犬も花粉症になるの?くしゃみより辛い花粉症状があった!!

春になると、

やたらとくしゃみをするワンちゃんがいる!


これって花粉症なの?


 

ワンちゃんは

鼻でしか呼吸出来ないって聞くけど

鼻は詰まらないの?


ワンちゃんの花粉症対策はどうすれば良い?


花粉症でお困りの飼主さんだからこそ、

大切なワンちゃんが

粉症だったら辛いだろうな

という気持ちがよく分かるので、

なんとか防げるものなら

防いであげたいって思いますよね。


ワンちゃんの花粉症は、

くしゃみ以外にもあります。


そのことを知らずにいると、

知らない間に辛い思いをさせている

可能性があります。


花粉症の症状と

対策をしっかり覚えて

辛い思いをさせないように守ってあげましょう。

犬の花粉症の症状とは?




ワンちゃんの花粉症の症状は、

くしゃみや鼻水も出ることがあるのですが、

ワンちゃんにとって最も辛い症状は

皮膚にでることです。


毛に付いた花粉が

皮膚に付いたことが原因で起こるのが


『犬アレルギー性皮膚炎』


なのです。


症状としてでやすいのは

耳・脇・股・お腹・手足の先・口・目の周りです。


長い間、同じ所を舐めたり

噛んだりしている時は痒みを感じている時なので


様子を見てあげて下さい。


また、ワンちゃんは毛が生えて居て皮膚が見にくいので、

かき分けて皮膚の調子も観察して下さいね。


【主な症状】

  • 湿疹
  • 赤み
  • 強い痒み
  • 乾燥
  • 目の周りの弱い皮膚の赤み
  • 抜け毛
  • 外耳炎
などを発症するケースがあり、

これらの症状が見られる時は

病院へ連れて行ってあげましょう。


ワンちゃんの保険会社の調査によると

一番多いのが3月からの

犬アレルギー性皮膚炎による通院なのです。


 

うちのワンちゃんは大丈夫だと思っていても、

強い痒みを感じていたら可哀想なので、

様子や調子が違うなと感じたら

病院でアレルギー検査をしてもらうこともオススメします。


特に犬アレルギー性皮膚炎になりやすいワンちゃんは、

  • 柴犬
  • シーズー
  • ボストン・テリア
  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • ワイヤー・フォックス・テリア
  • ペキニーズ
  • パグ
  • ブルドッグ
  • フレンチブルドッグ
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ラブラドール・レトリーバー
などが多いと言われています。


ここに載っていないワンちゃんでも

犬アレルギー性皮膚炎になる

可能性は十分あるので、

なでなでスキンシップをしながら

皮膚の調子を見てあげて下さいね。


 

ワンちゃんの鼻は詰まらないの?




私達人間は、

花粉症になるとアレルギー反応で

鼻が詰まったりしますよね?


ワンちゃんは

鼻呼吸しか出来ないと言われていますが、

ワンちゃんの鼻は花粉症の症状である

犬アレルギー性皮膚炎

鼻詰まりは起こらないのかすごく気になります。


ワンちゃんの病気の中に

鼻が詰まる病気があります。

  • 腫瘍による鼻づまり
  • 歯周病悪化の影響による鼻づまり
  • 副鼻腔炎による鼻づまり
  • 老化による鼻づまり
などがあり、

鼻づまりを決して甘くみてはいけません。


ただ、花粉症による鼻づまりは

人間と鼻の構造が違うため発症しにくいのです。


人間の鼻の中には脂肪細胞が多くあり、

花粉を吸い込んだことで

アレルギー反応をおこし、

この脂肪細胞が腫れた状態が鼻づまりです。


ワンちゃんの鼻の中は

アレルギー反応によって

腫れるほどの脂肪細胞がないので

花粉症による鼻づまりは少ないのです。


花粉を吸ったワンちゃんがする行動、

それは『くしゃみ』私達と同じですね。


ワンちゃん達も鼻に入ると

ムズムズするんですね。


クシュン、クシュンとする姿は

とても可愛く見えますが、

あまりにも連続でするくしゃみは

ワンちゃんも辛いので可哀想ですね。


我が家の1代目ポメっちゃんは、

くしゃみをしはじめると

止まらなくていつも7回はしていました。


 

最高で12回もしたことがあり、

本当に驚きました。


私もくしゃみをしはじめると止まらなくて、

ポメちゃんと同じように

なぜか昔から毎回5~7回は出ます。


 

飼主と似るっていうけど、

そんな所まで似なくてもって感じです。


でも、くしゃみって結構体力使うので

ワンちゃんにとっては

辛いんだろうなと感じていました。


では、ワンちゃんを花粉から守るためにすることはあるのでしょうか?

ワンちゃんを花粉から守るためにできること!




ワンちゃんを

花粉から守るために必要なこと。


ワンちゃんに

花粉が付きやすいタイミングといえば散歩です。


花粉が付くからって

散歩行くことを辞めるわけにはいきませんよね。


ワンちゃんを散歩に連れていく時に出来ること、

それは服を着せてあげることです。


ニットなどの毛羽立ったものよりは

雨ガッパのようにスベスベした

生地の服がオススメですが、

晴れていると暑いので

ワンちゃんの様子を見ながら

服は変えてあげて下さいね。


家に帰ったら、

家の中に花粉を入れないように

外で服を脱がせて、

飼主さんも服に付いた花粉を

コロコロなどでとりましょう!


そして、散歩から帰ってきた時に

してはいけないNG行動がります。


それは、ブラッシングです。


ブラッシングをすると

毛に付いている花粉が

被毛の奥深くへと入り込み


皮膚に付くことで

犬アレルギー性皮膚炎を招く恐れがあります。


また、ブラッシングすることで

静電気が起きる事で

毛に花粉が絡んでしまうので気を付けましょう。


そして、

花粉がもっとも飛ぶ時間を避けること!


花粉がもっとも飛ぶ時間は

13時~15時です。


この時間は花粉も飛びますが、

暑い時間なので

お散歩は避けたほうが良い時間ですね。


一番良い時間帯は花粉が飛ぶ前の朝と、

花が閉じている夜です。


しかし、生活スタイルもあるので

無理はしない程度に

散歩に連れて行ってあげましょう。


服が苦手なワンちゃんもいるので、

服を着ないで散歩に行った時は

帰って来たらタオルで拭いてあげることが一番良いです。


叩くと花粉が舞うので拭いてあげましょう。

まとめ




花粉の季節は

ワンちゃんも花粉症になることが分かりましたね。


くしゃみも花粉による影響ですが、

犬アレルギー性皮膚炎は

本当に辛い症状です。


耳・脇・股・お腹・手足の先・口・目の周りを

頻繁に舐めたり

噛んだりしている時は

痒みを感じているので

病院へ連れていってあげて下さい。


●散歩は花粉が飛びやすい13時~15時と夕方は避けてあげること


●服を着せて花粉が着く量を減らしてあげることも大切


●家に帰ったら服は外で脱がせる


●叩かないように、タオルと撫でて花粉を落とす


少しでも

花粉症によるくしゃみや

犬アレルギー性皮膚炎にならないように、

出来ることを私達がしてあげれると良いですね。ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す