犬はドッグフードでアレルギーが緩和する?体に良いドッグフードとは?

うちのワンちゃん、もしかしたら食物アレルギーかもしれない。


痒がったり、フケが出たり、いったい原因は何だろう?


体質的にアレルギーを持って産まれたワンちゃんは40%いると言われていますが、

アレルギーの原因が実は、毎日食べていたドッグフードだったとしたら?


ドッグフードを変えることで、緩和するのか?


どんなドッグフードが安全でどんなドッグフードにアレルギーが出やすいのか

知識として持っていることは強みです。


犬のアレルギーによる皮膚炎は食べものによることが多いです。


大切な家族であるワンちゃんの食べるものを、

気を付けてあげられるのは私達だけ。

食べ物によるアレルギーのメカニズムを知ってワンちゃんを守ってあげましょう。

食物アレルギーってなんででるの?




ワンちゃんが一番かかりやすい病気!


それが食物アレルギーなのですが、どうしてアレルギーになるのでしょうか?


原因はドックフードに含まれる添加物・防腐剤・着色料だった!!


ワンちゃんが食物の中で一番アレルギー反応が出やすいのは、たんぱく質です。

でも、たんぱく質は免疫機能や臓器への栄養として

とても大切でワンちゃんの体を作り上げるのに必要不可欠です。


それなのに、ワンちゃんに必要なたんぱく質が原因と言われたら

何を食べさせたら良いのか困ってしまいますね。


ワンちゃんが消化吸収しやすいのは、

動物性たんぱく質で鶏肉・牛肉・ラム肉・鹿肉・

馬肉・サーモン・ニシン・白身魚などです。


そして、ワンちゃんが消化吸収しにくいのは、

植物性たんぱく質で大豆・小麦・トウモロコシ・グルテンは消化しにくいので

大量に与えてはいけません。


ドッグフードに入っているワンちゃんに大切な動物性たんぱく質なのですが

実際、添加物防腐剤・着色料が大量に入っていることで

質の悪いたんぱく質が存在しています。


質の悪いたんぱく質が含まれたドッグフードは消化されにくく、

肝臓と腎臓に大きな負担がかかります。


質の悪いたんぱく質を食べ続けていると、

肝臓が弱って毒素を体外に出せません。

それに気づかず肝臓機能が低下中に質の悪いたんぱく質を毎日体に入れることで

毒素を体外に出すことができないのです。


この毒素が溜まった状態が悪化すると、

免疫システムがアレルギーの原因だ!

と判断し痒み・フケ・腫れなどの症状としてでるのです。


いつまでたってもアレルギーが全然治らない状態になってしまうのです。


 

また、腸内の悪玉菌を増やすことになり

下痢の原因にもなるのでワンちゃんの毎日の体調を見てあげてくださいね。


 

添加物を考えると、ワンちゃんのご飯は手作りが良いのですが、

ドッグフードが悪いばかりではありません。


手作りご飯では補えない、

ワンちゃんに必要な1日の栄養素も

ドッグフードには含まれるので質の良いドッグフードを見極めることが大切です。

質の悪い動物性たんぱく質って何が入っているの?




人間の食べるものは、

添加物に基準があり守られているのですが、

実はワンちゃんの食べるものは添加物の基準がありません。


人間にとって危険とされる添加物でも

ドッグフードには使用OKがでているので

科学薬品を使った香料も入っている場合もあります。


信じられない話ですよね・・・。


そこで、全てが書いてあるわけではないのですが、

ドッグフードのパッケージ裏にヒントがあります。


実際に家にあるドッグフードを確認して見て下さい。


発がん性の報告がある添加物です。


覚えておいて下さい!!

  • エレキシキン
  • BHA
  • BHT
  • 亜硝酸ナトリウム
  • ソルビン酸カリウム
  • フレバー
  • 合成着色料(赤色3号・40号・105号/青色2号・102号)
  • ビートパルプ
何が入っているのか分かりにくい書き方

  • ○○パウダー
  • ○○ミール
これらが、入っているものはほとんどで、無いものを探すことは大変です。


ドッグフードのパッケージを見てキレイな緑やオレンジ色など付いているものは合成着色料です!


まずは色の付いていないドッグフードを選んでくださいね。


ワンちゃんにとって大切な動物性たんぱく質でも、添加物・防腐剤・着色料が含まれている物はアレルギー反応が出る質の悪い動物性たんぱく質だということを覚えておいて下さい。

ドッグフードを変えるとアレルギーは緩和することがあるの?




食物アレルギーの原因として、うちのワンちゃんは鶏肉がダメみたい・・・。


など話を聞いたりすることもありますが、実は原因が鶏肉ではなくドッグフードに一緒に含まれていた添加物にアレルギー反応が出ていた!ということが沢山あります。


質の悪いたんぱく質を与えていたことで病気になっていたとしたら、とても悲しい事ですよね。


私達、飼い主がしてあげられるのはワンちゃんの体に良いものを食べさせてあげること。


実際に我が家のMIX犬チワワ×シーズーは、いつも目元が湿っていて美容院へ行っても何日かするとちょっと臭っていました。


顔を近づけると臭いな・・・と思うことあり拭いてあげてもなかなか臭いは取れません。


ドッグフードに含まれる成分でアレルギー反応が出て涙やけになることを知って我が家のドッグフードの成分を見てみました。


ペットショップでオススメのドックフードを赤ちゃんの頃からずっと変らず食べていて、ちょっと高めだったので体に悪い成分は少ないのだろうと思いこんでいたのですが、調べてみたらBHA・BHT・亜硝酸ナトリウムがしっかり入っていたのです。


2年近くも食べさせていたことに気がついた時はショックでした。


でも、急にドッグフードを変えても食べてくれないので、

パッケージの成分表に体に悪い成分が書いていないものを探してみました。


ホームセンターには入っていないものが無い!


というほど全てに含まれていて衝撃を受けました。


ものすごい種類の中で唯一、安全そうかな?と思えたドッグフードを発見!


現在、ドッグフードを切り替えられるように少しずつ食べさせています。


完全に切り替わるまでには、まだまだ日にちがかかりそうですが

実は最近、涙で濡れている感じや、

涙やけの具合、湿って細菌が繁殖していた臭いが緩和していると感じています。


ドッグフードの成分を気にしてあげることで、

1ヶ月もたたないうちから緩和が見られるということは

やはり体に悪い成分を食べさせていたということなにます。


みなさんも、一度ワンちゃんの体のために気にしてあげてくださいね。

まとめ




実際に我が家のワンちゃんは、

ドッグフードの切り替え中にアレルギー反応である涙やけが緩和しつつあります。


発がん性物質が入っている、

アレルギーの原因と知りながら与えるのって辛いですよね。


ドッグフードの成分表を見れば書いてあるのでぜひ覚えておいて下さい。

  • エレキシキン
  • BHA
  • BHT
  • 亜硝酸ナトリウム
  • ソルビン酸カリウム
  • フレバー
  • 合成着色料(赤色3号・40号・105号/青色2号・102号)
  • ビートパルプ
これらが入っているものは、ワンちゃんの健康を害するものです。


大切な家族であるワンちゃんが長生きするためにも

添加物・合成着色料・防腐剤の入っていない質の良いドッグフード

与えてあげましょうね。ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す