ペットを飼っていて良かった瞬間


こんにちは。
ゆっきーです。

今日はペットを飼っていて
よかったことについて書いていきたいと
思います。

まず、一緒に生活できる事自体が
とても幸福なことですよね。




家族と過ごす事と変わらず、
喜んだり、怒ったり、泣いたりと
ペットと一緒に過ごす日々は何事にも代えられない日々だとそう感じます。




ペットを飼うことは良いことだらけだ




ペットを飼っていて良かった瞬間と言えば、精神的に心が落ち着くところだろうか。




まるで天然の精神安定剤のように不安な気持ちを拭ってくれるからです。




健康面でも良い結果に?




ペットの世話をしている人とそうでない人を比べた結果、ペットを世話をしている人の方が病気になりにくいという結果が出ているらしいです。




また重い病にかかっていても回復が早いという検証結果が出ていることも分かっています。




実際にアニマルセラピー療法というがあるのをご存知の方は多いでしょう。




動物と触れ合うことによって心身の機能を高め、向上させるのが目的の療法です。




子どもがいるご家庭は是非ペットを!




ペットを飼う事で子どもの感情や情緒を育むことができます。




世話をしたり、可愛がることで責任感を持つこと・相手に対して思いやりの心を育むことができるでしょう。




またペットに愛着を持って接することで、思いやりを持ったり言葉が話せないペットの様子観察することで洞察力も養われます。




小動物を飼っていて良かった瞬間








小動物の代表と言えばハムスターや今人気のハリネズミなどが挙げられますが、




やはりその可愛い見た目や飼育のしやすさなど比較的少ない飼育道具で飼えてしまいます。




小動物の場合警戒心が強く、仲良くなれるまで時間はかかりますが慣れてしまえば毎日楽しくお世話できることでしょう。




命の大切さを学ぶ




小動物の場合少ない飼育用品で飼えてしまうとご紹介しましたが、




逆を言えば基本的なエサやり・飲み水・トイレ・温度管理さえすれば誰でも予備知識無しに飼えてしまいます。




その予備知識の無さからの不注意でつらい思いをさせてしまったり、飼い主が困る場面もあるでしょう。




そしていつか来る寿命が数年だったりします。




人より当然ながら短いので飼い主さんは一生を見届けなくてはいけません。




命の始まりから終わりまでを見届ける経験というのは、なかなか出来るものではないでしょう。




一緒に過ごした相手とのお別れは辛いですが、それを通して命の大切さ




相手への思いやりを学べるのではないでしょうか?




良かった瞬間は毎日ある




ペットを飼っていて良かった瞬間は日々生活の中溢れています。




その中で執筆者の私が実際に聞いたペットを飼っていて良かった瞬間の体験談をご紹介しましょう。




ご家族でご来店されその後のお話ですが、




飼い主さんは元々動物が苦手で最初こそ反対していたのですが、ワンちゃんを家族として迎え入れました。




集合住宅から一軒家に移り住むタイミングに飼育し始めて、ワンちゃんがリビングにいつも居るらしく家族が自然とリビングに集まる時間が出来て、




ワンちゃんを飼い始めてからいつも帰宅が遅い父が早く帰るようになり家族みんながリビングで団らんするようになったそうです。








今まで家族と共通する話題がなくひきこもりがちだった娘さんのお話で




娘さんは学校や部活で少しいじられ気味だったらしく、家族ともあんまり上手くいってなかったそうですが、娘さんのお母さんがご来店されて、ネコちゃんを家族に迎え入れてから家庭が明るくなり、家族みんながそれぞれネコちゃんのお世話をするようになったのがきっかけで家族共通の話題が出来てコミュニケーションが広がったなど、




ペット業界に長くいるとそのような心温まる会話ももちろん増えます。




良かった瞬間楽しい記憶は人もペットも消えない








楽しかったこと、ペットを飼っていて良かった瞬間はどんなに年月が経っても色褪せない思い出になります。




人もペットもお互いが支え続けている事が記事を読んでいただければご理解できたでしょうか?




しかし動物に癒してもらうというのは人のエゴだと執筆者の自分は思います。




動物も人から癒されていないと、良かった瞬間や楽しい思い出は成り立たないからです。




なぜならペットは楽しい瞬間は笑うのですから。




え?動物は笑わないでしょ?と思った方はよく動物を観察してみてください。




表情に上手い下手はありますが、しっかりと笑ってくれているのが分かります。




そしてこの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す