猫のいたずらを防ぐしつけ方法

猫を飼っている飼い主さんが毎回頭を悩ます。猫ちゃんのいたずら行動

猫ちゃんのいたずらには様々な要因があり、悩んでいる飼い主さんはまずいたずらの原因を知る事が大切になるでしょう。

今回は猫のいたずらを防ぐしつけ方法についてご紹介します。

 

猫のしつけ方で叩くのは絶対にダメ!

猫のしつけをする場合は叱る事が大切です。

しかしただ大きい声を出したり、猫を怒れば良いわけではないのは人間の子供と同じです。

猫ちゃんにわかるように叱ることで上手にしつけをすることが出来ます。

では実際に叱るタイミングはいつなのかご紹介しましょう。

 

飼い主さんが見ていて、悪い事をしたタイミングがベスト

飼い主さんが外出中に猫ちゃんがいたずらをして、帰ってきた時にお部屋が散らかったりしていた場合、そこで猫ちゃんを叱ったとしても猫ちゃんは理解できないです。

いたずらをしたそのタイミングで叱らなければ、猫ちゃんは徐々に何がいけなかったのか理解して覚えるからです。

 

いけないことが分かってくるとこれもまた厄介でいたずらをする時に飼い主さんの様子を確認するようになります。(そこがまた可愛くてずるいところ)

そして猫ちゃんを叩いて叱ったところで効果はない事覚えておきましょう。

猫ちゃんは単純に嫌な事をされた!飼い主さんの事が嫌いになった!など悪循環になります。

いたずらしては困るものは置かない、場所を改善するなど愛情をもってしつけをする方が効果的です。

 

叱った後も大切なのは必ず褒めるということがポイント

過剰に褒めることはよくないですが、猫ちゃんが触られると好きな部分を触ってあげてコミュニケーションをとってあげると猫ちゃんにもストレスがかからないです。

 

また一度叱ったことは必ず毎回叱るようにしてあげましょう。

飼い主さんの気分で叱ったり叱らない時があると猫ちゃんも混乱します。

 

いたずら別適切な対策方法

本題として猫ちゃんがするいたずら別に防ぐしつけ方法をご紹介します。

 

トイレを使わないで別なところで排泄する

子猫の時や病気の猫ちゃんはトイレのしつけが上手くいかないことが時折あります。

いままで何ともなかったのにある日突然トイレが上手くできなくなる猫ちゃんもいるようですね。

これは原因の1つとして飼い主さんの気を引く行動がエスカレートすると起こるのが原因の1つです。

飼い主さんと猫ちゃんとのスキンシップ不足や不在の時間が長い場合に起こる事が多いです。

コミュニケーションを不足で過度に鳴き叫ぶ猫ちゃんもいます。

 

解決方法としては、適度に猫ちゃんとコミュニケーションをはかること

飼い主さんが不在の場合でも遊び道具などがあるとストレスをためにくいです。

 

電気のコードや家具などを噛む

食べ物じゃない電気のコードや家具などを噛んでしまう猫ちゃんがいますが、

単純に歯がかゆかったりしている場合があります。

何か別な原因で噛んだりしている場合は異食症の可能性があるので注意してください。

 

解決方法としては、噛んでいるのを確認した場合、手を叩いて注意をそらす、猫ちゃんの名前を呼ぶなどが有効です。

また噛まれたくない物は猫ちゃんの目につかないところに置くのが一番でしょう。

 

爪とぎをして家具や家を傷つける

爪とぎ自体が猫ちゃんの本能的な行動なので、これを防いでしまうと逆にストレスを感じてしまいます。

爪とぎ自体が縄張りを示していたり、爪の手入れをすることやストレスの発散など猫ちゃん自身が様々な意味を発信しています。

 

猫ちゃんに家具や家を傷つけられたくない場合は、猫ちゃんは基本的に同じ場所で爪とぎをしたがりますのでペットショップやホームセンターでも売っている爪とぎ用段ボールなどを爪とぎする場所に用意してあげましょう。

 

 

猫のしつけ方は飼い主が猫に提案することが大事

猫のしつけの基本的な考え方は、飼い主さんが猫ちゃんにしてほしい事を提案するところから始まります。

猫ちゃんは犬のように飼い主がリーダーである。という懸念がありませんので、

ペットが従うのではなく、お互いが良いものを提案し合うのが大切でしょう。

猫ちゃんと飼い主さんが快適に暮らしていけるようにより良い提案をして、叱ってばかりでなく、猫ちゃんの習性や本能を知って、どうすれば提案に納得してくれるのか

何をしてあげれば安心するのかを飼い主さん側も工夫して考えてあげる必要があります。

このように一貫して猫ちゃんと向き合うことで、人と猫が快適に生活していけるのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はワンちゃんのしつけを学んで
本当の可愛さに気づくことができました。

それまでの僕はしつけについては、
知らない・やらない・興味ないの3ない状態でした。

しつけってなに?
どうやるの?
ってか興味ないし

まさに無関心でした。

けれどワンちゃんが言うことを聞かなくなった事を
きっかけにしつけを学びました。

しつけを学び、しつけをすることの楽しさや、
ワンちゃんにとっての幸せを知ることができました。

そんな僕が学んだしつけの一部を無料でプレゼントしています。

ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。


コメントを残す