません。

 

ホームセンターなどで

耳の掃除用品は販売していますが

正直、素人では耳ダニのとり方は

 

分からないですよね。

 

耳ダニかもしれないと思った時に

どうするべきなのか、

しっかりと理解して

 

大切なワンちゃんを守ってあげましょう。

 

 

耳ダニって何?発見したらどうすればいいの?

 

耳ダニの正式名は

ミミヒゼンダニといい、

約0.2mm~0.4mmのとても小さなダニです。

 

耳ダニは

耳の中の湿った場所で発生し

耳の中の垢を餌にして

寄生しているので

汚れた耳の中はとても住みやすいのです。

 

耳ダニの一生は約2ヶ月です。

 

  • 卵は2~4日で孵化
  • 幼虫
  • 第1脱皮若成虫
  • 第2脱皮若成虫
  • 成虫

 

およそ3週間で卵から成虫になります。

卵が2~4日で孵化するということは、

毎日孵化しており、

 

2ヶ月で成虫が死んでも

絶えず耳の中で新しい耳ダニが

 

発生していることになります。

 

死骸が耳の中で溜まり、

さらに新しい

 

耳ダニが生まれ続けるとなれば想像できますよね?

 

耳の中でどんなことになっているのか・・・。

 

ワンちゃんが、

もっとも寄生しやすいのは

 

パピーの時代で生後3ヶ月の間です。

 

パピーの頃は、

皮膚も柔らかく

 

湿り気が多いため

 

発生しやすい環境なのです。

 

寄生のルートはいろいろあります。

 

  • 母犬がすでに耳ダニが寄生しており仔犬に寄生した
  • ペットショップで他のワンちゃんと一緒に居た時に寄生した
  • 他のワンちゃんから美容院のクシなどから寄生した
  • 耳の中の中が湿っていて、掃除をあまりしていない環境で発生した

 

耳が湿った状態は、

 

耳ダニにとってパラダイスです。

 

成犬でも耳ダニが発生し寄生するので、

 

普段から耳チェックをしてあげましょう。

 

特に垂れ耳の犬種は

 

耳にフタをしている状態なので、

寝ている時などに

 

こっそりと耳を裏返して

風通しをよくしてあげて下さいね。

 

 

そして、一番可能性が高いのは

母犬からの寄生です。

 

実は我が家の愛犬も耳ダニの経験があります。

 

我が家の1代目はポメラニアンの男の子でした。

 

始めてワンちゃんを家族に迎え、

 

足りない知識の中でも耳の汚れが気になり

 

ワクチン注射の時に

 

病院の先生に診てみもらいまいた。

 

すると、

耳ダニである事が判明し

 

それから掃除をしてもらいました。

 

何度か病院へ通ったことを覚えています。

 

生後48日で譲り受けたポメラニアンの男の子は、

 

まだまだ小さく

 

外に連れて行くこともできません。

 

我が家には先住犬もいなければ、

 

近所のワンちゃんにも会わせてもいません。

 

なぜ、耳ダニが寄生していたのかとても不思議でした。

 

病院の先生がいうには

 

「母犬から耳ダニが寄生した可能性が一番多い」

 

ということで、一つ勉強になりました。

 

キレイにしてもらってからは、

 

耳ダニが発生、

寄生することもなく

元気に成長し12年後、

 

ポメラニアンの男の子は虹の橋を渡りました。

 

それから2年後、

 

我が家に新しい家族を迎えることになったのです。

 

2代目のワンちゃんは

 

チワワ×シーズーの女の子!

 

シーズーのMIX犬なので

 

耳が垂れ耳でいつもフタがしてある状態です。

 

ある時、抱っこしていると

 

「なんか臭うな?最近よく耳を掻いていたし」

 

と感じ耳を覗いてみました。

 

すると、赤茶色の耳垢が結構付いていて

 

「あれ?これって・・・」

 

14年前の病院での出来事を思い出しました。

 

「この量は結構ヒドイ気がする・・・。耳ダニじゃない?母犬から移るって言っていたよね」

 

 

私は、綿棒で耳赤をグルンと取り、

 

綿棒にしっかりと付いた耳垢を

 

ジーとみつめました。

 

 

すると・・・。

 

 

綿棒に付いた耳垢がモゾモゾ、

 

モゾモゾと動いていたのです!

 

 

「やっぱり居る!!急いで病院へ行かないとダメだ!」

 

私は、大至急病院へ連れて行きました。

 

「先生!耳ダニが沢山いて、綿棒の上でモゾモゾ動いているのが見えるほどヒドイです」

 

先生は直ぐに耳垢を取り、

 

顕微鏡で調べてくれました。

 

先生の第一声は

 

「こんなに大量発生している耳ダニは始めて見た。よく見えましたね!」

 

「え?始めてみるほどの量なんですか?」

 

私も先生も驚きが隠せません。

 

それから、耳ダニの治療が始まったのです。

 

 

 

耳ダニの正しい掃除や治療の仕方とは?

 

 

耳ダニの正しい掃除や治療方法は、はっきり言います。

 

大至急、病院へ行って下さい!!

 

ホームセンターなどで

売られている耳掃除用品は、

 

耳の汚れを拭き取るための商品で

 

耳ダニの駆除は出来ません。

 

耳ダニが寄生している状態で、

 

素人が綿棒を突っ込むと、

 

耳ダニは耳の奥深くへ追いやることになりなります。

 

自分の耳で想像して見てください。

 

耳の裏、エラの辺りの奥深くが

 

ずっとむず痒かったらどうですか?

 

こんな耐え難い苦痛はありませんよね?

 

では、どうしたらいいのか?

 

そう!大至急、病院へ行くこと!!

 

先ほども話ましたが、

 

耳ダニは卵かから死骸になるまで約2ヶ月です。

 

我が家のチワシーの耳ダニを発見したのは、

 

生後2ヶ月の時でした。

 

つまり、母犬か周りのワンちゃんから

 

生後間もないころに寄生して、

 

我が家に来た頃に孵化したことになります。

 

耳の中で動き始めたことで、

 

痒みが出始め耳を掻いたり、

 

臭いが発生し始めたのです。

 

ということは、

 

耳の中は卵もあれば、

幼虫や成虫も居て、

 

おまけに死骸も残っている状態になります。

 

そこで必要なのが、耳の洗浄です。

 

病院の洗浄液で耳中をキレイに洗ってもらいます。

 

この洗浄で耳ダニの死骸を除去します。
 
 
耳に中に残っている、
 
幼虫と成虫を殺す薬を耳に点耳してもらいます。
 
 
この薬は卵には効きません。

 

まずは、ここまで第一治療は終了です。

 

症状にもよりますが、次は1~2週間後にもう一度来院します。

 

我が家のチワシーは、

 

とてもヒドイ量だったので

 

まずは1週間後に来院しました。

 

一番始めの洗浄で古い死骸を洗い流し、

 

2回目の洗浄は幼虫、

 

成虫を殺す薬で死んだ

 

耳ダニの死骸を洗い流します。

 

薬を点耳しても何日かすれば、

 

効果も薄くるので

そのこころ孵化した

幼虫には薬が効かず

 

成長するも耳ダニもいます。

 

耳ダニが卵から成虫になるのは

 

約3週間なので、

うまいこと洗浄と薬をすり抜けて

 

生き延びる耳ダニを完全排除するには

 

2週間に1回の治療を1ヶ月は続ける必要があります。

 

病院にもよりますが、

 

1回の洗浄と薬の投与で2~3千円くらいでした。

 

初めは1週間後に来院し、

2回目以降は

 

2週間に1回のペースで通って

1ヶ月~1ヶ月半の間に完治し、

 

治療費は全部で1万2千円ほどでした。

 

 

病院で、「もう、大丈夫ですよ」と

 

お墨付きをもらうまでは通って下さい!

 

このように、

 

耳ダニは素人ではどうすることも出来ません。

 

また、先住犬が居て

 

新しい仔犬を迎えた時に

 

耳ダニを発見した場合は、

先住犬にも寄生している可能性が高いので

 

必ず一緒に治療をして下さい。

 

そして、耳ダニに感染している可能性のある

 

ワンちゃんに近づけないことも大切です。

 

耳が汚れている時は、

 

少しでも早く病院で掃除をしてもらうことが

 

耳ダニの繁殖を防ぐ方法です。

 

定期的に掃除をしてもらうことも大切ですね。

 

 

耳ダニを放置したらどうなるの?

 

【耳ダニの症状】

  • 耳のかゆみ
  • 耳からの異臭
  • 耳の炎症
  • 耳が黒くカサカサした垢が出る
  • ねっとりした茶垢がつく

 

【重症化の症状】

  • 頭をよく振る
  • 耳周辺をやたら擦り、落ち着かない
  • 耳周辺を掻きむしったことによる抜け毛
  • 三半規管がやられてクルクル回る
  • 外耳炎
  • 内耳炎
  • 耳血腫

 

など、耳の病気になります。

 

いずれ、耳が聞こえなくなる可能性もある恐ろしい病気です。

 

痒みや痛みは本当に辛いので、

 

1分でも早く見つけてあげて欲しいです。

 

絶対に放置はしないで下さい。

 

大切な、大切な家族です!

気づいてあげることは私達飼主の責任なのです。

 

 

まとめ

 

耳ダニは放置すると毎日、

 

毎日繁殖し続け耐え難い痒みを与えます。

 

ワンちゃんは痒いとも言えず、

 

痒みに耐える日々を送らなくてはいけません。

 

とくに、生後3ヶ月までのパピー時代は

 

寄生している可能性が一番高いので、

 

家族に迎えた時は耳の様子を気にしてあげてくだいね。

 

 

少しでも臭いや耳垢があるようだったら、

 

耳ダニの可能性を疑って

 

病院で調べてもらって下さい。

 

我が家のチワシーは、

重病にはならなかったけど

 

痒い思いをしていたと思うと

 

ごめんねとしか言えません。

 

耳を掻く回数が急に増えた気がする時は

 

耳ダニがいなくても汚れていることもあるので

 

病院や美容院で

 

耳そうじをしてもらって下さいね。

 

耳ダニが発生、

 

寄生しないために大切なことがあります。

 

  • 耳の中を常に乾燥した状態を保つこと
  • 清潔な状態を保つこと
  • 他のワンちゃんと接触しないこと

 

ピンと立ち耳のワンちゃんは風が入りますが、

 

垂れ耳のワンちゃんは

湿っぽくなりやすいので

 

特に気を付けてあげましょう。

 

寝ている時に

 

裏がえして乾燥させることが大切です。

 

我が家のチワシーは、あれから1度も再発していません。

 

キレイに病院で治療をすれば大丈夫です。

 

でも、いつもスキンシップをとりながら

 

耳の状態を気にしています。

 

耳ダニを甘くみてはいけません。

 

みなさんも、

 

ちょっとした変化を見逃さないよう向き合ってあげてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す